2015年02月14日

恋襲ね:小林典雅

459285103X恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)
小林 典雅 円陣 闇丸
白泉社 2013-04-19

by G-Tools

友である麻谷冬野を想いながらも、殿の寵童となることを余儀なくされた叶鮎之介。殿の側用人高辻直方に閨房術を指南され、決死の思いで殿の閨に侍るが、内実、寵童とは名ばかりのただの淫具にすぎなかった。そこへさらなる悲劇が襲いかかり、懸命に耐え忍んでいた鮎之介の心が折れかける。とその時、直方が思いもかけぬ告白をしてきて…。お道具調教、擬似プレイ、攻一人×受二人の3P(百合プレイつき)、正統派H、お仕置きソフトSM、攻二人×受一人の本命3P(二輪挿し)―。小林作品他に類を見ない官能度。男たちの純粋で糜爛な恋。


小林作品他に類を見ない官能度。
小林作品他に類を見ない官能度。
(大事なことなので、二度言いました)


続きを読む
posted by 棗 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

藍苺畑でつかまえて:小林典雅

4403523269藍苺(ランメイ)畑でつかまえて (ディアプラス文庫)
小林 典雅 夏目 イサク
新書館 2013-06-08

by G-Tools

『綾織村に中国からお嫁さんを迎えよう』村を挙げての婚活プロジェクトに渋々参加することになった信。とはいえまだ25歳、結婚する気はない。一方、姉代わりの友人の付き添いで、プチ女装で渋々参加した夏雨(23歳・男)。もちろん結婚する気はない。そんな二人は、顔合わせ初日から言葉も通じないのに大喧嘩。だがなぜか、夏雨がホームステイ先に信の家を選び…!?藍苺香る農村で育む、摘みたてラブ。



小林典雅史上最高に可愛い話だった!

続きを読む
posted by 棗 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

執事と画学生、ときどき令嬢:小林典雅


<あらすじ>
素顔は明朗快活、そして若干粗忽な画学生。
けれど駆け落ちして失踪中の男爵令嬢と瓜二つだったことから、
女装して身代わりを務める羽目になった来智(らいち)。
一週間後に控えた夏見侯爵とのお見合いまでに立派な令嬢になりきるべく、
執事の竹之内の鬼のしごきに日々耐えるうち、厳しい中にふいに見せる彼の優しさが気になり始め……?

没落侯爵・音彦と箱入り御曹司・湊(みなと)の恋も収録。





BL的王道設定なのに、そこはやはり小林典雅だった。

続きを読む
posted by 棗 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

たとえばこんな恋のはじまり:小林典雅



<あらすじ>
恋人には振られ、仕事では顧客にからまれ、何もかもうまくいかず落ち込んでいた汐夜は、柄にもなく夜のバッティングセンターで酔い潰れ、セミナー講師の海藤に介抱される。ものすごく迷惑をかけたはずなのにものすごく優しくしてくれる彼の言葉が奇妙に心地よく、頻繁にプチ癒し会と称して集まる仲になるけれど…。


たとえディアプラス文庫であっても、小林典雅さんは小林典雅さんでした。(←褒め言葉)

続きを読む
posted by 棗 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

恋する遺伝子ー嘘と誤解は恋のせい2:小林典雅

4592876393恋する遺伝子―嘘と誤解は恋のせい (白泉社花丸文庫)
小林 典雅 小椋 ムク
白泉社 2010-09-17

by G-Tools


<あらすじ>
高額謝礼の一万円につられ、精子を提供しに向かったザザ・バース・ラボラトリー。そこで尊敬する人気劇作家(故人)の受精卵が廃棄される危機に出くわした騎一は、男前に「俺が産む」と名乗り出て!?



何度でも言おう。
私は、小林典雅が好きだ!(`・ω・´)


続きを読む
posted by 棗 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…:小林典雅


なぜあの方に恋したのかと聞かれたら… (白泉社花丸文庫)

なぜあの方に恋したのかと聞かれたら… (白泉社花丸文庫)

  • 作者: 小林 典雅
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 文庫



<あらすじ>
むかしむかしあるところに…てか、ぶっちゃけ中世後期の欧州のとある王国の片田舎に、純真で敬虔な領主の末息子が住んでいました。そこへ一見黒ずくめの魔王、よく見ると大天使のようなお顔の王宮からの使者がやってきて、「ぜひ王妃様の小姓になっていただけぬか」と申されました。領主一家はすっかり使者に丸め込まれ、末息子をホイホイ差し出してしまったのです!末息子危うし、お役目と称してセクハラされ放題!?変人ばかりの宮廷とんでもラブコメディ、始まり始まり〜♪

誰がなんと言おうと「美男の達人」はオモシロイと思います!






続きを読む
posted by 棗 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

棒投げ橋で待ってて:小林典雅



<あらすじ>
小児科病棟勤務の堅物看護士・雨市のもとへ、ある日突然、超お坊ちゃまの押しかけ女房がやってきた!幼い頃に一度だけ会ったことのある美貌の財閥御曹司・桜里は、生きがいを探すために、人並みの常識を教えて欲しいと頼み込む。生活能力皆無のお坊ちゃまに庶民の暮らしぶりを教えながら日々を過ごすうち、桜里のことを可愛く思うようになる雨市。しかし、彼らのたどたどしい恋の行く手には、オヤジギャグ好きなハンサム小児科・佐川や、桜里をとんでもなく溺愛する両親&二人の兄が立ちはだかる。堅物×お坊ちゃまの純情のゆくえは!?大量書下ろしの番外編は、おちゃらけドクター佐川と冷徹美形な桜里の兄・不律のスラップスティック・ラブ!
看護士×御曹司モノ。


これは、典雅さんのデビュー作になるの?
シャレードは、よくぞこのような希有な才能の持ち主を発掘したなあ・・・。

続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

老舗旅館に嫁に来い!:小林典雅



<あらすじ>
日本に留学中のアメリカ人のジューナは、旅行代理店に勤める柊一郎と将来を誓い合った恋人同士。しかし、突如柊一郎が実家の老舗旅館を継ぐことになり、さらには親同士が決めた許婚まで登場する始末。突然の事態に困惑するジューナだったが、愛する柊一郎のため妻の座をかけ女将修行をすることに。日本の伝統としきたりに悪戦苦闘しながらも、板長や柊一郎らの支えにより奮闘するジューナ。だが頭の固い柊一郎の父から恋人同士の営みを禁止されたことにより、ささいな誤解が二人に破局の危機をもたらして...!? 若旦那と金髪の美青年の国境を越えた愛に老舗旅館の未来が託される!!
若旦那×留学生モノ。


(今は無き…)シャレードパール文庫でも、小林典雅節は冴えていた。
やっぱこの人、スゴイです・・・。

続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

嘘と誤解は恋のせい:小林典雅



<あらすじ>
大学生の結哉は隣のエリートサラリーマンにこっそりひっそり片想い。ある日お節介な先輩に「これでお近づきになれ」と、奇天烈な偽アンケートを手渡され、拒むすべもなく挑むことになるけれど…!?
会社員×大学生モノ。

問)琴線に触れるBLをお探しのあなたに伺います。
a.恋のきっかけは突拍子のないものに限る
b.恋愛成就効果のあるアンケートを体感したい
c.『泥酔襲い受』もしくは『洞窟羞恥プレイ』というワードにちょっとピンときた
d.つい、味のある脇役に愛と萌えを感じてしまう
e.片想いの時と両想いの時、それぞれを楽しみたい
f.小林典雅または小椋ムクと聞くと胸がトキめく
ー以上、どれか一つでも当てはまったあなたは同士です。(勇気を持って)お買い求めください黒ハート

内容もさることながらこの裏表紙のあらすじ、やっぱり小林典雅さんだな〜(笑)
イラストが小椋ムクさんで、しかもえらいエロシーンばっかりねらったようにイラストが入ってて、花丸のなみなみならぬやる気を感じたりもしたんですが、うん、典雅さんは典雅さんでしかないよ!
とはいえ、裏表紙の説明どおりの内容でしたけどね。
・・・それがまた、すごいんだけどさ。

続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

美男の達人:小林典雅



<あらすじ>
淑女の皆さん、ごきげんよう。美男塾塾頭の箭内です。美男塾―それはイケメン養成所もしくはモテない男救済機関。「すべての男性に素敵な恋を!」と、日々悩める子羊を導いているわけですが、このたび少し面白いことが起こりました。一見モテるはずの爽やかな好青年(郵便局勤務)が説明会を経て入塾したのですが、どうやらうちの講師に一目惚れしたらしく、しかもその相手があの猫かぶり!当塾の有用性が実証される瞬間です、ぜひその目でお確かめください。
郵便局員×美男塾講師モノ。

この本を本屋で見かけたら、ぜひ手に取ってあとがきを読んで下さい。
このブログは読まなくていいですから。

続きを読む
posted by 棗 at 01:00| Comment(4) | TrackBack(2) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする