2009年10月02日

First Love:神江真凪


神江 真凪
Amazonランキング:136428位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
初めて好きになった相手・瀬良に求められるまますべてを捧げた満ち足りた日々。それは聡史の心に消えぬ傷を残し突然幕を閉じた。六年後―高校で教師を務める聡史はモデルとなった瀬良と再会する。過去のことなどなかったかのように、もう一度つき合おうと告白してくる瀬良に怒りを覚えながらも、会えば封じ込めていた想いが疼きだす…。同じ過ちを犯すわけにはいかない。そう心に刻んで聡史は瀬良を遠ざけることを決めるのだが…。
モデル×高校教師モノ。

神江さんははじめてなんですが、tatsukiさんに、「きっと好きだと思う」とオススメされてよんでみました。
・・・うん、私好みだったよ。そんなに私の好きな系統ってわかりやすいのかな(笑)


続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

Stand Alone:駒崎優



<あらすじ>
クリス・J・ウォーカーの油彩画の個展を訪ねてきた男は、「天使」というタイトルの絵の前で呟いた。「これは、俺だ」と。その男ラフィと、クリスは幼馴染みだった。ニューヨークの向かいのアパートメントに住み、兄弟同然に育ったのだ。十年ぶりの再会は、しかし苦いものだった。「あのこと」が二人を引き裂いたのだから―。


たしかにこれは、”BL小説”というよりは”翻訳物のゲイ小説”な雰囲気かなあ。
駒崎優さんは、マメ文庫さんのシリーズやバンダルのシリーズの方が、ノーマルなのに萌えがあると思う(笑)

続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

氷面鏡:水原とほる


水原とほる
Amazonランキング:147706位
Amazonおすすめ度:


<あらすじ>
雨の日も風の日も、放課後はひとり公園のベンチで過ごす。家に帰るとまた、双子の兄・陸に抱かれてしまうから―。禁忌の関係に悩む郁に声を掛けてきたのは、大学講師の見城。「行く場所がないなら僕の家においで」と詮索もせず、温かい場所を与えてくれる。年上の男のそばで、郁は次第に癒されて…!?セックスは知っていても心は無垢な魂が、初めての恋に目覚めていく純粋な愛の物語。
大学講師×高校生モノ

水原さんで兄弟モノだから、もっとどろっとしてるかと思ったけど、意外と甘くてよかったです。

続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

金曜紳士倶楽部(1)〜(6):遠野春日

  

  

遠野春日
金曜紳士倶楽部
封印された手紙 金曜紳士倶楽部2
踊るパーティーと貴公子 金曜紳士倶楽部3
黒の秘密 金曜紳士倶楽部4
闇の誘惑 金曜紳士倶楽部5
華麗な共演 金曜紳士倶楽部6
講談社X文庫ホワイトハート

<あらすじ>
「金曜の夜に暇を持て余しているなら、暇な者同士でのんびりお茶を飲みながら、新聞を読むというのはどうだろう」そんな一言から名門・財閥・梨園・陰の大物といった家の御曹司で構成された『金曜紳士倶楽部』は始まった。メンバーは東郷鷹也、篠宮千歳、大日方稀一、勧修寺凛、金森拓海、佐久間京介の六人だ。事件にならない『事件』を解決するため、ある男の復讐を請け負うことになったのだが。


茅島氏は、やっぱり可愛いヒトでした♪


続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

茅島氏の優雅な生活〈1〉:遠野春日



<あらすじ>
桁外れの資産家だが孤独な青年・茅島氏の心を初めて捉えたのは庭師の「彼」。嵐の夜、突然アパートに押しかけてきて告白する茅島氏に、つい意地悪をしてしまう庭師だが、世俗にまみれない茅島氏の素直さに次第に惹かれてゆく。美しいイングリッシュガーデンに囲まれたお屋敷を舞台に、庭師×主人の恋を描く人気作。単行本未収録作を加えて文庫化。


なに、このかわいい生き物は(≧∀≦)

続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

運命的な恋人:夜月桔梗


夜月 桔梗
Amazonランキング:687989位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
ロンドンの名門ホテルでVIPを担当するゲストリレイションズのカイリは、ある日突然さる“賓客”から専属バトラーとなるよう指名を受けた。相手は世界的大富豪の後継者で16歳の天才児、そして7歳のときカイリに求婚してきた、ラルフ・ウィリアム・ロシュバード―。“財も名声も社会的立場も手中にある彼が、なぜ一ホテルマンのわたしを…?”運命が熱くからみあう、ゴージャスBL。
大富豪×バトラーモノ。


絶賛積読本消化週間中。
・・・三年も前から積んでおりましたよ、この本。
想像より、トンデモでもトンチキでもなく、コバルトだな〜ってお話でした。
あらすじだけよむと、華々しいBLを想像しがちですけど、エロありませんからこの話(笑)
夜月さんなのに!と、ちょっと驚いたよ。
さすがコバルト・・・。
変なところで、腰が引けてるよねえ(笑)続きを読む
ラベル:BL 夜月桔梗 小説
posted by 棗 at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

その声が僕を動かす:洸



<あらすじ>
「俺と一緒に帰ってほしい」初対面に等しい相手、尾崎哲也にいきなりそんなことを言ったのには訳がある。氷室右京はある理由から、他人の未来の危機がわかるのだ。同じ大学の水泳部ホープ・尾崎が事故で再起不能になるかもしれないと知った右京はとにかく尾崎の傍で、彼を守ろうと考えるが、あまりの不器用なやり方に全く相手にされない。それでも必死に尾崎を守ろうとするうちに、一見意地悪で冷たく見える尾崎の分かりにくい優しさに触れ、彼に惹かれ始めるが…。
大学生×大学生モノ。


洸さんは、以前別の作品読んで合わないかな〜と思ってたんですが、今回この作品がドラマCDになるという噂を聞きつけ購入(笑)
不思議系のお話でしたが、楽しめました♪
だがしかし、この一冊だけ読むともやもやすることこの上なし・・・。



続きを読む
ラベル:小説 BL
posted by 棗 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

不埒なボディガード:ななおあきら


ななお あきら
Amazonランキング:17209位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
なにがあっても、この人を護らなきゃ―とある人物から、ホストクラブ「Aquarium」のナンバーワン・桜庭の警護を依頼されたボディガードの旬。常に密着状態の生活の中で、旬は桜庭にHなことを仕掛けられ、彼のエロテクでカラダを開発されちゃって…!?密かに好きな人から施される快楽に燃え上がり、彼の瞳を覗いたら、そこにも熱が潜んでいるみたいで…。夜ごと深まる濃厚エロスラブ、オール書き下ろし。
ホスト×ボディガードモノ。

※ネタバレです・・・っていうか、あらすじがあらすじなので(笑)

ボディガード萌え♪傾向のある私に、ゆちゅ♪さんからオススメしていただいた、ななおあきらさんの「不埒なボディガード」。
なんて、ストレートなタイトル。
・・・でも、私、このタイトルとあらすじだったら、普通は買わない(笑)
それにしても、この話、看板に偽りありといいますか、JAR○に訴えたくなる、タイトルとあらすじですよね!
ってうか、これでこの本、絶対に損してる!!
ビープリ的には、そういうエロ路線で読者ゲットだぜ!なつもりなんだろうか・・・。
それ間違ってる〜、絶対。
中身は純情ボディガードのかわいらし〜い恋愛模様ですよ♪




続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

年下の彼氏:菱沢九月


菱沢 九月
Amazonランキング:303位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
「俺の彼氏になって下さい」―七つも年下の大学生に告白された、塾講師の石田楓。賢い大型犬のように優しく頼もしいバイトの鴻島涼平に、密かに片想いしていた楓は、喜びより戸惑いに混乱する。始まったものには、いつか必ず終焉がくる…。甘い蜜月の中で、楓はひとり予感に怯えるが!?諦めていた恋が成就する、嵐のような幸福と不安―恋愛の光と影を繊細に綴る、純愛ラブストーリー。
大学生×塾講師モノ


どんだけ、私は年下ワンコが好きなんだ・・・。

続きを読む
posted by 棗 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

甘い蜜の褥:弓月あや


甘い蜜の褥 (CROSS NOVELS)

甘い蜜の褥 (CROSS NOVELS)

  • 作者: 弓月 あや
  • 出版社/メーカー: 笠倉出版社
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本




<あらすじ>
「褥の中では、私を旦那様と呼びなさい」家族に愛されて暮らしていた瑞葉は、倒れた姉の代わりに男の元に嫁いだ。そして、挙式の夜に媚薬を盛られ、夫・秋良から妻の務めだと抱かれてしまう。昔から兄のように慕っていた彼からの突然の行為に戸惑った瑞葉は、その手を拒み、座敷牢に監禁されて―!?囚われ抱かれる日々の中で、時折見せる彼の優しさに触れる度、姉ではなく自分が愛されているのかもと哀しい錯覚をしてしまうが。

※いつも以上に、ネタバレしてます!

以前から思ってましたが『褥』って言葉エロくていいですよね(笑)
あと、『閨』とか。
それにもまして、花嫁モノにでてくる『旦那様』って、なぜにこう無駄にエロスなんでしょうか。
・・・シチュエーションの問題でしょうかね。
まあ、どうでもいいです、そんなこと(笑)






続きを読む
posted by 棗 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

誘惑:藤代葎


藤代 葎
Amazonランキング:565位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
日本有数の警護会社HSC、ハデスセキュリティカンパニーに警護員として勤める咲坂諒一は、怜悧な美貌と冷静な頭脳の持ち主だ。けれど、そんな咲坂のペースを乱す男が現れた。容姿、能力に恵まれた不遜な男、柳瀬芳成だ。柳瀬宛に送られてくる脅迫状を心配した秘書が、HSCに警護を依頼したのだ。男の色気と自信を漂わせる柳瀬は、秘書を装い警護についた咲坂をなにかと挑発してくる。何を考えているのかわからない柳瀬の態度に苛立つ咲坂だが、ある夜、柳瀬の第一秘書が何者かに襲われて…!?守る男と守られる男。この関係の行く末は!?藤代葎、デビュー作。
社長×警護員モノ。


・・・やっぱ、あのドラマの影響なんですかね、この設定。
守る側と守られる側。
いや、こういうストイックな仕事は、非常に萌えますんで、大歓迎ですよ♪
普段、新人さんって手を出さないんですけど、今回は、設定で萌え、イラストで萌え(笑)買わずにおられるか〜と購入。
BL界に一大ムーブメントが来ないかなあ、SPモノとかボディガードモノとか・・・。



続きを読む
posted by 棗 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

花嫁の品格:火崎勇


花嫁の品格 (ショコラノベルス)

花嫁の品格 (ショコラノベルス)

  • 作者: 火崎 勇
  • 出版社/メーカー: 心交社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本




<あらすじ>
ルックスも収入も人並み以上のデイトレーダー司馬高祀の元に、突然やってきた青年・杉山沙和。彼は以前「最高の嫁さんを紹介してやる」と言っていた同業の友人が送り込んできた花嫁候補だった!?戸惑いながらも、どうやら行くあてのない杉山の事情を察し、とりあえず家政婦としてなら住み込むことを許可する司馬だったが、姿も可愛く性格もよく、家事の腕もプロ並みというまさに“妻の鑑”のような杉山に心惹かれていく。杉山も同じ気持ちを返してくれ、相思相愛になったかと思ったある日、司馬は聞いてしまう。電話で杉山が「愛しているから早く迎えにきて」と誰かに話しているのを…。
デイトレーダー×家政婦モノ。

道を歩いていて、ポケットティッシュをもらいたくてももらえなくなりました。
・・・品格上がった?(笑)
そんなことは、どうでもいい・・・。
花嫁モノを読もうと思ったのは、この本の存在が大きいのではないかと。
火崎さんの本を一冊しか読んでませんけど、私の中で火崎さんは真面目な文章で、大人の雰囲気の話書かれる方だと認識してたんですよ。
その火崎さんが、花嫁モノ・・・。


続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

月と茉莉花(1)〜(3):佐倉朱里


月と茉莉花 (リンクスロマンス)

月と茉莉花 (リンクスロマンス)

  • 作者: 佐倉 朱里
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 新書




月と茉莉花 ~羞花閉月~ (リンクスロマンス)

月と茉莉花 ~羞花閉月~ (リンクスロマンス)

  • 作者: 佐倉 朱里
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2004/01/31
  • メディア: 新書




月と茉莉花~月に歩す~ (リンクスロマンス)

月と茉莉花~月に歩す~ (リンクスロマンス)

  • 作者: 佐倉 朱里
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2006/10/31
  • メディア: 新書





<あらすじ>
太子の煬大牙は、自国を裏切った国“湘”を滅ぼし、目の見えない湘の第一公子を捕虜にする。その公子は名も無く、湘王である父に廃嫡とされ、存在すら認められず北の離宮に幽閉されていた。それでも潔く覚悟を決め、亡き湘と運命を共にしようとする儚げで美しい公子に、大牙はいつしか心惹かれ始めるのだったが―。切なくも甘い、魂を揺さぶる感動の歴史ロマン。
太子×捕虜の第一公子モノ。

中華風歴史BLの金字塔(笑)、月と茉莉花シリーズです。
いつものように出遅れてるのは、自分の萌えツボじゃないかもな〜と、思ってたんですよ・・・。
我ながら損な性格してるというか、石橋叩きすぎてる気がしなくもないです。
軽い気持ちで読みましたが、しっかり”歴史モノ”でしたね。
そんなわけで、佐倉朱里さんの、他の作品も読みたいなー・・・なんて思ってるんですが、どうなんでしょうか?


続きを読む
posted by 棗 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

恋をしている君たちへ:麻生雪奈


恋をしている君たちへ (アクア文庫)

恋をしている君たちへ (アクア文庫)

  • 作者: 麻生 雪奈
  • 出版社/メーカー: オークラ出版
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 文庫






※ネタバレかもしれません・・・。

<あらすじ>
中学生の時、北の国から転校してきた、カナの無口な親友・侑斗。高校生になったカナは侑斗に対し、「トモダチ」以上の感情を抱くのだが、今の二人の関係を壊したくなくて、自分の気持ちを隠していた。ところがある日、カナが中学生の時につきあっていた彼女・千鳥の存在を侑斗が知ったことから、次第にカナと侑斗のバランスが崩れ始めてしまう。さらに、侑斗と千鳥がデートをしたという噂が校内に流れ―。
高校生×高校生モノ。


旧版と新版の両方を持っているという、大好きな作品です。
時の流れとともに、ポケベルから携帯電話へと通信アイテムは進化して行きますが、人が人に恋する気持ちは、どんなに時が経とうとも色あせないですよね。
旧版の二宮悦巳さんのイラストもステキでしたが、新版の木下けい子さんの淡い雰囲気のイラストがぴったりでした。(画像が青っぽいですが、実際はもっと綺麗なんですよー)
百道へゆきたい・・・。



続きを読む
posted by 棗 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

月にむらくも、恋嵐:玉木ゆら


月にむらくも、恋嵐(新装版)

月にむらくも、恋嵐(新装版)

  • 作者: 玉木 ゆら
  • 出版社/メーカー: リブレ出版
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本





<あらすじ>
「なあ、豆。胸にたった一人の人間が住みついちまった奴は、そいつと交わると最高の快楽が味わえるんだぜ」。豆は花街の高級男娼楼「幻月」一のみそっかす娼妓。ドジな豆のお客は強引で正体不明な男前・紅塵だけ。豆は嵐みたいな彼に抱かれるたび、メロメロに乱されちゃって…この気持ちは一体なに!?そして紅塵の正体は!?読んだら絶対夢中になる大ヒットラブが新装復刊。出会い編や舟遊びエッチ編、4コマの他にショート書下ろし。
謎の遊び人♪×娼妓モノ。


というわけで、tatsukiさんから乙女ロードで激烈オススメされた、玉木ゆらさんの「月にむらくも、恋嵐」です♪
そのときは、全く気付かなかったんですが、玉木ゆらさんって、あの「元彼カレ」書かれた方だったんですよねえ・・・。帰ってから気付きましたよ。
ま、まさか花魁モノで、3ぴーか?!と、ちょっとおびえつつ読みはじめました。(笑)
・・・くそー、あの時素直にtatsukiさんに差し出された二冊を買えば良かった〜。
重いからって、一冊にしといたのが失敗だった。
あ〜も〜、かわいいよ〜。





続きを読む
posted by 棗 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

愛欲ルビー:丘群さえ


愛欲ルビー (プラチナ文庫)

愛欲ルビー (プラチナ文庫)

  • 作者: 丘群 さえ
  • 出版社/メーカー: プランタン出版
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 文庫





<あらすじ>
紅麗大学に伝わる「愛欲を呼び起こすルビー」の噂を聞きつけ、物理学部鉱物学科宝石学研究室の助教授・久遠貴澄の元を訪れたのは、瀬名尊。
考古学科の学生の彼は、噂を信じ、大学のどこかに隠されているというそのルビーを探そうと、久遠に持ちかける。
そんなある日、ルビーのレプリカに触れた瀬名は、いつもと違った様子で久遠に「欲情した」と告げ、強引に抱いてしまう。
もし、本物が見つかったら、どうなってしまうのか、そんな危惧を抱きつつも、瀬名とともに久遠は、ルビーを探しを続けることにあるが・・・。
考古学部学生×宝石学助教授モノ。

そのルビーを見た者は、押さえ切れぬ愛欲に溺れてしまう事となる、ってさあ・・・。
ねえよ(笑)
学者様なら、しっかり否定してくれ。
と、いきなりつっこみたくなった、「愛欲ルビー」。
しかも、キラキラ表紙のプラチナ文庫でただでさえ恥ずかしいのに、「愛欲」ってなんですか、「愛欲」って(笑)
ストレート過ぎです。
・・・いや、でも、年下(バカ)ワンコがいきなりサカって、かわいかったんですけどね(笑)

続きを読む
posted by 棗 at 20:41| Comment(2) | TrackBack(2) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

王朝春宵ロマンセ:秋月こお

王朝春宵ロマンセ
秋月 こお著
徳間書店 (2002.6)
ISBN : 4199002294
価格 : \620
通常2-3日以内に発送します。


<あらすじ>
寺の稚児だった千寿丸は、ある理由から、その寺から離れることに。
しかし、追っ手にしつこく追い回されていたところを、通りかかった藤原諸兄に助けられる。
まじめで実直な人柄で、恋愛にはどこまでもオクテで鈍い諸兄に仕えることになった、千寿丸。
そんな千寿丸には出生の秘密があるらしく、その身を狙われる。
その一方で、諸兄との関係はただならぬものへと変わっていくが・・・。
貴族×使用人モノ。

あれ?秋月さんてはじめて?
・・・そうか、私フジミ読んでないんだ。
と再確認いたしました。
なんだか、ストライクゾーン狭いぞ同盟作れそうです(笑)
というわけで、平安BLを探していて、ようやくこの有名どころの存在に気付きました。
・・・遅過ぎです。
もう外伝まで出てるじゃないですか!!
しかも、外伝に業平登場と知って、気が気じゃない状態です(笑)
なぜ脇キャラに萌えるかな、私・・・。



続きを読む
posted by 棗 at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

スウィート・リベンジ 1〜3:真瀬もと

スウィート・リベンジ 1
真瀬 もと著
新書館 (2000.6)
ISBN : 440352026X
価格 : \588
通常1-3週間以内に発送します。

スウィート・リベンジ 2
真瀬 もと著
新書館 (2000.12)
ISBN : 4403520367
価格 : \588
通常2-3日以内に発送します。

スウィート・リベンジ 3
真瀬 もと著
新書館 (2001.6)
ISBN : 4403520456
価格 : \588
通常2-3日以内に発送します。



<あらすじ>
1800年代のロンドン。
探偵業を営むバートと、美貌の貴族・アルジー。
身体だけの関係を続けるふたりの心は、全く別のところにあるはずだった。
ある時、事務所に仕事の依頼が舞い込んでくる。
それは、幽霊を退治してほしいという、奇妙なものだった。
貴族×探偵モノ。


大概、他所のBLサイトさんのレビューを参考に新規開拓を行なっているんですが、この作品は、ある一般のミステリー作品の書評サイトさんを覗いていて、気になって購入に至るという、自分の中では結構珍しいケース。
それもあって、BL風味のミステリーだと思って、軽い気持ちで読みはじめて、痛い目にあいました・・・。







続きを読む
posted by 棗 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(1) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

ビター・チョコレート:江上冴子

ビター・チョコレート
江上 冴子著
集英社 (2002.10)
ISBN : 4086001756
価格 : \460
通常2-3日以内に発送します。


※ネタバレかと思います。

<あらすじ>
高森家の跡取りとして育てられた15歳の一成にとって、一回りしか離れていない実咲は叔父というより従兄弟のような存在だった。
建築士になる夢の途中、激務で身体を壊した実咲がひさしぶりに高森の家に帰ってくる。
一成の家庭教師となった実咲と時間を共有するうちに、一成は誘われるがままに、実咲におぼれていくのだった・・・。
甥×叔父モノ。


というわけで、甥と叔父。
禁断の匂いがぷんぷんです(笑)
しかもコバルトから、こんな作品が出ていようとは!!
チャレンジャーです、コバルト。
ところで、この作家さんを手にしたのははじめてなんですけど、調べてみたら作家業を休業されてた・・・。
せっかくツボな作品見つけたのに〜。
まさに、ビター・チョコレートなお話でした。


続きを読む
posted by 棗 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

砂漠の王は龍を抱く:愁堂れな

砂漠の王は竜を抱く
愁堂 れな著
ムービック (2005.10)
ISBN : 4896017188
価格 : \900
通常2-3日以内に発送します。


<あらすじ>
アラブの王族であり、長身で金髪碧眼の美青年ユリウスは、世話係の亮二とともに、花火を見るため日本にやってきていた。
船から間近に見る花火を楽しんでいたユリウスの前に、肩を撃たれた氷室が現れる。
背中に見事な昇り龍を持つ氷室に興味を抱くユリウス。
しかし、頑なな氷室は、消して警戒を解くことなく、ユリウスの元から逃れようとする。
そして、亮二の隙をついて逃げ出した氷室は、ある目的のため新宿へ向かうのだったが・・・。
アラブの王族×ヤクザモノ。

アラブモノ。
それは、スリル、ショック、サスペンス。
そして超絶美形の王子様とのめくるめく・・・ラブ(笑)
というわけで、祝!初アラブです。
噂通りの、すごさでした・・・。
すいません、真剣に大爆笑しました。
カップリング的には、ちょー派手で好みなんです、実は。
ようするに、アラブモノって、ストーリーを楽しむというより、その驚愕の設定を楽しむモノなんでしょうか・・・。
そういう意味では、めちゃ、楽しめました(笑)



続きを読む
posted by 棗 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする