2009年12月24日

放水開始! ~許可証をください !6 ~:烏城あきら


放水開始! ~許可証をください !6 ~  (二見シャレード文庫 う)

放水開始! ~許可証をください !6 ~ (二見シャレード文庫 う)

  • 作者: 烏城 あきら
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2009/11/24
  • メディア: 文庫



<あらすじ>
取引先である大東亜有機の要請でISOの取得に乗り出した喜美津化学。実質的な先導役を務める弘はその膨大な作業に追われているが、悩みの種は遅々として進まない製造部の文書作成。ところが当の本人たちは弘の目を盗み、時を同じくして行われる消火競技会の練習に熱中。しかもプライベートでは前原が母・佐知子に弘との関係を明かしたことで、弘と佐知子は口もきけない気まずい状況が続いていて…。次々持ち上がる難題に煮詰まった弘に前原が施した解決方法とは。
製造部組長×品証主任モノ。


お久しぶりの烏城さんの許可証シリーズ。
前回は2007年の1月にISOの感想書いてた。
…そう、久しぶりすぎてすっかりわすれてたんだけど、喜美津化学はまだISO取得できてなかったんだ(笑)
そうか、まだまだ佳境だったのね、ごめん弘…。続きを読む

2008年09月28日

うそつき:烏城あきら



<あらすじ>
あんまり泣かんように、早ぅに慰めに来たってな 輝ちゃん
トラック運転手の輝夫とSAの販売員の誠。忙しい輝夫に会えるのは週にほんの数時間。
それなのに誠はHがうまくできなくて…

夜逃げした両親に置き去りにされ、叔母に育てられた誠。高校を中退し、高速道路のサービスエリアで天津甘栗の
販売員として勤める彼に声をかけてきたのは、若干二十三歳で運送業を営む輝夫だった。
休憩時間のトラックキャビンでの短い逢瀬。輝夫はためらいなく誠を求め、誠は戸惑いながらそれに応えようとす
るが、ある出来事がきっかけで輝夫の態度がよそよそしくなって…。
サービスエリアの常連でバイク便を営む修平とその恋人・克美の物語「ひみつ」と、2カップルの書き下ろし後日談
「わがまま」を収録した三本立て!
トラック運転手×販売員モノ
バイク便屋×グラフィックデザイナーモノ


シャレードはホントに装幀キレイになったなあ・・・。
この作品の表紙の感じはすごく好き♪
しかし、カワイイとばかり思ってた桃月さんのイラストが、きちんとえろくてびっくりした。




続きを読む

2007年01月21日

君にもわかるISO〜許可証をください!5〜:烏城あきら

君にもわかるISO
烏城 あきら著
二見書房 (2006.12)
ISBN : 4576061879
価格 : \600
通常24時間以内に発送します。


<あらすじ>
喜美津化学でも、ISO規格を取得することになり、突然お鉢が回ってきた弘は大忙し。前原はといえば、大卒資格取得のため、スクーリングで東京へ一週間ほど行くことに。
そんな仕事も大忙しの中、前原の父親だという男が突然弘の元を訪れ、前原と別れるようにと告げるのだった。
そして、ISO取得のため弘は走り回るものの、個々の現場からの協力が得られず、いきなり暗礁に乗り上げる。
しかも、そのことで、弘と前原は意見が真っ向から対立してしまい・・・。
製造部組長×品証主任モノ。


働くお兄さんは、好きですか?
ええ、大好物です(笑)
というわけで、「許可証をください!」シリーズ第5巻です。
1〜4ぶっとばして、いきなり5・・・。
いや、だってそれくらい、この巻おもしろかったんですよー。
というわけで、1〜4巻全く読んでない方には、ゴメンナサイな、感想です(笑)



続きを読む

2005年11月21日

発明家に手を出すな:烏城あきら

発明家に手を出すな
烏城 あきら著
徳間書店 (2005.10)
ISBN : 4199003665
価格 : \560
通常2-3日以内に発送します。


※ネタバレしてる気がします。

<あらすじ>
性格が災いし、ガイヤ電器をやめることになってしまった代理士の平井将孝は、成り行きで祖父の「平井特許事務所」で働くことに。
そして受け持ったのが、世紀の大発明家の原田武之。
発明家らしく、かなりの変人の武之に、振り回されっぱなしの将孝は、ある日、申請に必要なデータをもらうために、一つの条件を付けられる。
「キスさせてくれ」
発明家×代理士モノ。


年下攻の呪い、発動中です(笑)
原田〜っ、お前もかー!!
ということで、天才とナントカは紙一重な変人発明家×超短気代理士カップルなんですが、25歳×27歳・・・。
たかが2歳、されど2歳・・・。
一緒に買った本、ぜーんぶ年下攻だったのは、全くの偶然・・・のはずなんですけどね。
でも今となっては、年下攻も好物の一つですから、どうでもいいんですが(笑)

続きを読む