2006年11月01日

エス 残光:英田サキ

4813011381エス 残光 (SHYノベルス170)
英田 サキ 奈良 千春
大洋図書 2006-10-27

by G-Tools


<あらすじ>
警視庁組織犯罪対策第五課、通称「組対五課」の刑事、椎葉昌紀は、エスと呼ばれるスパイを情報提供者として工作し、拳銃の密売情報を得ている。
ある日、椎葉のエスである宗近が、何者かに撃たれ、病院へと運ばれる。
たったひとりのエスであり、それ以上の存在である宗近を守るため、椎葉はある決意の元、五堂の元へ。
椎葉、宗近、五堂、東明、そして紀里の様々な思いと過去が交錯する・・・。
ヤクザ×刑事モノ。


私は声を大にして言いたい。
やっぱり、エスが好き。
そんなわけで、最終巻の感想は、長くなってしまいました(笑)
いつも以上にネタバレも盛大にしてます。
未読の方ご注意ください。


続きを読む(ネタバレ)
posted by 棗 at 18:09| Comment(6) | TrackBack(3) | BL(小説)>英田サキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

エス 裂罅:英田サキ

4813011209エス 裂罅(れっか) (SHYノベルス)
英田 サキ 奈良 千春
大洋図書 2006-02-25

by G-Tools


※いつもしてるんですが、一応書いておきます。微妙にネタバレしてます。

<あらすじ>
警視庁組織犯罪対策第五課、通称「組対五課」の刑事、椎葉昌紀は、エスと呼ばれるスパイを情報提供者として工作し、拳銃の密売情報を得ている。
エスである宗近に、エス以上を感情を持ちはじめたことに気付きながらも、刑事というポジションを変えないことを決めた椎葉。
ある日、密造拳銃を追っていた椎葉の前に、クロという男が現れ、情報を流すと言うが・・・。
ヤクザ×刑事モノ。

エス祭りの余韻にめったくそになってます(笑)
そして、この裂罅の感想、書いてなかったことを思い出しました・・・。
確か、これ発売当時読んで、案の定抜け殻になってたよ、私(笑)
そんなわけで、今更ながら、感想を。
しかも、プライベートで久々にもうめっちゃくちゃにきたなーということがあって、そんな精神状態で、一日エス祭りなんぞ執り行ってしまったばっかりに、もうちょっとで皮膚科に駆け込みそうに(笑)
でも、具合悪かったのであきらめました、ピアスの夢、破れる・・・。
いや、そんなことどうでもいいんですよ、今大事なのはエスですよ、エス!!
最終巻、残光を読むために、あらためて読み直したんですが・・・もう、宗近、ラヴ♪


続きを読む
posted by 棗 at 17:46| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>英田サキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

DEADLOCK:英田サキ



<あらすじ>
同僚殺しの冤罪で、刑務所に送られた元・DEA(司法省麻薬取締局)の捜査官、ユウト・レニックス。
彼がこの、アメリカ一とも言われる重警備刑務所から出られる方法は、ただひとつ。
監獄内に潜伏中という、テロリストの正体を暴きだすこと。
必死の思いで潜入したシェルガー刑務所で待ち受けていたのは、端正な容貌とは裏腹な、無愛想な同室のディック。
そんな中、ある事件がユウトを襲う・・・。
囚人×囚人モノ。


読み終わって最初に思ったのは、「英田さん、刑務所モノ書きたかったんだな・・・。」(笑)
それくらい、檻の中の懲りない面々の様子がわりと枚数を割いてきちんと描かれてて、正直、これBLなのか?と途中疑問をもつくらいで。
そのかわりと言ってはなんですが、恋愛面が動き出したら、途端に怒濤の展開で(笑)
でも、続編が出るということなで、それはそれで納得しましたが。
・・・刑務所萌え、新発見でした(笑)



続きを読む
posted by 棗 at 20:10| Comment(6) | TrackBack(0) | BL(小説)>英田サキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

ひと目会ったら恋に花:英田サキ



<あらすじ>
「桂花荘」、またの名をイケメン荘という、美形だけど一風変わった住人たちの住む下宿に飛び込んできたのは幸村匡樹。
一流商社に勤めていたけれど、取引先とのトラブルで左遷され、あげくの果てに火事で住む場所をなくしたという、不幸の塊。
そんな下宿での生活を、一時的なものだからととらえていたものの、歓迎会の後に、訳ありラーメン屋の中馬一成に、濃厚なキスをされてからというもの、生活は一変するのだった。
ラーメン屋×レストラン店長モノ。


エス以外の英田さんの作品です(この区別の仕方ってどうよ/笑)
発売当時、散々悩んで見送って、やっぱり最近入手して、でも積読・・・。
で、読み終わって、いつものごとく、「もっと早く読んでいれば・・・」とうめきそうに(笑)
学習能力ってモノがないんでしょうか。
何が良かったって、ツボ押しまくりのその設定。
下宿モノで、訳ありな過去を持つ男たち。しかも年下攻め・・・。
萌えないわけがない!いや萌えたさ(笑)



続きを読む
posted by 棗 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>英田サキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

バカな犬ほど可愛くて:英田サキ



<あらすじ>
小説家の成瀬聡がずっと片思いしているのは、後輩の刈谷志朗。
男との恋愛経験豊富の豊富な成瀬と違い、ノンケの刈谷は恋愛ごとには全く持って疎いという見た目を裏切るダメ男。
ある日、そんな刈谷に好きな男ができる。
刈谷への思いを押さえながらも、その恋愛を応援しようとする成瀬。
だが、刈谷は男同士のえっちがうまくなりたいと、練習台になってくれと頭を下げられてしまい・・・。
後輩×先輩モノ。


最近は「君こそ絶対の法則」「ミステイク」「映画館で逢いましょう2」がめっきりヘビロテ(使い方間違ってる気がする/笑)でしたが、それにもう一冊、増えました。
ということで、待望の英田さんの新刊は、年下攻ヘタレワンコ
しかも、そのヘタレっぷりが、筋金入りというかなんというか、まさにヘタレの中のヘタレ
でも、駄犬とよぶには、可愛過ぎて。
・・・エスの最終巻も、すっごい楽しみなんですけど、こんなかわいいワンコが読めるんだったら、全然OK〜♪



続きを読む
posted by 棗 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>英田サキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

さよならを言う気はない:英田サキ



<あらすじ>
警察を辞め、『陣内探偵事務所』でひとり探偵業にいそしむ男、陣内拓朗。
そんな彼の元に、ろくでもない依頼を持って現れるのは、凶暴にして美貌のヤクザ、天海泰雅。
陣内にとって、天海は疫病神のような存在でしかないのに、なぜか依頼を断れない。
そして今日も、厄介事を抱えて、天海は陣内の元を訪れる。
探偵×ヤクザモノ。


英田さんの、新刊です。
警察を辞めた探偵と、アタマにヤのつく自由業のカップルって、前にも読んだことはあるような気が、と思ったんですけど「夜が蘇る」の彼らとは、逆ですよね、受・攻。
それにしても、私の中で英田さん=エスのイメージが強くって、あんな雰囲気の作品だと思い込んで読みはじめて、あれ?みたいな・・・(笑)
でも、こういうのも嫌いじゃないんですけど。



続きを読む
posted by 棗 at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | BL(小説)>英田サキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

エス 咬痕:英田サキ

4813011012エス 咬痕 (SHYノベルス 133)
英田 サキ 奈良 千春
大洋図書 2005-05-28

by G-Tools

<あらすじ>
警視庁組織犯罪対策第五課、通称「組対五課」の刑事、椎葉昌紀は、エスと呼ばれるスパイを情報提供者として工作し、拳銃の密売情報を得ている。
新しいエスの宗近から、椎葉は自分の体を餌に情報を集めていた。
ある日、同僚刑事の永倉の援護をするという新しい命令が下った。
ヤクザ×刑事モノ。


※いつもしてるんですが、一応書いておきます。微妙にネタバレしてます。

買ってすぐの読めなくて、一週間くらい寝かせてから読みましたが、読んだあと数日は魂持っていかれてしまいました・・・。
前作より、断然今回の方が好みでした。
どうしようってくらい、使い物にならなかった数日間・・・。
感想書くなんて、しばらくムリかもーと思ってたんですが、まあそろそろいいかなと(笑)
でも、この作品、感想書くのが難しいんですよね・・・。




続きを読む
posted by 棗 at 14:21| Comment(2) | TrackBack(3) | BL(小説)>英田サキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

エス:英田サキ

4813010431エス (SHYノベルス)
英田 サキ 奈良 千春
大洋図書 2005-02-10

by G-Tools

<あらすじ>
警視庁組織犯罪対策第五課、通称「組対五課」の刑事、椎葉昌紀は、エスと呼ばれるスパイを情報提供者として工作し、拳銃の密売情報を得ている。
椎葉のエスは、新宿の暴力団に籍を置く安東という男だった。
ある日、椎葉に「安東に気をつけろ」という謎の電話がかかってくる・・・。
ヤクザ×刑事モノ。


実は、買ったその日に読んだんですが、何をどうやって書いていいのかわかんなくて、しばらく置いてみましたが、なんだか全然まとまらないです。(笑)
すごくよくて、言いたい事がたくさんありすぎて、どこから語ればいいものか・・・。
ヘタに感想書くより「読んで!!」とだけ言った方がいいんじゃないかとも思ったんですが、がんばってみることに(笑)

英田さんの作品は、初なんですが、この本を手に取るまでには結構な時間がかかってしまいました。
他所サマのブログで、それはもうたくさん取り上げられてて、ほぼ高評価。
設定も、聞けば聞くほどツボな気がしてくるし、しかも、表紙のイラストが超好み。
なにを悩むって感じなんですが、わりと選好みが激しいほうで、絶賛されてたある有名BL本読んだ時全く好みじゃなかった事があったりしたので、新しい作家さんに手を出すのをわりと、躊躇するほうなのです。
で、どうしたかと言えば、BL作家さんって大抵ご自分のHPに小説載せておられるようなので、ご本人のHPに行ってみるという手段にでてみました。
それで、結局、迷うことなく買ったんですけど、なんであんなに悩んだんだって、後悔しました(笑)

それにしても、表紙は、ネットの小さな画面では全く気付かなかったんですけど、・・・椎葉くんかなりセクシー?
そんでもって、開いてすぐのイラストが・・・すごいよとは聞いてたけど、ここまですごいとは(笑)
そして、イラストが目に入るたび、のけぞった私・・・。
林の例のシーンが文章だけでよかったよかった(笑)



続きを読む
posted by 棗 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(2) | BL(小説)>英田サキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする