2013年05月11日

ハッピーボウルで会いましょう:名倉和希

ハッピーボウルで会いましょう (ディアプラス文庫)ハッピーボウルで会いましょう (ディアプラス文庫)
名倉 和希 夏目 イサク

新書館 2013-04-09
売り上げランキング : 51620

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


プロボウラーを目指す風斗(ふうと)は師匠からセクハラを受け、あわやというところで逃げてきた。
戻った地元で思い出のボウリング場が潰されそうだと聞き、不動産会社の責任者・仲條(なかじょう)に救済を直訴。
そこから仲條にボウリングを教えることになる。
顔を会わせるたび、仲條から「かわいい」と言われ、ドキドキしてしまう風斗。
師匠にされたキスは嫌だったけれど、仲條のキスはそうじゃなくて……?



ただでさえ可愛い話なのに、イサクさんのイラストがまたぴったりハマってて、たまらんです。
イサクさんの、赤面してるキャラのかわいいのなんのって(≧∀≦)

続きを読む
posted by 棗 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

愛に目覚めてこうなった:名倉和希

4778113934愛に目覚めてこうなった (ショコラ文庫)
名倉 和希 伊東 七つ生
心交社 2012-12-10

by G-Tools

<あらすじ>
小柄で働き者の「総務部の小人さん」倉知大紀は、同僚から変なミッションを仰せつかる。大紀の友人で男前すぎる営業マン・藤原時憲に女性社員が夢中で仕事に支障が出るから、彼女を作らせようというのだ。だが肝心の藤原は硬派で女嫌いで、なんと26歳の今も童貞だった。女性を紹介しても追い返してしまう藤原に、大紀は人肌の気持ちよさを語って説得しようとするが、藤原は「じゃあ試しにお前が手で扱いてくれ」と無茶な事を言い出し―。


残念すぎるイケメン・藤原(笑)


続きを読む
posted by 棗 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

素直じゃないにもほどがある:成宮ゆり



<あらすじ>
交通事故で偶然にも幼なじみの樋野と再会した花屋の雅。樋野は高校時代突然キスをしてきたが、それからずっと音信不通になっていた謎な男だった。後日、謝罪のために雅の店に現れた樋野は、結婚式のブーケ製作を依頼してくる。複雑な思いを感じつつ何でもないフリを装った雅だが、あることがきっかけで再び樋野からキスされ、目を背けていた恋心を自覚してしまう。思わせぶりな樋野の態度に切なさといらだちを募らせる雅は…?恋に素直じゃない2人の再会ラブ。


お久しぶりの成宮さん。
すごく楽しめました(*´д`*)
同級生の再会ものはツボるのだ。



続きを読む
posted by 棗 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

愛がない:成瀬かの


<あらすじ>
クリスマスイヴの夜、白井雅志は地味で気弱な同僚の槙野達哉に告白された。ゲイではない白井は当然拒否したが、数日後、酔い潰れた達哉を好奇心から抱いてしまう。だが最高のセックスの後、達哉は血だらけになっていた。罪悪感のあまりお付き合いを決意した白井だったが、従順な達哉をいじめ可愛がる事に次第にはまっていく。一方、白井に夢中だったはずの達哉は、なぜか冷めた態度を見せるようになり――。


最近、こういう身勝手な攻がでてくるBL多いなあ…。
というか、たまたまそういう話を読んでるだけなのかな?
こういう男は嫌いだと言いつつ、よく読んでる矛盾。

続きを読む
posted by 棗 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

優しくて切ない:名倉和希


<あらすじ>
御曹司でありながら平凡さゆえに親から期待されず疎まれている智樹は、同期入社の省吾に一目惚れし、付き合うことに。幸せな時間を過ごしていたが、省吾が女性と浮気をしているという噂を耳にする。確かめてみれば、あっさり認められた。どうしても別れたくない智樹は、浮気の一切から目を瞑り、「お前が一番だ」という言葉を信じて付き合い続ける。しかし省吾に転勤の辞令が下り、遠距離恋愛という不安定な状態の中、智樹にも見合い話が持ち上がり…。


攻の省吾があらすじ通りの男でしたが、他所様のブログで感想読んだりして心構えができてたから少しは冷静に読めたかなと。
でも、こいつは最低だと思う。

続きを読む
posted by 棗 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

はじまりは窓でした。:名倉和希



<あらすじ>
自分にも他人にも厳しく、部下から煙たがられている吉国(よしくに)。ある日、ワケあって自分の股間をチェックしていると、高層ビルなのに窓の外から視線を感じる。顔を上げたら、そこには窓拭きの清掃員・白柳(しろやなぎ)がぶら下がっていた――!! 口止めをするべく会社を調べて会いに行くが、彼は気持ちのいい青年で、一緒に食事をすることになり……? 窓拭き職人×エリートリーマン、働く男たちの年下攻ラブ!


35歳は、オッサンなのか。

続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

よくある話。:中原一也

中原 一也
幻冬舎コミックス
発売日:2009-03



<あらすじ>
冴えない中年オヤジの袴田俊樹は突然、元AV女優の妻に離婚を迫られる。その夜、バーで泥酔した袴田は、気づくと同じ会社の出世頭・池田優作と全裸で同衾していた。一夜の過ちで、モテる池田が自分に興味を持つわけがないと思っていたが「課長の色気にやられました」と熱烈に口説かれる。全く理解できないまま、押しが強くAVが大好きだという池田に流され、様々なプレイを楽しむ仲に。だが偶然、池田が袴田の別れた妻のファンだと知ってしまい―。
会社員×会社員モノ。


36歳は、オッサンなのか。
続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

不埒なボディガード:ななおあきら


ななお あきら
Amazonランキング:17209位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
なにがあっても、この人を護らなきゃ―とある人物から、ホストクラブ「Aquarium」のナンバーワン・桜庭の警護を依頼されたボディガードの旬。常に密着状態の生活の中で、旬は桜庭にHなことを仕掛けられ、彼のエロテクでカラダを開発されちゃって…!?密かに好きな人から施される快楽に燃え上がり、彼の瞳を覗いたら、そこにも熱が潜んでいるみたいで…。夜ごと深まる濃厚エロスラブ、オール書き下ろし。
ホスト×ボディガードモノ。

※ネタバレです・・・っていうか、あらすじがあらすじなので(笑)

ボディガード萌え♪傾向のある私に、ゆちゅ♪さんからオススメしていただいた、ななおあきらさんの「不埒なボディガード」。
なんて、ストレートなタイトル。
・・・でも、私、このタイトルとあらすじだったら、普通は買わない(笑)
それにしても、この話、看板に偽りありといいますか、JAR○に訴えたくなる、タイトルとあらすじですよね!
ってうか、これでこの本、絶対に損してる!!
ビープリ的には、そういうエロ路線で読者ゲットだぜ!なつもりなんだろうか・・・。
それ間違ってる〜、絶対。
中身は純情ボディガードのかわいらし〜い恋愛模様ですよ♪




続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

純情な恋人:成宮ゆり

純情な恋人
純情な恋人
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.28
成宮 ゆり〔著〕
角川書店 (2006.11)
ISBN : 404452002X
価格 : \520
通常24時間以内に発送します。



※ネタバレしてます、未読の方お気をつけください。

<あらすじ>
本気の恋愛なんてしないと断言する春樹は、別れ話のこじれから、恋人から監禁されそうに。どうにか逃げ出すことには成功したものの、降りだした雨に公園で雨宿りをすることに。
そこへ二匹のワンコがやってきて、その飼い主とおぼしき男までも現れる。
上総と名乗るその男は、どうやら春樹を知っているようで、誘われるままにその男の家へ転がり込む。
どうしても思い出せない上総のことが、気にはなるものの・・・。
証券マン×大学生モノ。


ここ最近の、一番の再読本(すでに帯がヨレた/笑)
前作、「野蛮な恋人」を読んだ時、絶対に春樹タイプの受は好きじゃないと思ってたのに(笑)
やられたー。


続きを読む
posted by 棗 at 21:50| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

野蛮な恋人:成宮ゆり

野蛮な恋人
野蛮な恋人
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.28
成宮 ゆり〔著〕
角川書店 (2006.6)
ISBN : 4044520011
価格 : \580
通常24時間以内に発送します。


<あらすじ>
大学一年の田島秋人は兄の春樹の住むマンションに居候することが決まり、引っ越してみると、見知らぬ男がいるだけで、肝心の春樹の姿がない。
別れ話がこじれたらしく、春樹が戻るまでの人質として、元・恋人だという木崎智也と同居するはめに。
キレイな顔をして恐ろしく凶暴で乱暴な智也と、どこまでもフツーな秋人。
ある日ふたりは酔った勢いで、身体の関係を持ってしまうのだった。
弟×兄の前カレ(攻)モノ。

私の中では、手に取りにくいレーベル、ルビー文庫。
・・・あの背表紙の色が、ハードルを高くしている気がします(笑)
そんなルビーの文庫の新人さんの作品なんですが、さすがにいつも巡回してる多くのブロガーさんたちの間で高評価だっただけあって、おもしろかったです〜。
そう思ってたら、来月続編出るんですね、「純情な恋人」。
・・・諸悪の根源というべきか、恩人というべきか(笑)あの、スーパーナチュラルな兄貴・春樹のお話ということで、楽しみです♪
雑誌Rubyの方に載ってるのも気になりますね、とりあえず祝(?)シリーズ化。

続きを読む
posted by 棗 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

KYOUHAN〜共犯〜:中原一也

KYOUHAN-共犯-
中原 一也著
二見書房 (2002.12)
ISBN : 457602194X
価格 : \580
通常2-3日以内に発送します。


<あらすじ>
店舗内装会社の営業課長の國武は、仕事で入ったラブホテルで、つい部下の北川を抱いてしまう。
しかし、その現場を同僚に見られてしまい、その証拠写真を盾に、脅迫されることに。
一夜の過ちだったはずの関係なのに、会えば求め合ってしまう二人。
でも、素直になれないまま、中途半端な関係を続けてしまう。
そんな時、脅迫者の裏に、危なげな組織があることに気付いた國武。
しかし、その頃北川はホテルの一室に監禁されてしまい・・・。
課長×部下モノ。


以前、「愛とバクダン」を読んだ時、つい叫んでしまいました。
國武課長が攻なのか?!と(笑)
それを検証すべく今回読んだ「KYOUHAN〜共犯〜」。
・・・やっぱり、奴はきちんと攻でした。
納得。


続きを読む
posted by 棗 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

愛とバクダン:中原一也

愛とバクダン
愛とバクダン
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.28
中原 一也著
二見書房 (2004.11)
ISBN : 4576041932
価格 : \600
通常2-3日以内に発送します。


<あらすじ>
刑事をやめ、探偵事務所を開いてる竜崎は、悪友・深見に頼まれ、彼の弟・謙二朗を雇うことに。
少年院上がりで、トラウマ持ちで男も女もダメ。そして、反則な程の美貌の持ち主の謙二朗に、深見の再三の忠告にもかかわらず、竜崎は欲望を感じてしまう。
いつまでたっても警戒心むき出しの謙二朗の態度に、苛立ちを隠せない竜崎だったが、ある日、謙二朗の前に少年院時代の男が現れて・・・。
探偵×助手モノ。


今回、初読みの中原一也さんは、「美鳥の日記」の美鳥さんのレビューを読んで、ずっと気になってた作品「愛とバクダン」です。
もちろん、言葉攻めの部分が(笑)
しかも、人生の酸いも甘いも知り尽くしたオッサン(34歳をオッサンということに激しく抵抗を感じるんですけど・・・)による、言葉攻めって、どうよ?!みたいな(笑)
しかも、一回りも年下の子に、あーんなことや、こーんなことを。
竜崎さん、好きな子いじめも、ほどほどに(笑)


続きを読む
posted by 棗 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする