2015年07月16日

お医者さんのお引っ越し:椹野道流

4829625902お医者さんのお引っ越し (プラチナ文庫)
椹野 道流 黒沢 要
プランタン出版 2015-07-11

by G-Tools

医師の甫が、生花店店主の九条と日々を過ごす九条宅。かねてからの懸案だった、リフォームをついに実行することになるが……。



ここの二人の安定感はもうすごいよね…。
なのにこのときどき醸し出される新婚さんっぷりがかわいくて(笑)

続きを読む
posted by 棗 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

桜と雪とアイスクリーム 〜いばきょ&まんちー3〜:椹野道流

4576150669桜と雪とアイスクリーム 〜いばきょ&まんちー3〜 (二見書房 シャレード文庫)
椹野 道流 草間 さかえ
二見書房 2015-05-25

by G-Tools

いちばん大切な人と、どう生きていきたいか
殺しても死にそうにない万次郎が死にかけ、堅実を絵に描いたような茨木が行方不明!?

春――和やかに花見を楽しむ楢崎&万次郎と、茨木&京橋。しかし美しい桜と裏腹に、彼らの話題はいささか物騒。それというのも数ヶ月前、茨木が出張先で行方不明になり、殺しても死にそうにない万次郎が死にかけるという騒動があったからで…。「大事な人の大事なときに、傍にいなくてどうするんですか」京橋の痛切な説得に、万次郎を居候と言ってはばからない楢崎も我が身を顧みることに…?



ここのカップルたちはすっかりセットになってしまいましたね。

続きを読む
posted by 棗 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

甘い恋:星野伶

4344832507甘い恋 (リンクスロマンス)
星野 伶 木下 けい子
幻冬舎 2014-10-31

by G-Tools

出世頭で部下からの信頼も厚く、ストイックなイメージで女性社員からの人気も高い。そんな誰の目から見ても完璧な平岡悠の誰にも言えない秘密は、女性が好むスイーツが大好きなこと。しかし、クールなイメージを壊すことができず、日々甘いものを我慢していた。ある日、悠は美味しそうなデザートパンに惹かれて古びたパン屋に入店する。そこで出会った店主・石森弘毅は、年下とは思えない威圧感を与える態度と愛想のない接客で第一印象は最悪。さらに「あなたに売るパンはありません」と販売を拒まれて―?



はじめての作家さんでしたが、タイトルとあらすじ、そして木下けい子さんのイラストにひかれて手に取りました。


続きを読む
posted by 棗 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

吸血鬼(仮)と、現実主義の旦那様:椹野道流

4576140949吸血鬼(仮)と、現実主義の旦那様 (二見書房 シャレード文庫)
椹野 道流 金 ひかる
二見書房 2014-07-24

by G-Tools

年の瀬も迫ったマーキスの街。島唯一の検死官であるウィルフレッドの屋敷ではフライトやキアランが議長邸での仮面舞踏会に向け、主たちの衣装の丹精に余念がない。奥方修業真っ最中のハルは、夫の不機嫌を蕩かす閨房術習得にも励む日々。そこへ娼婦殺害の一報が。続く事件現場にも、同じ手口による犯行の痕が残されていた。人の血を吸う悪霊―島に古くから言い伝えられる吸血鬼が現れたかと街が噂に怯える中、異国育ちのウィルフレッドは一人冷静に手掛かりをつかもうとするのだが…。



ずっとこれは仮タイトルなんだと思ってました…。

続きを読む
posted by 棗 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

隣りにいる人:ひのもとうみ

4778113942隣りにいる人 (ショコラ文庫)
ひのもと うみ 松尾 マアタ
心交社 2013-03-09

by G-Tools

<あらすじ>
数多の恋愛を経て、小田島達朗が佐倉治樹と付き合いはじめて一年。小田島の仕切る家具工場で働く、地味で控えめな恋人を小田島は愛していた。そんなある日、本社の叔父に騙され取引先の娘と無理やり見合いをさせられてしまう。勘違いし傷ついた治樹の誤解をどうにか解いたものの、治樹は妙に小田島に遠慮するようになってしまい…。「遠くにいる人」シリーズ第二弾。治樹の幼馴染・三津のサイドストーリーも収録。



このふたりの話がまた読めるなんて(≧∀≦)→前作の感想
そして男前な幼なじみ”みっちゃん”のお話も読めて大満足〜♪

続きを読む
posted by 棗 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

愛の裁きを受けろ! :樋口美沙緒

4592876970愛の裁きを受けろ! (白泉社花丸文庫)
樋口 美沙緒 街子 マドカ
白泉社 2013-01-22

by G-Tools

<あらすじ>
タランチュラ出身でハイクラス種屈指の名家に生まれた七雲陶也は、空虚な毎日を送っている大学生。退屈を紛らわすためのクラブ通いにもうんざりしていたある日、陶也はロウクラス種の郁と出会う。カイコガという起源種のせいで口がきけず体も弱い郁は、陶也のことを好きなのだという。大のロウクラス嫌いの陶也は、手ひどく捨ててやるつもりで郁と付き合うことにするが、どんなに邪険に扱っても健気なまなざしを向けてくる郁に、いつしか癒されていることに気づき!?究極の擬人化チックラブストーリー登場。


こんなに泣きながら本読んだのは久しぶりでした。

続きを読む
posted by 棗 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

六法なんかじゃ間に合わない!:深沢梨絵

4576111701六法なんかじゃ間に合わない! (二見書房 シャレード文庫)
深沢 梨絵 北沢 きょう
二見書房 2011-12-19

by G-Tools

<あらすじ>
司法修習生の森永は修習初日に担当教官の海渡がボス弁と揉めて所属事務所に三行半を叩きつける場面に遭遇してしまう。いきなりの独立&新事務所立ち上げに面食らうヒマもなく、癇症で言動も辛辣な海渡に振り回されっぱなしの森永。しかも海渡の修習時代の同期という判事補と検事まで登場し、海渡の暴露話を吹き込んでくる始末。「人権派」を標榜する若手敏腕弁護士の意外な一面を垣間見た森永だが、あろうことかその海渡にセクハラをしかけられて―!?教官×修習生の法曹界エンタテインメント。


本が出たのはもしかしなくてもお久しぶりなんでは?
でも実ははじめて読みました、深沢梨絵さん。

続きを読む
posted by 棗 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

好きになるのが、怖い。:羽生有輝


<あらすじ>
無気力、無責任、無感動に育った北条楓は、会社をクビになるのを免れるため明和学園でチャリティー活動をすることになった。
そこで、見た目はいいが無愛想な神田哲哉と出会う。
やる気のなさを隠さない態度を神田に批判され、楓はますますなげやりになっていく。
そんなある日、夜の街で男と言い争っている神田をみかけ、ふとしたことから身体を重ねるようになり・・・。
特別な想いを抱いているのは自分だけという事実に気づいたとき、ふたりの関係は変わり始めて!?


祝・SHY文庫創刊♪

続きを読む
posted by 棗 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

作る少年、食う男:椹野道流


執事の受難と旦那様の秘密〈上〉 (二見シャレード文庫)執事の受難と旦那様の秘密〈下〉 (二見シャレード文庫)新婚旅行と旦那様の憂鬱 <上> (二見書房 シャレード文庫)新婚旅行と旦那様の憂鬱〈下〉 (二見書房 シャレード文庫)

<あらすじ>
港町マーキスで検死官を務めるウィルフレッド。耳慣れぬ職業、銀髪に暗青色の瞳、高い身分を持ちながら社交界に出入りせず独り身を貫く彼はいつしか人々の間で「北の死神」と呼ばれるようになっていた。そんなウィルフレッドが出会ったのが、孤児院出身で男娼のハルだった。料理の勉強がしたいと屋敷に出入りするようになったハルは、ウィルフレッドに生きた人間の肌の温もりを感じさせた。それは北の国からこの街に流れ着いて初めて知る感情―、“愛しさ”を彼にもたらすようになる。ところが些細な行き違いからハルが街の荒くれ者たちに囚われ、嬲られるという事件が起こり…。男前で誠実な旦那様とはねっかえりな使用人兼助手が、近世ヨーロッパ風港町で巻き込まれる事件と恋の嵐。


これもまたアングレが舞台の作品なんですね。

続きを読む
posted by 棗 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

きみのハートに刻印を:椹野道流


<あらすじ>
やられた……最高だよ、俺の子猫ちゃんは!

カリノ製薬の打錠室に勤める草太は、「俺の子猫ちゃん」と呼んで何かとちょっかいを出してくる研究員の梅枝が嫌いだ。けれど、大きなプロジェクトに共に携わり、仕事への真摯な姿勢が格好いいと思い始めた。そんな時に告白されてキスをされ、その切なげな表情に彼の本気を知る。大切にされていることにも気づいて、面映ゆいが嬉しかった。なのに、梅枝の裏切りが発覚して……!?


「きみのハートに効くサプリ」のドラマCDはネ申と言っても過言ではないというほどお気に入りで、なんかキモチ悪いほどの再生回数(笑)
そんなわけで、このお話読むと、自然と梅枝は石川さんの声に変換。
このCD主役のお二人はモチロンですが、梅枝役の石川さんがめちゃくちゃいいんですよ(≧∀≦)
だからこのお話もドラマCD化すればいいのに!

続きを読む
posted by 棗 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

お医者さんにガーベラ:椹野道流


<あらすじ>
つけこんで、僕のすべてをあなたに捧げます

自他共に厳しい医師の大野木甫は、溺愛する弟と恋人になった部下の仲を見せつけられ、やけ酒で泥酔した。路上で寝込んだところを生花店店主の九条夕焼に拾われた甫は、「あなたを慰め、甘やかす権利を僕にください」と笑顔で押し切られ、添い寝までされてしまう。かいがいしく世話をされ、真っ直ぐ好意を告げる九条の優しい手に癒される甫。それでも己の寂しさ、弱さを認めまいとするが…。


個人的に、BLにおける萌えツボど真ん中な職業は歯科医で、受けてよし攻めてよしの一粒で二度も三度もオイシイものと信じてる。
それ以外に実は”花屋さん”がかなり萌えツボだと前々から思ってたんですが、花屋さんはイメージからか受様ばかり…。
いやそれに不満はないですよ?
でも花屋さんの年下攻めとかどこかないのかーと思っていた所、この本に出会いました。
ソレを目当てに買ったわけではなかっただけに、嬉しい誤算。
それだけでも萌え萌えだったのに、話が超好みだっただっただけに、言うことなしです。
もっと早く読んでれば!…「楢崎先生んちと京橋君ち」ももうちょっとにやにやできたのにー。

続きを読む
posted by 棗 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

LOVE TARGET―恋の弾丸:妃川螢


<あらすじ>
「気丈なドクターだ」銃口から庇う厚い肩、温かい声。安堵とともに遼は恋に堕ちていた――。往診先で立てこもり事件に巻き込まれた医師の遼。まず頭に浮かんだのは寂しい想いをさせている愛息子のこと。必ず生きて帰りたいと願ったその時、銃声が響く。遼は警視庁特殊急襲部隊員に命を救われた。数週間後、病院を訪れる大きな影があった。訝って声をかけると助けてくれた彼だと分かる。SATは身内にも所属を明かさない機密重視の部隊。シングルファザー医師とSAT隊員のもどかしい恋が始まる――。


最近、子連れBLって流行ってるの?

続きを読む
posted by 棗 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

ザクザクザク:早瀬亮


<あらすじ>
手芸さえあれば幸せだと思っていたけれど…。

同僚の滝本に手芸と料理が特技と打ち明けられない成見。
詰まっていく距離感、高まる気持ち――本当のことが言えないまま、また恋が終わってしまうのか!?

会社員の成見の秘密の特技は手芸に料理、家事全般。特に羊毛フェルトはプロ顔負けの腕前を誇るが、成見自身は手芸をする自分が恥ずかしく、家族以外には打ち明けられずにいた。ところがひょんなことから女性社員に絶大な人気を誇る同僚、滝本に手作りキーホルダーを見られてしまう。妙に関心を寄せてくる滝本に本当のことが言えず、手芸も持参の弁当も姉の手によるものだと嘘をついてしまう成見。滝本の中でどんどん上がる姉の評価に感じるこの切なさ。それは、かつてあまりにも辛い経験で終わった恋の感覚に似すぎていて…。

タイトルにそのような意味が隠されていようとはΣ(゚Д゚;)
…気付けなかった自分、不覚過ぎ。


続きを読む
posted by 棗 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

恋の花2:妃川螢



<あらすじ>
大学進学を機に上京し、憧れの従兄弟・朝比奈が経営するカフェでバイトを始めた生巳。そこへハンサムでエグゼクティブな雰囲気漂う紳士・舘山が訪れる。その後、何かと生巳を気にかけ足しげく通ってくる舘山は、いつしか生巳にとって特別な客になっていた…。名前しか知らない男。それでも舘山のキスに心までとろかされ、初めての快感に戸惑いつつも惹かれる生巳。しかし、実は舘山にはある秘密があって―。狡い大人×純真無垢な美青年の年の差ラブを描く『恋の花』シリーズ番外編『恋摘み』。書き下ろしは、大槻×朝比奈の男のプライドと欲望がせめぎ合う『obstinete beauty―恋の花2―』&舘山家三男×有斐崎の恋人の躾『well‐bred,ill‐bred』。



ピンポイントで萌えたカップルのことだけ…。

続きを読む
posted by 棗 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

ささやかな幸せ:藤森ちひろ


<あらすじ>
最初は、ほんの出来心だった―。アートディレクターの瑛司は、老舗会社から依頼を受ける。そこで出会った御曹司の雅之は何事にも控えめだが、瑛司への熱い想いを眼差しに乗せ、伝えてくる。同情か、好奇心―あるいは、欲望か。その想いにつけ込み、躰だけの関係を結ぶ瑛司は、ベッドでは淫らな雅之との情事に溺れ始める。しかし傲慢な自分に対する罰なのか、雅之の切り出した言葉に…。一生に一度の思い出なんて、俺はいらない―。


初読み作家さんです。
町屋さんのイラストの雰囲気がぴったりですよね〜(*´д`*)
すごく可愛いお話でした。

続きを読む
posted by 棗 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

遠くにいる人:ひのもとうみ



<あらすじ>
家具工場に勤める佐倉治樹は、本社から移動してきた上司の小田島達朗に恋をした。彼の素行の悪さを知る治樹の幼馴染は、小田島だけは止めておけと何度も言うが、地味な治樹にとって華やかな小田島は憧れずにはいられない存在だった。そして小田島はなぜか事あるごとに治樹をかまい、特別な優しさを向けてくる。期待してはいけないと思いつつ、治樹はその幸せを受け入れはじめるのだが…。


表紙のイラストの雰囲気が素敵でずっと気になってたお話です。


続きを読む
posted by 棗 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

全寮制櫻林館学院〜ロマネスク〜:雪代鞠絵



<あらすじ>
慕い続けた兄・羽倉穂高を追って櫻林館学院に入学した桜井千聖。3年ぶりに再会した穂高に無視され、学院にも馴染めずにいたが、大好きな兄の側にいるためさびしさに耐え続けていた。しかし、今年も伝統行事「子羊狩り」が始まってしまった。反対するソルトラムメンバー・春実の呼びかけもむなしく『子羊』に選ばれた千聖はある人物に狩られてしまうが―。


櫻林館学院シリーズもラスト。
ルネサンスの最後にちょこっとでてきた中等部の子たちが、いよいよ生徒会役員になるお話。

続きを読む
posted by 棗 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

全寮制櫻林館学院〜ルネサンス〜:雪代鞠絵



<あらすじ>
ソルトラムと呼ばれる学院のエリート集団のメンバー・白伊香月は、尊敬する兄達に倣い生徒会長になるのが目標の優等生。そんな香月を、幼馴染の奥園蓮は奔放すぎる性格と振る舞いでいつも困らせてばかりいた。ある日、生徒会長を選ぶための秘密の伝統行事『子羊狩り』が開催されることに。『子羊狩り』の内容に戸惑う香月は、蓮にある取り引きを提案されるが―。

前作「全寮制櫻林館学院〜ゴシック〜」のメンバーがまだ生徒会役員になる前のお話。
…時間軸的には三部作で一番最初になるのかな?
三部作の中では一番好きでした。





続きを読む
posted by 棗 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

愛はね、・ぼうや、もっと鏡みて:樋口美沙緒


<あらすじ>
予備校生の望は、幼なじみの俊一に片想いをしている。けれど、ノンケの俊一は決して自分を好きにならないと知っている望は、その想いを胸の奥に閉じ込めるしかなかった。他の誰かを好きになろうと、駄目な男と付き合っては泣かされる日々を繰り返す望。一方、そんな望にうんざりしながらも放ってはおけない俊一は、いつも望の世話を焼いてきた。しかし、そんなふたりの関係が変わるときがやってくる。俊一の知人・篠原が、望と付き合いたいと言ってきたのだ。それを後押しする俊一に、抗えず従う望だが…。


<あらすじ>
いつも駄目な男とばかり付き合い、傷ついては縋ってくる幼なじみの望。俊一は、そんな望のことを、愚かでかわいそうなヤツだと思っていた。そして、望の自分への恋情を知りながら、ずっと気づかないふりをし続けてもいた。だが、そんな望がある事件をきっかけに変わり、俊一に頼らなくなった。望の気持ちに応える気はないのに、いざ距離を置かれると苛立ってしまう俊一は、望を傷つけては、その気持ちがまだ自分にあることを確かめずにはいられず…。「愛はね、」から一年。俊一の出した結論は。


個人的には究極の地雷ネタだったので読むまでに時間がかかりましたが、読み始めたらとても興味深く読めました。
いいお話でした。
…でも、暴力は絶対に嫌だ。

続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

夜の乱入者:椹野道流


夜の乱入者 (リンクスロマンス)

夜の乱入者 (リンクスロマンス)

  • 作者: 椹野 道流
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 単行本



<あらすじ>
トラウマから他人と接することに怯える小説家の斎藤和は、ある夏の日、暑さにへばっていた黒猫を介抱した。以来通ってくるその猫・クロスケとのささやかな交流に安らぎを覚える和の前に、突如、猫耳尻尾付きの全裸男が現れる。自らをクロスケだと主張する彼は猫神様で、恩返しにきたという。仰天したまま押し倒され、気持ちいい恩返しをされてしまった和。ずっと傍にいると約束してくれたクロスケの温もりに包まれ、固く閉ざしていた心が癒されていき…。


ケモノは受けても攻めても美味しくいただけます!(`・ω・´)

続きを読む
posted by 棗 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BL(小説)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする