2009年01月21日

厄介な連中1〜4:柏枝真郷


雨かもしれない (角川ルビー文庫―厄介な連中)

雨かもしれない (角川ルビー文庫―厄介な連中)

  • 作者: 柏枝 真郷
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: 文庫




イミテーション・サマー―厄介な連中〈2〉 (角川ルビー文庫)

イミテーション・サマー―厄介な連中〈2〉 (角川ルビー文庫)

  • 作者: 柏枝 真郷
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1996/05
  • メディア: 文庫




時計仕掛けのオリーブ―厄介な連中〈3〉 (角川ルビー文庫)

時計仕掛けのオリーブ―厄介な連中〈3〉 (角川ルビー文庫)

  • 作者: 柏枝 真郷
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1996/11
  • メディア: 文庫




温泉神社で逢いましょう―厄介な連中〈4〉 (角川文庫―角川ルビー文庫)

温泉神社で逢いましょう―厄介な連中〈4〉 (角川文庫―角川ルビー文庫)

  • 作者: 柏枝 真郷
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: 文庫





<あらすじ>
自殺志願の美青年・宮城篤史。異色な作風で知られる超マイナーミステリー作家・遠野遼一郎に時にはサディスティックにもてあそばれながらも、遼一郎の館に居候し続けていた。…そんなある日、遼一郎の友人・伊藤が殺人事件の参考人として警察に連行されてしまう。しかもそれは死体の存在しない殺人だった。篤史と遼一郎の「厄介な連中」が次々ぶつかる奇妙な事件。
ミステリー作家×自殺志願者モノ


この間感想を書いた「ホーリー・アップル」に出てきた、あの人が主人公のお話です。
こちらは1995年12月発売。
随分時間は流れてますが、今読んでもとてもおもしろいです!
絶版なのが惜しいですよ。続きを読む
ラベル:BL 柏枝真郷 小説
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>柏枝真郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ホーリー・アップル 穴だらけの林檎:柏枝真郷



<あらすじ>
「でも……愛してるよ……」去ってしまった恋人に未練たらたらの気弱な巡査ハリー、31歳。そして、彼が住む80年代のニューヨークは、治安も景気もなかなかよくならない""穴だらけの林檎""だ。ハリーは街と同じように、仕事も恋愛も負け組、だけどかっこいい男が好き。そんなハリーの前に颯爽と現れた刑事ドイル。二人は偶然同じアパートに住み、ともに事件に挑むことになるが……。
刑事×巡査モノ。


久々に柏枝真郷さんのパープルレーベル♪
ということで、あらすじもろくに確認もせずぽちったんですが、読みはじめて、”ハリー・ローゼンランド”の名前になんか見覚えが・・・。
ああ!「イレギュラー・クリスマス―厄介な連中(5)」の人だ!
以前厄介な連中シリーズは揃えてたんですが、腐女子卒業とともに手放し、ここ最近でまたBOOKOFFで発見して買い直してしまいました(笑)
その時は懐かしさだけで買ってしまったんですが、今思えば、その時の自分GJ!
でも、積んでる(笑)

続きを読む
ラベル:BL 柏枝真郷 小説
posted by 棗 at 12:00| Comment(3) | TrackBack(1) | BL(小説)>柏枝真郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

硝子の街にて1〜22:柏枝真郷

B00G1ZUG66窓−WINDOW− 硝子の街にて(1) (講談社X文庫)
柏枝真郷 茶屋町勝呂
講談社 1996-04-05

by G-Tools

<あらすじ>
20歳の誕生日に、日本国籍を捨て、少年時代を過ごしたアメリカへと戻ってきたノブ。
ひさしぶりのシドニーとの再会に、緊張しながらも、彼のいるニューヨークのボロアパートへと向かう。
少年時代の面影を残しつつも、立派な刑事へと成長していたシドニーが、廊下でキスをしていたのは、金髪のキレイなロッドという男だった。
それからも友人関係を続ける二人の前に、不可解な事件が次々と起こるのだった。
刑事×旅行会社社員モノ。


完結したあかつきには感想書くぞと思っていたシリーズです。
この作品も、例の如く、一度腐女子を卒業した際、手放したんですが、やっぱり舞い戻ってから買い直しました。
なぜなら、風の噂にシドニーとノブがとうとういたしたと、小耳に挟んだもので(笑)
腐女子なんて、そんなものです。


続きを読む
posted by 棗 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>柏枝真郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

誰かが誰かを愛してる:柏枝真郷

柏枝 真郷 / 角川書店(1997/07)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
曽我部電気の子会社に勤める岡崎祐司は遅刻の常習犯、おかげで「第三課」から窓際部署の「整理課」に飛ばされてしまう。
第三課には、同期入社で、片思いの相手の吉家邦夫の存在があった。
なんとかこんな変人の集まりのような整理課から脱出して第三課に戻ろうと、仕事に打ち込もうとするものの、元・エリートの板倉に振り回されてばかり。
そして、他人の夢を見るようになった祐司は、ますます遅刻が増えるばかり。
そんな折り、整理課のメンバーが全員解雇されるという噂が流れる・・・。
会社員×会社員モノ。


柏枝真郷さんの作品なのに、事件が起きてない・・・。
いや、そんなことはどうでもいいんですけど、なんだかちょっと意外でびっくりでした。
確かに事件というのは、人が死んだり傷つけられたりというのだけではないですから、恋愛というのも、結構な事件であるわけですし。







続きを読む
posted by 棗 at 21:12| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>柏枝真郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

晴れ、のち雷1〜3:柏枝真郷


柏枝 真郷 / 角川書店(1999/05)
Amazonランキング:1,432,310位
Amazonおすすめ度:



柏枝 真郷 / 角川書店(1999/10)
Amazonランキング:1,432,311位
Amazonおすすめ度:


柏枝 真郷 / 角川書店(2000/03)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
勤めていた銀行が倒産し、失業者となってしまった長谷川文彦は、再就職先を見つけるべく出向いたハローワークで、知った顔に出合う。
それが、勤めていた銀行をリストラされ、同じく失業者となってしまった阿部陽平。
その昔、文彦は高校の同級生だった陽平のある場面を目撃したことがあった。
同じ境遇の二人が、再就職活動を始めると、なぜか次々と事件が起こり、二人の仲もなんだかアヤしくなってきて・・・。
元銀行員×元銀行員モノ。


わが家の本棚で、一番BLですと自己主張激しい本はこのシリーズ、角川ルビー文庫のような気が。
あの背表紙って、言い訳のしようがない気がします・・・。(笑)
ただ、柏枝真郷さんの作品ということだけあって、ただのBLではありません。
「硝子の街にて」シリーズのように、誰かが命を落とすような殺人事件は起こりませんが、さまざまな難事件が起こり、再就職活動そっちのけで、ふたりは首を突っ込んでいます。
まさに、『ミステリ+BL=萌え』の公式が成り立ちますね、これは。(笑)



続きを読む
posted by 棗 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>柏枝真郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする