2013年03月06日

厄介と可愛げ:渡海奈穂

4403523188厄介と可愛げ (ディアプラス文庫)
渡海 奈穂 橋本 あおい
新書館 2013-02-09

by G-Tools

<あらすじ>
知人の紹介で家事代行のバイトに出向き、勘違いで男に襲われかけた加辺。なんとか逃げ出すものの、後日その男・瀬ヶ崎が大学までやってくる。瀬ヶ崎は実は刑事で、元恋人の部屋で相手を待っていたところに現れた加辺を売春の現行犯で逮捕しようとしたらしい。大きな体で平謝りする様子が可愛くて瀬ヶ崎を怒れなくなった加辺は、なりゆきで彼の家で家事代行のバイトを始めることになり!?年の差ハートフル・ラブ。


実は雑誌掲載時に読んでたんですが、そのときはそこまで萌えあがることもなくいたんですが、先日全員サービスのペーパーが届いて読んだら、あれ?この話こんなにかわいかったかな〜と。
もう一度雑誌読み直したら、面白かったので、今さらながら購入して読んだ次第です。←イマココ

続きを読む
posted by 棗 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>渡海奈穂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

追いかけようか?:渡海奈穂



<あらすじ>
無口で無愛想なカフェ店員の立花は、常連客の西条に告白した。何の期待もしていなかった。ただ、この想いを伝えたかっただけ。だからその後も懸命に平静を装っていたのに、なぜか西条は何かと構ってくる。食事に誘われたりと、一緒にいられるのは嬉しいけれど、からかわれているようでつらい。「好きにならなければよかった」精一杯詰ってみても、西条はなんだか嬉しそうで…。



プラチナのフェア、近くの書店が全くやる気なさすぎて、キレそうになる…。
せめてヲタ系の書店でフェアやってくれればいいのに…。
続きを読む
posted by 棗 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>渡海奈穂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

ゆっくりまっすぐ近くにおいで:渡海奈穂



<あらすじ>
印刷会社営業の稲田は自社の印刷機の故障で刷れなくなった緊急の印刷を、町の小さな印刷屋で引き受けてもらう。そこの社長・大内は口は悪いが懐が広く、初対面の稲田が見とれるほどの美形。たちまち恋に落ちた稲田は、以来せっせと彼のもとに通い口説きまくるが、大内は拒否こそしないが受け入れてくれるわけでもなく…?年下ワンコ攻×クールビューティー受。商業誌未発表作をHシーン含め大幅加筆で文庫化。
印刷会社営業×印刷屋社長モノ。


帯の”商業誌未発表作を大幅加筆で文庫化”の意味がわからなくて、しばし悩みました(笑)
ああ、同人誌からの再録ね。
物分かりが悪くてスミマセン・・・。



続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>渡海奈穂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする