2017年05月18日

恋にいちばん近い島:川琴ゆい華

4403524273恋にいちばん近い島 (ディアプラス文庫)
川琴 ゆい華 小椋 ムク
新書館 2017-05-10

by G-Tools

全財産を騙し取られた翠が、人生をリセットするために選んだのは南の島の寮監兼料理人という仕事だった。なのに赴任した先で、大好きだった初めての彼・ムギと再会。過去に失敗した相手だけど相変わらずかっこよくて優しいムギに、まだ翠の心に残る恋の導火線に火がついてしまう。そんななか、島の固有種の密売事件が起き…?動物たちがかわいくて、空と海が綺麗な癒しの場所で育まれる、アイランド・ロマンス。



はじめて読む作家さんでしたが、なんとなく気になって手に取った本です。
そしたら自分好みのかわいいお話で満足でした。



続きを読む
posted by 棗 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

カップ一杯の愛で:可南さらさ

4403523749カップ一杯の愛で (ディアプラス文庫)
可南 さらさ カワイ チハル
新書館 2015-04-09

by G-Tools

腕はいいのに口が悪く、度々客を怒らせてしまう美容師の夏生。その日も失敗し、知らずに入ったゲイバーでヤケ酒を飲んでいたところ薬を盛られてしまう。犯人は蹴り倒したものの気を失った夏生は、翻訳家の山沖に助けられる。山沖もゲイだと知り警戒する夏生に対し、山沖はあくまで穏やかで紳士的だった。だが薬のせいで自由の利かない体の熱を、山沖に鎮めてもらうことになり…?年の差スイート・ロマンス。



1年くらい前の雑誌掲載時から、テンション高く盛り上がってたこの作品、ようやく文庫化!
書き下ろしも読めて、もう大満足。

続きを読む
posted by 棗 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

恋襲ね:小林典雅

459285103X恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)
小林 典雅 円陣 闇丸
白泉社 2013-04-19

by G-Tools

友である麻谷冬野を想いながらも、殿の寵童となることを余儀なくされた叶鮎之介。殿の側用人高辻直方に閨房術を指南され、決死の思いで殿の閨に侍るが、内実、寵童とは名ばかりのただの淫具にすぎなかった。そこへさらなる悲劇が襲いかかり、懸命に耐え忍んでいた鮎之介の心が折れかける。とその時、直方が思いもかけぬ告白をしてきて…。お道具調教、擬似プレイ、攻一人×受二人の3P(百合プレイつき)、正統派H、お仕置きソフトSM、攻二人×受一人の本命3P(二輪挿し)―。小林作品他に類を見ない官能度。男たちの純粋で糜爛な恋。


小林作品他に類を見ない官能度。
小林作品他に類を見ない官能度。
(大事なことなので、二度言いました)


続きを読む
posted by 棗 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

COLDシリーズ1〜3:木原音瀬

COLD SLEEP (新装版) (ビーボーイノベルズ)COLD LIGHT (新装版) (ビーボーイノベルズ)COLD FEVER (新装版) (ビーボーイノベルズ)
「COLD SLEEP」「COLD LIGHT」「COLD FEVER」
事故で記憶をなくした高久透は、友達だと名乗る年上の男・藤島に引き取られる。藤島は極端に無口なうえ、透の「過去」を何ひとつ教えてくれず、透はどこにも居場所がないような寂しさを募らせる。しかし藤島とともに暮らすうち、彼の中に不器用な優しさを見いだして―。過去と現在が複雑に絡み合うあの超話題作の新装版がいよいよ登場!ショート番外編書き下ろし。



どうしてもフェアでもらえる小冊子が欲しかったので買ったはいいが、積みに積んでたこの本…。
ようやく日の目を見た!


続きを読む
posted by 棗 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

リバーズエンド:木原音瀬

4883864138リバーズエンド (Holly NOVELS)
木原 音瀬 小椋 ムク
蒼竜社 2012-09-26

by G-Tools


キャッスルマンゴー (マーブルコミックス)キャッスルマンゴー2 (マーブルコミックス)
十亀にとって高校も友達もどうでもよくて、父親がつくった借金の返済に追われ、バイトをしながら姉弟と一日をなんとか食べて生きること、それがすべてだった。そんな時、ふとしたきっかけから同じクラスの二宮と口を利くようになり、彼の明るさに十亀の心は少しずつ癒されていく。しかし、二宮にほのかな想いを感じはじめた矢先、哀しい運命が十七歳の十亀を待ちかまえていた―。表題作に加え、大人に成長した十亀が優しい恋人・万と出会い、映画監督への道を歩み始めた「今」の葛藤を描いた書き下ろしを収録。




雑誌の付録だったリバーズエンドを読んだ時の衝撃を私は忘れない…。

続きを読む
posted by 棗 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

左隣にいるひと:可南さらさ

4199006699左隣にいるひと (キャラ文庫)
可南さらさ 木下けい子
徳間書店 2012-06-27

by G-Tools

夏休みに帰省した江沢を出迎えたのは、五年前にケンカ別れした親友だった。高校時代、振り返るとそこにいて優しく笑っていた生方。誰に告白されても「ごめんね」と困ったように微笑んで、最後は必ず江沢の左隣に戻ってくる―そんな関係に戻れるかと思ったのに、昔のままの笑顔で「あの頃も今も江沢が好きだよ」と告白されて!?左隣の特等席は永遠に君のもの―友情が恋へ育つ軌跡。



いっそリバでよかったのに…!

続きを読む
posted by 棗 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

漫画家が恋する理由:金坂理衣子

4403523447漫画家が恋する理由 (ディアプラス文庫)
金坂 理衣子 街子 マドカ
新書館 2014-01-09

by G-Tools

光希はアシスタント先の漫画家、大沢孝史に密かに恋心を寄せていた。けれど孝史は超のつく女好き。だから生活力0の彼の世話をできるだけで幸せだと思っていたのに、ある日うっかり告白してふられてしまう。すぐには諦められず、気持ちを整理しつつ仕事を続けていた光希だが、人気漫画家の茜真琴が実はゲイで、光希に興味を持っているので会ってほしいと頼まれ…?女好き漫画家×ダメ好きアシスタントの恋。



雑誌で読んですごく好きだった作品がようやく文庫化!
書き下ろしが、主役の二人の話なのか、妙に気になってた例のあの二人なのかわくわくしてました。


続きを読む
posted by 棗 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

藍苺畑でつかまえて:小林典雅

4403523269藍苺(ランメイ)畑でつかまえて (ディアプラス文庫)
小林 典雅 夏目 イサク
新書館 2013-06-08

by G-Tools

『綾織村に中国からお嫁さんを迎えよう』村を挙げての婚活プロジェクトに渋々参加することになった信。とはいえまだ25歳、結婚する気はない。一方、姉代わりの友人の付き添いで、プチ女装で渋々参加した夏雨(23歳・男)。もちろん結婚する気はない。そんな二人は、顔合わせ初日から言葉も通じないのに大喧嘩。だがなぜか、夏雨がホームステイ先に信の家を選び…!?藍苺香る農村で育む、摘みたてラブ。



小林典雅史上最高に可愛い話だった!

続きを読む
posted by 棗 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

ドMとドSと、ときどきウサギ:夏乃穂足

ドMとドSと、ときどきウサギ (角川ルビー文庫)ドMとドSと、ときどきウサギ (角川ルビー文庫)
夏乃 穂足 麻々原 絵里依

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-10-31
売り上げランキング : 64687

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

鬼上司の異名を持つ久住の部署に異動となった希一は、出張先で彼の思わぬ秘密を知る。それは久住が「極度のウサギのぬいぐるみフェチ」ということ!さらに久住をゲイと勘違いして無理矢理襲ってしまった希一は、代償として久住の父が家に滞在している間、大量のぬいぐるみを預かるハメに。普段はドSな久住が、ぬいぐるみを抱き締めて眠る無防備な姿に思わずムラッときて、ついおかずに一人Hをしてしまう希一。その上、会社では久住に虐げられることが快感になってきて。



タイトルにSとMの文字があって、ちょっと読むのを悩んでた本。
ですが、内容は随分かわいいラブコメ仕様でした!
続きを読む
posted by 棗 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

不埒なおとこのこ:栗城偲

4829625473不埒なおとこのこ (プラチナ文庫)
栗城 偲 鈴倉 温
プランタン出版 2013-02-12

by G-Tools

<あらすじ>
官能小説編集者の鈴浦は、ホテルで目覚めて愕然とした。全裸であらぬところが痛い、そして隣には年下の小説家・柊が寝てる!?彼の背中に縋って揺すぶられた記憶に蓋をして、なかったことにしたい鈴浦だったが、その素っ気ない態度にしょんぼりする柊に罪悪感が募る。おまけに無邪気なのか確信犯なのか分からない意味深な彼の言動に翻弄され、不覚にもときめいてしまい…。


見る角度によって、人とはいろんな顔をみせる生き物だ。
ということをとても興味深く読めたお話でした。



※いろいろ書いてます。
続きを読む
posted by 棗 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

君との願い:神江真凪

4576121537君との願い (二見書房 シャレード文庫)
神江 真凪 鈴倉 温
二見書房 2012-11-26

by G-Tools

<あらすじ>
もし穂積と付き合えたなら、けして手離さない。そう思っていたのに――大学生の律は一回り年上のバーの店長・穂積と付き合っている。一目見た瞬間恋に落ち脇目も振らずひたすら追いかけ、ようやく手に入れた恋人という立場。しかしある日、穂積の友人・奏也が彼の部屋に転がり込んでくる。
複雑な思いを抱えつつ平気なふりをしていた律だが、二人の親密な様子はやがて律の不安を色濃くさせてゆき……。


「夏からはじまる」とリンクしてたのか…。
高校生カップルだったから未読なんだけど、読んでみようかな。

続きを読む
posted by 棗 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

裏を返せば…! :栗城偲

4829625341裏を返せば…! (プラチナ文庫)
栗城 偲 梨 とりこ
フランス書院 2012-07-10

by G-Tools

<あらすじ>
塾の事務員である南雲は、鬼軍曹と渾名される数学講師の本郷が苦手だ。本郷は授業中以外は優したのだが、南雲にだけはいつもあたりが強いのだ。けれど男に殴られていた本郷を助けたところ、彼に自分はゲイで南雲のことが好きだと、驚くべき告白をされた。おまけにMで、つれなくされるのが嬉しかったらしい。てっきりドSだと思っていた彼に「しつけてください」と言われても…。


何度言ったかわからないんですが、私はSM苦手です…。
という私がこの本を読んでSとMについてぼんやり考えた。
続きを読む
posted by 棗 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

パラスティック・ソウル はじまりの章・おわりの章:木原音瀬



<あらすじ>
舞台は近未来、国と国境制度が廃止され、犬耳・犬尻尾を持つ人類が誕生した世界。
とある天才科学者の作った願いの叶う薬から始まる、五つの“愛”の物語──。

【収録作品】
プロローグ
  とある科学者の葬儀に招かれた四人は“願いの叶う薬”をもらう。

第1話《fake lovers》
  「君の気持ちは偽物だから」──ジョエルは、
  結婚式をすっぽかした恋人に意外な告白をされる。

第2話《dear brother》
  芭亜斗は父の遺産の在り処を聞き出すため、
  兄・祁壜の遺体を掘り起こして“薬”を飲ませるが??。

第3話《eternal friend》
  五歳児前後の知能しか持たない少年ニコラスと、
  人間並みの知能を持つ老犬ジョンはいつも一緒だった。

書き下ろし《eternal friend and more……》
  第3話《eternal friend》後日談ショート。

第4話《Girl and Dog》
 両親を殺されホープタウンに逃げ込んだ少女ミアは、
 フェードアウトしたハイビルアの男、スタンリーを拾う。

第5話《god child》
 兄の祁壜(ケビン)を生き返らせるため“薬”が欲しい芭亜斗(バート)は、
 執拗にライヴァンの屋敷を訪れるが――。

第6話《parastic soul》(書き下ろし)
 芭亜斗とライヴァン、これが二人の幸せの形――。
 シリーズ、感動の完結篇。



木原さんだからということでなかなか先が読み進められなかった本。



続きを読む
posted by 棗 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

伯爵夫人の魔法の靴:かわい有美子


<あらすじ>
英国王室御用達の高級百貨店に買収された老舗デパートに勤める笹野は、爽やかな笑顔とスマートな物腰の外商部販売員。ある日、日本支社長として来日したラッカムとの懇談会に、通訳として出席することになった。有能でおまけに次期子爵というラッカムに気後れしていた笹野だったが、すぐにその端整な容貌と穏やかな人柄に魅了される。けれど支社長と平社員。あまりにスケールが違いすぎて会話する機会すら二度と訪れないだろう―そう思っていた笹野の元に突然ラッカムが現れて…。


ムービックの撤退がとても悲しい…。

続きを読む
posted by 棗 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

蛍火:栗城偲


<あらすじ>
大学教授の宮地洸一と小説家の塚原千里は、学生時代から連れ添って二十年の「恋人」。しかし、ここ数年は一緒に暮らしながらもセックスどころかまともな会話もない日々。ある日、些細な諍いから洸一は煙草と財布だけを手に家を飛び出し北へ…。一方、千里は独り残された部屋で互いを想い合っていた頃を思い出す。かつてはあんなに愛しく想い、添いとげようと決めた相手だったのに…。二十年の歳月を経て、凍りかけた想いに再び火が灯る―。不器用な男たちのラブ・クロニクル。


物語のその後、のお話。
BLではわりと珍しいかも、と思いながら読みました。
続きを読む
posted by 棗 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

執事と画学生、ときどき令嬢:小林典雅


<あらすじ>
素顔は明朗快活、そして若干粗忽な画学生。
けれど駆け落ちして失踪中の男爵令嬢と瓜二つだったことから、
女装して身代わりを務める羽目になった来智(らいち)。
一週間後に控えた夏見侯爵とのお見合いまでに立派な令嬢になりきるべく、
執事の竹之内の鬼のしごきに日々耐えるうち、厳しい中にふいに見せる彼の優しさが気になり始め……?

没落侯爵・音彦と箱入り御曹司・湊(みなと)の恋も収録。





BL的王道設定なのに、そこはやはり小林典雅だった。

続きを読む
posted by 棗 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

君の隣で見えるもの:栗城偲


<あらすじ>
とある事情で高校を停学になった郁斗は、一足早く迎えた夏休みをひとり母の実家へ送り込まれることになった。電車は少なくコンビニは遠く、訛りのきつい言葉が飛び交う東北の田舎町は、郁斗にとって心細くよるべなき場所。そこで郁斗をあたたかく迎えてくれたのは、一つ年下の広大だった。長身の頼れる男に成長していた従弟に、郁斗はだんだん惹かれていくが…?優しく切ない、青春エモーショナル・ロマンス。


ビバ、年下攻め!

続きを読む
posted by 棗 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

今日も明日も会いたくて:栗城偲


<あらすじ>
ああ、可愛い俺の嫁……。たまらん、抱きしめたい!
弁当店の浅緋は、お客の黒崎が気になる。背も高く格好いいのになんだか挙動不審で、そのギャップが可愛く思えてしまうのだ。ある日、思いがけず黒崎への想いを自覚した浅緋は、彼がゲイで恋人でなくても体を重ねると知り、つい「俺でもいいじゃん」と誘ってしまう。なのに羞恥と混乱で泣き、逃げ出してしまった。傷ついたような黒崎の表情に、どうしていいか分からなくて……。


ミスター味○子?

続きを読む
posted by 棗 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

恋愛モジュール:栗城偲


<あらすじ>
人付き合いが苦手なプログラミング・オタクの島垣は、ソフトウェア会社に勤めている。一日中パソコンに向かっていられたら幸せなのに、新規プロジェクトのリーダーになってしまった。新しく職場にやってきたSEの藤森は、王子様のような年下のイケメン。明るく人懐こいその男と上手くやっていく自信が島垣にはなかった。だが、一人デスマーチの末に島垣が倒れたことから、二人は急接近し…?IT業界ラブ。


栗城さんがひっそりブーム(笑)

続きを読む
posted by 棗 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

スイート×リスイート:栗城偲


<あらすじ>
小学生の頃に起きた事件がもとで、甘いものと大柄な男が苦手な大学生の瑞希。そんな瑞希がある日、友人に無理矢理付き合わされた人気パティスリーで、初恋の人「ごうくん」こと矢波と再会する。可愛かったはずの六つ年上の幼馴染みは、なんと男らしい長身のパティシエになっていたのだ。しかもそれ以来、矢波は手作りのスイーツを土産にたびたび瑞希の家を訪れるようになり…。


栗城さんの作品を読むのは、これで2作目かな?
まだどういうカラーの作家さんかわかってないのですが、この作品は実にディアプラスのカラーな感じで、好みでした♪
かわいくって甘い!
他の作品ももっと読んでみよ〜っと(≧∀≦)


続きを読む
posted by 棗 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする