2013年12月07日

眠り王子にキスを:月村奎

4813012817眠り王子にキスを (SHYノベルス313)
月村 奎 木下 けい子
大洋図書 2013-12-02

by G-Tools


もう、一生、恋はしないと決めていたのに・・・
傷ついた心を
優しく癒してくれる
月村奎の物語!!

デリのオーナー兼シェフの堀篤史には、気になるお客がいた。
人懐こい笑顔にスーツがよく似合うサラリーマンと思しき男だ。
週に二回ほどやってくる彼とかわす会話が、最近の密かな楽しみだった。
彼の人懐こい笑みを思い浮かべると胸の奥に小さな火が灯るのだ。
でも、傷ついた過去の経験から、篤史はもう一生恋愛をしないと決めていた。
それなのに、彼──宮村に料理を教えることになって!?
番外編コミックス(木下けい子)『赤ずきんちゃんの誘惑』も特別収録!



最近は月村さんの新刊がいつ出るんだろうとか心配することはないかわりに、小林典雅さんとの仲が気になってしかたがないという…(笑)
いつぞやの典雅さんのエッセーでの盛大な惚気っぷりは、大笑いでした。

続きを読む
posted by 棗 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

恋愛☆コンプレックス:月村奎



<あらすじ>
職場で性癖がバレたことから公務員を辞め、漫画を描いて生活しているゲイの朋樹(ともき)。
ある時、彼の日常に人懐っこい隣人・玲央(れお)が飛び込んできた。
見ている分には格好良い男でも、付き合いたいなどとは朋樹も思っていなかった。
ところが、なぜか玲央から「好きです」と告白されてしまう。
そんな都合の良いことを信じられないあまり、朋樹は暴走し……?

貧乏(?)大学生×ひきこもり漫画家、おとなり同士の逆・年の差ラブ!


月村さんをセンシティブと言ったのは誰ですか。


続きを読む
posted by 棗 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

すき:月村奎



<あらすじ>
小説家の瑛斗(えいと)が恋をしたのは、デビュー時からの担当編集者・井上。
仕事だから優しくしてくれるとわかっている相手に間違って告白して以来、瑛斗はいたたまれない毎日を送っていた。
そんなある時、井上が小さな娘を一人で育てていると知る。
相手のプライベートに踏み込む気まずさを覚えつつも、可愛い少女との交流に心和ませる瑛斗。
そして井上への思いをもますます募らせてゆくうちに……?


あとがきに偽りなし(笑)
続きを読む
posted by 棗 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

恋を知る:月村奎

恋を知る (ディアプラス文庫) [文庫] / 月村 奎 (著); 金 ひかる (イラスト); 新書館 (刊)

<あらすじ>
背が高くて、顔と頭が良くて、謙虚で優しい王子様キャラ。
そんなふうにいわれる海(かい)は、担任の榛名(はるな)に片思いをしている。
頬に触れられたり、煙草の残り香をかぐたびに、まるで乙女のように海の胸はざわついた。
もちろんそれは秘めた感情で、告白なんて一生するつもりもなかった。
だが、ふとしたことからその想いを榛名自身に知られてしまって……?

恋する気持ちをいっぱい詰め込んだミリオン・キス・ストーリーズ!



ちょっと珍しい短篇集でした。
そして実に古式ゆかしいキヨラカなおはなしでした(笑)


続きを読む
posted by 棗 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

レジーデージー:月村奎


レジーデージー (新書館ディアプラス文庫 233)

レジーデージー (新書館ディアプラス文庫 233)

  • 作者: 月村 奎
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2010/01/09
  • メディア: 文庫




<あらすじ>
ミステリ作家ユニットの片割れ・大須賀一夜は、仕事相手と彼女に裏切られ、ヤケを起こして田舎町に越してきた。その町で出会ったのは、イケメン俳優・川嶋大志。一夜はなぜかその人気者に懐かれ、いろいろと構われるようになる。そんなある朝、大志は一夜の目の前で、彼のアイドル時代の相棒にキスをした。そして数日後の夜、大志は一夜にもキスしてきて……? 人気作、オリジナルコンビで復活!! 書き下ろしアリ


月村さんの名作がまた復活!
久々に読んで思ったことはただ一つ。
こんなにエロかったっけ?!( ̄□ ̄;)
伝説のしりとりラブ(笑)

※微妙にネタバレです。


続きを読む
posted by 棗 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

秋霖高校第二寮リターンズ (2):月村奎



<あらすじ>
「聡のことが死ぬほど好きなんだ」と、波多野は安藤の告白を断った。でも日常は変わらず、うっかり立ち聞きした台詞は聡の空耳だったとしか思えない。だから波多野の卒業まで、日々がこんなふうに続くはず、と考えていたのだ。そこへ聡の両親が帰国するというニュースが!聡は今すぐ寮を出ることになってしまうのか、そして波多野との恋(?)の行方は…?ワンダフル・スクールライフ、嬉し恥ずかし初合体。
高校生作家×高校生モノ。

前作『秋霖高校第二寮 リターンズ1』の感想はコチラ


”プロポーズ(多分)、初夜(!)、新婚旅行(?)を詰め込んで、大人気シリーズ、ラブ度MAX(現時点)の最新巻をお届け♡”
と、帯にあったし、あらすじに初合体の文字がありましたけど、それでも私は信じてなかった・・・。




続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

Spring has come!:月村奎




<あらすじ>
高三にして一家の家事全般を請け負っている大輔は、家族のことを考えると東京へは行けないと地元の大学の推薦をもらったものの、もっと別の人生を選べたはずなのにという鬱屈を溜めていた。ところが駅前の商店街で小さな惣菜屋を営む耕平と出会ったことから…!?表題作のほか、耕平の店でバイトを始めた大輔のその後を描いた書き下ろし「春の嵐」を収録。曇りのち晴れ、恋の季節のTeenage Precious Story。



読んだのは随分前です。
イロイロ思うことがあり過ぎて、感想になりませんでした。
ということで、本の感想ではないです。


続きを読む
タグ:BL 月村奎 小説
posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

秋霖高校第二寮 リターンズ1:月村奎



<あらすじ>
聡が秋霖高校&第二寮に入って一年が経った。再び巡ってきた希望の春、新学期―。波多野との関係にさしたる変化もないが、それに問題はないはずだった。ところが、第二寮に新たな住人が入寮。彼女は小説家・波多野の大ファンで、そのうえ寮内のおさんどん等々も楽しげにこなしてしまう。使い走りに恋人(?)の座。聡のポジションは奪われてしまうのか…!?ワンダフル・スクールライフ、嬉し恥ずかし大復活。
高校生作家×高校生モノ。

年越し本にすべく大事にとっておいたのに、五條さん読んでたら、うっかりそのまま年越してしまいました(笑)
なので、新年一発目の本です。
大人気シリーズ、ラブ度UP(当作品比)で復活!!
の帯に偽りナシ!
・・・でも、あくまでもラブです、エロじゃないよ(笑)


続きを読む
タグ:小説 月村奎 BL
posted by 棗 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

エンドレス・ゲーム:月村奎



<あらすじ>
十四歳のとき母を亡くした誓史は、弁護士の佐伯に引き取られ、一緒に暮らしている。優しい佐伯は、誓史の母が亡くなる間隙、籍を入れるだけの結婚をして、行き場を失った誓史を迎えてくれたのだ。以来、誓史は佐伯への想いを隠して、偽りに満ちた家族ごっこを四年間続けてきたが、それはあるきっかけから綻びを見せ…!?表題作を含む三篇に、新たに書き下ろし二篇を加えた月村奎の人気作。
弁護士×高校生モノ。


GWも終わりましたね(泣)みなさまいかがお過ごしでしょうか・・・。
明日からのことを思うと、憂鬱で憂鬱で、すでに五月病発症(笑)
せっかくの連休なのに、あまり積読の山を崩すことができず、どちらかといえば、再読が多かった気がします。
そのなかでも、特にこの月村奎さんの「エンドレス・ゲーム」は、よかったです〜。
やっぱり、月村さん、好きだー。
そして、自分が、いかにオトナ×コドモモノが好きか、思い知らされました(笑)
腐女子に舞い戻って、最初の頃に読んだんですよ、この本。
・・・うーん、気がつかないうちに、DNAに組み込まれてますね。


続きを読む
posted by 棗 at 21:16| Comment(4) | TrackBack(1) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

Release:月村奎



<あらすじ>
一流大学を卒業し、一流企業に入ったものの、慣れない営業で大失態をおかし、都落ちするハメになった安西啓介。
そんな彼を誘ったのが、喫茶店を経営する中学時代の同級生、奥村律。
彼は、安西が極度の接触嫌悪症になってしまった事件を知る、唯一の人物でもあった・・・。
喫茶店オーナー×元営業モノ。


祝「WISH」復活。
そして、是非とも、他の作品も新装版でよろしくお願いします、新書館様。
ということで、好きだ好きだと騒ぎつつも、感想書いてなかった、月村さんの初期の名作「Release」。
今回、Releaseの単語の意味、あらためて調べたんですが(お、遅い・・・)ですが、解放するとかいう意味なんですね。
まさに、過去の呪縛からの解放。



続きを読む
posted by 棗 at 22:38| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

秋霖高校第二寮 (3):月村奎




<あらすじ>
秋霖高校も文化祭シーズンで、聡はクラスの出し物に、料理の出し物の手伝い、ととにかく忙しい。
だからと言って、寮のおさんどん係が楽になるわけでもなく、帝のパシリもいつも通り。
そんな帝との関係をぐるぐるなやんでいたところ、年上の女性からの電話に急いで出かけ、あげくの果てにシャンプーの香りをただよわせて帰ってきた帝。
ますますロレックスやキスの意味がわからなくなってきたところへ、兄の晃が、小さな子供をつれて秋霖高校第二寮へとやってきた・・・。
カリスマ美形高校生作家×おさんどん高校生モノ。

前にも一、二巻の感想を書いた時(コチラ)、散々言いましたが、やっぱり私は帝が好きじゃないです、ええ・・・。



続きを読む
posted by 棗 at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

家賃:月村奎



※ネタバレしてます。

<あらすじ>
中学教師の里谷遼の元に突然転がり込んできたのは、元教え子にして人気アイドルの望月和哉。
芸能界で問題を起こし、事務所も追われ親にも見放された和哉は、「家賃ならカラダで払う」と言い切り、担任でもなく、特に授業を受け持ったこともない遼の家でのイソウロウを決め込む。
そのくせ、生活態度はめちゃくちゃで、遼のペースは乱されっぱなし。
そんな、和哉を遼は追い出せずにいた。
それには、和哉が在学中にある一つの事件があったからだった・・・。
中学教師×元アイドルの元教え子モノ。


あけましておめでとうございます。
新年一発目は、2005年から2006年をまたぐかたちで読んだ「家賃」です。
・・・おかげで、除夜の鐘にも気がつかず、煩悩の繰り越しです(笑)
そんなことより月村さんの新刊ですが、一年と数か月ぶり?ですね・・・実に永かった(笑)
ひょっとして、小説家をおやめになったのかなと秘かに思ってたんですが(本気)、BL雑誌でエッセイ書かれてたようだったので、そういうわけでもないんだな、じゃあなぜ?みたいな(笑)
新刊が出れば、そんなことどうでもいいんですが。
でも、それだけ待った甲斐もあったなという、月村節炸裂のかわいいお話でした。


続きを読む
posted by 棗 at 21:55| Comment(4) | TrackBack(1) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

きみの処方箋:月村奎



<あらすじ>
父を知らずに育った智朗は、たった一人の家族だった母を亡くして伯父の家に引き取られた。けれど頑固な伯父とは衝突してばかりのうえ、従兄の克巳からは屈託もなく言い寄られ、智朗は早くこの家を出て独り立ちしたいと思っていた。ところが、心臓の病にも負けずに明るく見えた克巳には、実は智朗が思いもよらぬような秘密があり…。きみを守りたい、そして癒したい―あの名作が、書き下ろし短篇とともに甦る。
高校生×高校生モノ。

もともと白泉社の花丸文庫から1997年に出版されていたものを、書き下ろしを加えて、新書館ディアプラス文庫から復刊。
たしか花丸版を発売当時読んでたんですけど・・・なんか記憶とずいぶん違う気が。
こんな子でてきたかな〜?とか、えっちしなかったんだっけな〜?(笑)とか、そんなことばかり考えてて、懐かしさに浸るというより、自分の記憶力との戦いのような読書でした(笑)
克巳が、心臓が悪いのに、元気な子っていうのは覚えてたんですが、それ以外のことがもう全然覚えてなくて、妙に新鮮で・・・。
これは、花丸版をもう一度読むしかないな!と。(こういうことするから、本棚が大変なことに・・・)



続きを読む
posted by 棗 at 21:11| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

アプローチ:月村奎


アプローチ (キャラ文庫)

アプローチ (キャラ文庫)

  • 作者: 月村 奎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 文庫




<あらすじ>
寮のある男子高に転校した智里は、重度の接触嫌悪症で、人間不信。
転校前の学校で起こった、ある事件が原因だった。
そんな智里に、寮長の廉はやたらと構ってくれるものの、どうしても素直に信用する事も出来なくて、反抗気味。
徐々に廉にも、寮生活にも慣れてきたころ、思い出したくなかった事件が、再び顔を出す・・・。
寮長×寮生モノ。


初めて読んだ月村奎さんの作品は「Release」でした。
だからなのか、月村さん=トラウマ系という思いがあって、この「アプローチ」を読んだ時には、これだー私の求めていた月村さんはこれだーと、叫びそうに(笑)







続きを読む
posted by 棗 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

おとなり:月村奎




<あらすじ>
老舗の和菓子屋の次男・久保田博紀は優等生で、近所でも評判の孝行息子と呼ばれている。一方、父は会計事務所、母は洋菓子店を営む芳野家の次男・哲はいわゆる、おバカな高校生。
大昔の因縁をひきずって、犬猿の仲の久保田家と芳野家のオヤジどもを尻目に、おとなりどうしで幼なじみで同級生の二人は、こっそりと友達を続けていたが、最近は友情と呼ぶには、なんだか親密過ぎるようで・・・。(千里同風)
久保田家の長男・多紀は、控えめ過ぎるほど控えめな性格の経済学部の大学生。一方の芳野家の長男・力は、信じられないほどの王様っぷりを発揮しながらも、哲の学校の教師をしていた。
仲の良かったはずの昔、多紀と力の関係にひびが入ったのは、三年前ののある事件だった。(Every Jack has his Jill)
優等生×問題児
高校教師×大学生モノ。


月村さんの作品を、無理やり二種類に分けるとすれば、トラウマだらけの受と寛容な心の攻との癒しの物語と、トラウマのかけらもないコメディかなと思うんですが、この作品は間違いなく後者。
最近、ちょっと重めのばっかり読んでたので、こんなさわやか三組な(笑)お話、心が軽くなりました・・・。
キスだけで終るBLも、たまにはいいんじゃないかと。
太古の昔に存在した、清らかな交際をくりひろげる博紀と哲ですけど、いまやこんな高校生、絶滅してますね。
BL界でも、ほとんど見かけないかもしれない・・・。(笑)






続きを読む
posted by 棗 at 20:53| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

秋霖高校第二寮1〜2:月村奎



<収録>
【1】
秋霖高校第二寮
The phantom of the dormitory
夜明けまであと少し
【2】
犬も食わない。
酢豚にパイン
君が望むなら

<あらすじ>
聡にとって初めての寮生活はピカピカの希望に満ちていた。が、連れて行かれたのはボロボロの一軒家、先住者は双子の美人姉弟、ヤクザな教師、そしてカリスマ美形高校生作家波多野。入寮早々、乱暴粗暴横暴の三拍子揃った波多野に使い走りにされ、言いたい放題に言われて、聡は腹が立ったり落ち込んだりするものの、なんだか彼が気になって仕方なくて…!?ブランニュー・スクールライフのはじまりはじまり~。
カリスマ美形高校生作家×おさんどん高校生モノ。


帝の名前は、「みかど」ではありません、「すぐる」です。
でも、性格は「みかど」なのです・・・。


続きを読む
posted by 棗 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

エッグスタンド:月村奎


エッグスタンド (ディアプラス文庫)

エッグスタンド (ディアプラス文庫)

  • 作者: 月村 奎
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2004/02/07
  • メディア: 文庫





<収録>
「エッグスタンド」
「愛が二人を分かつまで」
「真珠のかけら」
「チョコレート日和」

<あらすじ>
歯科医の森住宏一は、複雑な過去ゆえに人とのかかわりを避けている。そんな宏一のマンションの隣の部屋に、男子高校生、仲居透が越してくる。
ゴキブリの苦手な透は、ゴキブリが出るたびに宏一を呼び出し退治してもらう日々。
そんな天真爛漫な透に振り回されっぱなしの宏一だったが、ある日透が抱える悩みに触れ、何かが少しづつ変わり始めていくのだった・・・。
26歳歯科医×男子高校生モノ。


ドクター、それは犯罪よ・・・。(笑)

表紙の次の、二宮悦巳さんのカラーイラストを見て、ドクター森住にヤラれてしまいました。
いいよな〜、歯科医、エロいよな〜、歯科医。
もともと白泉社版を持っていたけれど、引っ越しで手放していたので、今回ディアプラス版を購入。
書き下ろしの「チョコレート日和」もさることながら、やはりあのイラスト、ど〜よ。
個人的には、「Release」も再販してくれないかなと思ってますけど、どうでしょう新書館さん?




続きを読む
posted by 棗 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする