2013年05月11日

ハッピーボウルで会いましょう:名倉和希

ハッピーボウルで会いましょう (ディアプラス文庫)ハッピーボウルで会いましょう (ディアプラス文庫)
名倉 和希 夏目 イサク

新書館 2013-04-09
売り上げランキング : 51620

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


プロボウラーを目指す風斗(ふうと)は師匠からセクハラを受け、あわやというところで逃げてきた。
戻った地元で思い出のボウリング場が潰されそうだと聞き、不動産会社の責任者・仲條(なかじょう)に救済を直訴。
そこから仲條にボウリングを教えることになる。
顔を会わせるたび、仲條から「かわいい」と言われ、ドキドキしてしまう風斗。
師匠にされたキスは嫌だったけれど、仲條のキスはそうじゃなくて……?



ただでさえ可愛い話なのに、イサクさんのイラストがまたぴったりハマってて、たまらんです。
イサクさんの、赤面してるキャラのかわいいのなんのって(≧∀≦)

続きを読む
posted by 棗 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>名倉和希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

愛に目覚めてこうなった:名倉和希

4778113934愛に目覚めてこうなった (ショコラ文庫)
名倉 和希 伊東 七つ生
心交社 2012-12-10

by G-Tools

<あらすじ>
小柄で働き者の「総務部の小人さん」倉知大紀は、同僚から変なミッションを仰せつかる。大紀の友人で男前すぎる営業マン・藤原時憲に女性社員が夢中で仕事に支障が出るから、彼女を作らせようというのだ。だが肝心の藤原は硬派で女嫌いで、なんと26歳の今も童貞だった。女性を紹介しても追い返してしまう藤原に、大紀は人肌の気持ちよさを語って説得しようとするが、藤原は「じゃあ試しにお前が手で扱いてくれ」と無茶な事を言い出し―。


残念すぎるイケメン・藤原(笑)


続きを読む
posted by 棗 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>名倉和希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

優しくて切ない:名倉和希


<あらすじ>
御曹司でありながら平凡さゆえに親から期待されず疎まれている智樹は、同期入社の省吾に一目惚れし、付き合うことに。幸せな時間を過ごしていたが、省吾が女性と浮気をしているという噂を耳にする。確かめてみれば、あっさり認められた。どうしても別れたくない智樹は、浮気の一切から目を瞑り、「お前が一番だ」という言葉を信じて付き合い続ける。しかし省吾に転勤の辞令が下り、遠距離恋愛という不安定な状態の中、智樹にも見合い話が持ち上がり…。


攻の省吾があらすじ通りの男でしたが、他所様のブログで感想読んだりして心構えができてたから少しは冷静に読めたかなと。
でも、こいつは最低だと思う。

続きを読む
posted by 棗 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>名倉和希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

はじまりは窓でした。:名倉和希



<あらすじ>
自分にも他人にも厳しく、部下から煙たがられている吉国(よしくに)。ある日、ワケあって自分の股間をチェックしていると、高層ビルなのに窓の外から視線を感じる。顔を上げたら、そこには窓拭きの清掃員・白柳(しろやなぎ)がぶら下がっていた――!! 口止めをするべく会社を調べて会いに行くが、彼は気持ちのいい青年で、一緒に食事をすることになり……? 窓拭き職人×エリートリーマン、働く男たちの年下攻ラブ!


35歳は、オッサンなのか。

続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>名倉和希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする