2015年02月07日

こいのうた:高遠琉加

479640287Xこいのうた (ガッシュ文庫)
高遠 琉加 三池 ろむこ
海王社 2012-02-28

by G-Tools

両親が不仲の家に帰りたくなくて、放課後を空き教室で過ごしていた高校生の八尋。ある日、英語教師の狩谷がピアノを弾きながらひそやかに歌っているところに遭遇する。甘くせつない旋律―その歌声は八尋の胸にさざ波をたてた。その日から狩谷と過ごすようになり、朗らかで優しい狩谷の秘めた寂しさを知るうちに惹かれていった八尋。けれど、彼の心は別の男にとらわれていた―。それから7年後、社会人になった八尋は狩谷と再会し…。



確か発売当時、どこかで書かれてる感想を目にして長いこと積むハメになってしまったわけですが、当然読み手が違えば、感じ方も変わってくるものですよねと。
しかし、なんか自分の中で高遠琉加さんブームがまた来そうな感じだな、スイッチ入ったかな?

続きを読む

2015年01月31日

神様も知らない1〜3:高遠琉加

神様も知らない (キャラ文庫)楽園の蛇 神様も知らない2 (キャラ文庫)ラブレター 神様も知らない3 (キャラ文庫)
若い女性モデルが謎の転落死!?捜査に明け暮れていた新人刑事の慧介。忙しい彼が深夜、息抜きに通うのは花屋の青年・司の庭だ。自分を語りたがらず謎めいた雰囲気を纒う司。刑事の身分を隠し二人で過ごす時間は、慧介の密かな愉しみだった。けれどある日、事件と司の意外な接点が明らかに!しかも「もう来ないで下さい」と告げられ!?隠された罪を巡る男達の数奇な運命の物語が始まる。



読むときたまたま2Cellosが流れてたんですが、”Shape of My Heart”が自分の中でこの作品のイメージにぴたっとハマってしまってしょうがなかったという不思議な現象…。
…本読むとき、あんまり音楽かけない方なんですけどね。


続きを読む

2011年06月29日

純情不埒:高遠琉加

高遠 琉加
アスキーメディアワークス
発売日:2011-06-07



<あらすじ>
「ユイジにお願いがあるの。うちの旦那を誘惑してくれない?」上得意客から、年上の歯科医・佐倉を堕としてくれと頼まれたホストの唯司。首尾よく佐倉の自宅に入り込み同居生活を始めるが、不器用で繊細な佐倉に強烈に傾く自分を感じて!?なんでもそつなく器用にこなす、そんな仮面の下に隠れた自分が、本当の恋に揺さぶられて『好きだ』と叫ぶ―たくさん泣いたあとに幸せになれる、ふるえるような感動作登場。


一人称の作品って苦手なはずなんだけど、高遠さん読んでる時は、全くそれが気にならない。


続きを読む

2010年10月30日

世界の果てで待っていて〜嘘とナイフ〜:高遠琉加


世界の果てで待っていて 〜嘘とナイフ〜 (SHYノベルス)

世界の果てで待っていて 〜嘘とナイフ〜 (SHYノベルス)

  • 作者: 高遠 琉加
  • 出版社/メーカー: 大洋図書
  • 発売日: 2010/10/22
  • メディア: 新書



<あらすじ>
「黒澤銃一郎の行確を行う」

渋谷区神泉に調査探偵事務所を構える黒澤銃一郎は、暑い夏の午後、元同僚で渋谷警察署の刑事である櫂谷雪人から呼び出される。
補導されたある少年が、黒澤の名刺を持っている、と。
それが新たな事件の始まりだった・・・!
妹である澪子の死の真相を独り探り続ける黒澤。
そんな黒澤に、雪人は自分の知らない影を見つけ動揺する。
自分はあの男の何を知っていて、何を知らないのか・・・
そんな雪人は、公安の鴉と呼ばれていた鷹取から銃一郎の行確を命じられ!?

「世界の果てで待っていて~天使の傷痕~」に続く第二弾!!


前作が出たのは5年前だったのですね…。
続きが読めて嬉しいです。




未読の方はご注意ください、いろいろ書き散らかしてるので。

続きを読む

2005年11月23日

捨てていってくれ:高遠琉加

捨てていってくれ
高遠 琉加著
ビブロス (2005.11)
ISBN : 4835218167
価格 : \893
この本は現在お取り扱いできません。


※微妙にネタバレしてます。

<あらすじ>
水梨隆之が、先輩に紹介されたバイト先は、エロ小説を扱う出版社。
そこで、美人だが毒舌の冴える編集長の沖屋統に出会ってしまう。
そして台風の夜、二人だけが残された編集部で、隆之は思わず口にしてしまう。
「俺と寝てみませんか」
身体だけの関係になった二人、でも隆之は沖屋の心の奥底に隠された思いを知ってしまう・・・。
バイト×編集長モノ。


前言撤回。
寧ろ好きです、年下ワンコ攻(笑)
ということで、ひとりでひっそり年下攻祭り開催中です。
高遠さんの新刊は、「犬と小説家と妄想癖」の脇役、沖屋サイドのお話でした。
ごめんなさい、あちらの同級生カップルより、こちらの21歳ワンコと28歳毒舌クールビューティの、7歳年の差カップルの方が断然好みでした。
そして、感想が書きにくい作品でした(笑)


続きを読む

2005年09月24日

世界の果てで待っていて 〜天使の傷痕〜:高遠琉加

世界の果てで待っていて
高遠 琉加著
大洋図書 (2005.9)
ISBN : 4813011063
価格 : \903
通常2-3日以内に発送します。


<あらすじ>
元刑事で探偵の黒澤統一郎は、中学生の奏から人捜しの依頼を受ける。
三年前に行方不明となってしまった双子の律を捜して欲しいと。
その頃、黒澤の元相棒で、現在も刑事の櫂谷雪人は、コンビニ強盗事件を追いかけていた。
別々の事件を追うはずの二人だったが、ある目撃者捜しをすることから協力し合うことになる。
ある、過去の出来事を忘れたふりをして。
探偵×刑事モノ。


「好きで好きで好きで」以来すっかりのめり込んでしまった高遠琉加さんの二冊目です。
いつも読ませていただいてるブログの皆様が、こぞってとりあげていらっしゃったので、手を取ることに。
そして、読んでよくわかりました、皆様が高評価だったわけが!
どうしようってくらい、ツボ過ぎなんですけど〜。
表紙もイラストも設定もキャラクターもストーリーもセリフも文章も、めちゃめちゃ好みでした・・・。
ものすごく甘々な作品が読みたい気分、とっても大人のしっとりした恋愛を味わいたい気分、どっちも好きだけど両立しない。
基本的にどっちかひとつの気分にどっぷり浸かる、そんな感じでしょうか・・・。
それで最近ずっと桜木知沙子さんや月村奎さんを読んでいて、そろそろかわいゆみこさんや英田サキさんのような、大人の男が読みたいな〜と、本能が叫んでいたところでした(笑)
いちゃいちゃべたべたらぶらぶなのもいいけど、こんなつかず離れずな関係も、もうたまりません・・・。


続きを読む

2005年09月16日

好きで好きで好きで:高遠琉加


高遠 琉加, 佐々 成美 / ビブロス(2004/01/15)
Amazonランキング:4,263位
Amazonおすすめ度:



<収録>
好きで好きで好きで
ラブソングみたいに

<あらすじ>
23歳でフリーターのような生活を送っていた三浦は、フラワーショップで働くことに。
仕事にも慣れてきた頃、突然店にやってきたのは、高校時代の同級生、堂島だった。
彼に恋い焦がれていた三浦は、卒業前に堂島への思いを告白するものの、断られてしまう。
五年ぶりに再会した堂島は、その店の娘である由布子の恋人だった。
会社員×花屋モノ。


高遠さんの作品、実は苦手なのかも、と思っていたんですが、撤回宣言をしなければなりません。
やはり、一冊でその作家さんのすべてがわかるわけではないなと・・・。
切なくて、痛くて、苦しくて、どうしようもない気持ちになるんですが、すごくよかったです。
・・・うわ、子供の読書感想文みたいなことを書いてしまった(泣)
どうして、本当にいい作品に出会った時ほど、気のきいたことが書けないんでしょうか・・・。


続きを読む