2015年07月16日

お医者さんのお引っ越し:椹野道流

4829625902お医者さんのお引っ越し (プラチナ文庫)
椹野 道流 黒沢 要
プランタン出版 2015-07-11

by G-Tools

医師の甫が、生花店店主の九条と日々を過ごす九条宅。かねてからの懸案だった、リフォームをついに実行することになるが……。



ここの二人の安定感はもうすごいよね…。
なのにこのときどき醸し出される新婚さんっぷりがかわいくて(笑)

続きを読む
posted by 棗 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>椹野道流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

桜と雪とアイスクリーム 〜いばきょ&まんちー3〜:椹野道流

4576150669桜と雪とアイスクリーム 〜いばきょ&まんちー3〜 (二見書房 シャレード文庫)
椹野 道流 草間 さかえ
二見書房 2015-05-25

by G-Tools

いちばん大切な人と、どう生きていきたいか
殺しても死にそうにない万次郎が死にかけ、堅実を絵に描いたような茨木が行方不明!?

春――和やかに花見を楽しむ楢崎&万次郎と、茨木&京橋。しかし美しい桜と裏腹に、彼らの話題はいささか物騒。それというのも数ヶ月前、茨木が出張先で行方不明になり、殺しても死にそうにない万次郎が死にかけるという騒動があったからで…。「大事な人の大事なときに、傍にいなくてどうするんですか」京橋の痛切な説得に、万次郎を居候と言ってはばからない楢崎も我が身を顧みることに…?



ここのカップルたちはすっかりセットになってしまいましたね。

続きを読む
posted by 棗 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>椹野道流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

吸血鬼(仮)と、現実主義の旦那様:椹野道流

4576140949吸血鬼(仮)と、現実主義の旦那様 (二見書房 シャレード文庫)
椹野 道流 金 ひかる
二見書房 2014-07-24

by G-Tools

年の瀬も迫ったマーキスの街。島唯一の検死官であるウィルフレッドの屋敷ではフライトやキアランが議長邸での仮面舞踏会に向け、主たちの衣装の丹精に余念がない。奥方修業真っ最中のハルは、夫の不機嫌を蕩かす閨房術習得にも励む日々。そこへ娼婦殺害の一報が。続く事件現場にも、同じ手口による犯行の痕が残されていた。人の血を吸う悪霊―島に古くから言い伝えられる吸血鬼が現れたかと街が噂に怯える中、異国育ちのウィルフレッドは一人冷静に手掛かりをつかもうとするのだが…。



ずっとこれは仮タイトルなんだと思ってました…。

続きを読む
posted by 棗 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>椹野道流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

作る少年、食う男:椹野道流


執事の受難と旦那様の秘密〈上〉 (二見シャレード文庫)執事の受難と旦那様の秘密〈下〉 (二見シャレード文庫)新婚旅行と旦那様の憂鬱 <上> (二見書房 シャレード文庫)新婚旅行と旦那様の憂鬱〈下〉 (二見書房 シャレード文庫)

<あらすじ>
港町マーキスで検死官を務めるウィルフレッド。耳慣れぬ職業、銀髪に暗青色の瞳、高い身分を持ちながら社交界に出入りせず独り身を貫く彼はいつしか人々の間で「北の死神」と呼ばれるようになっていた。そんなウィルフレッドが出会ったのが、孤児院出身で男娼のハルだった。料理の勉強がしたいと屋敷に出入りするようになったハルは、ウィルフレッドに生きた人間の肌の温もりを感じさせた。それは北の国からこの街に流れ着いて初めて知る感情―、“愛しさ”を彼にもたらすようになる。ところが些細な行き違いからハルが街の荒くれ者たちに囚われ、嬲られるという事件が起こり…。男前で誠実な旦那様とはねっかえりな使用人兼助手が、近世ヨーロッパ風港町で巻き込まれる事件と恋の嵐。


これもまたアングレが舞台の作品なんですね。

続きを読む
posted by 棗 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>椹野道流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

きみのハートに刻印を:椹野道流


<あらすじ>
やられた……最高だよ、俺の子猫ちゃんは!

カリノ製薬の打錠室に勤める草太は、「俺の子猫ちゃん」と呼んで何かとちょっかいを出してくる研究員の梅枝が嫌いだ。けれど、大きなプロジェクトに共に携わり、仕事への真摯な姿勢が格好いいと思い始めた。そんな時に告白されてキスをされ、その切なげな表情に彼の本気を知る。大切にされていることにも気づいて、面映ゆいが嬉しかった。なのに、梅枝の裏切りが発覚して……!?


「きみのハートに効くサプリ」のドラマCDはネ申と言っても過言ではないというほどお気に入りで、なんかキモチ悪いほどの再生回数(笑)
そんなわけで、このお話読むと、自然と梅枝は石川さんの声に変換。
このCD主役のお二人はモチロンですが、梅枝役の石川さんがめちゃくちゃいいんですよ(≧∀≦)
だからこのお話もドラマCD化すればいいのに!

続きを読む
posted by 棗 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>椹野道流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

お医者さんにガーベラ:椹野道流


<あらすじ>
つけこんで、僕のすべてをあなたに捧げます

自他共に厳しい医師の大野木甫は、溺愛する弟と恋人になった部下の仲を見せつけられ、やけ酒で泥酔した。路上で寝込んだところを生花店店主の九条夕焼に拾われた甫は、「あなたを慰め、甘やかす権利を僕にください」と笑顔で押し切られ、添い寝までされてしまう。かいがいしく世話をされ、真っ直ぐ好意を告げる九条の優しい手に癒される甫。それでも己の寂しさ、弱さを認めまいとするが…。


個人的に、BLにおける萌えツボど真ん中な職業は歯科医で、受けてよし攻めてよしの一粒で二度も三度もオイシイものと信じてる。
それ以外に実は”花屋さん”がかなり萌えツボだと前々から思ってたんですが、花屋さんはイメージからか受様ばかり…。
いやそれに不満はないですよ?
でも花屋さんの年下攻めとかどこかないのかーと思っていた所、この本に出会いました。
ソレを目当てに買ったわけではなかっただけに、嬉しい誤算。
それだけでも萌え萌えだったのに、話が超好みだっただっただけに、言うことなしです。
もっと早く読んでれば!…「楢崎先生んちと京橋君ち」ももうちょっとにやにやできたのにー。

続きを読む
posted by 棗 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>椹野道流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

夜の乱入者:椹野道流


夜の乱入者 (リンクスロマンス)

夜の乱入者 (リンクスロマンス)

  • 作者: 椹野 道流
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 単行本



<あらすじ>
トラウマから他人と接することに怯える小説家の斎藤和は、ある夏の日、暑さにへばっていた黒猫を介抱した。以来通ってくるその猫・クロスケとのささやかな交流に安らぎを覚える和の前に、突如、猫耳尻尾付きの全裸男が現れる。自らをクロスケだと主張する彼は猫神様で、恩返しにきたという。仰天したまま押し倒され、気持ちいい恩返しをされてしまった和。ずっと傍にいると約束してくれたクロスケの温もりに包まれ、固く閉ざしていた心が癒されていき…。


ケモノは受けても攻めても美味しくいただけます!(`・ω・´)

続きを読む
posted by 棗 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BL(小説)>椹野道流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

楢崎先生とまんじ君:椹野道流



<あらすじ>
……早まったか、俺…… K医大病院のクール・ビューティから亭主関白受けへ華麗な変身を遂げた内科医・楢崎先生と、 ヘタレわんこ攻め「まんじ」こと万次郎の愛の軌跡! 『茨木さんと京橋君』シリーズ番外編。 低血糖で病院に担ぎ込まれた間坂万次郎が出会ったのは、理想のパーツをすべて備えた内科医・楢崎千里だった。 パーフェクトな外見と、ポーカーフェイスかと思いきや意外と表情豊かで優しく、おまけに猫舌という可愛い弱点を持つ楢崎。 知れば知るほど好きになっていく万次郎は、やっとの思いで彼と結ばれるのだが…。 その後一度も会えないまま楢崎はアメリカへ留学してしまい――!? 亭主関白受けとドMワンコ攻めの、究極のご奉仕愛!
フリーター×内科医モノ。


実は椹野さんで、がっつりBLというのはこれがお初です。
それっぽいのは読んでたんですけどね。

続きを読む
posted by 棗 at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BL(小説)>椹野道流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする