2018年02月18日

バースデー:安西リカ

440352446Xバースデー (ディアプラス文庫)
安西 リカ みずかね りょう
新書館 2018-02-10

by G-Tools

深夜三時に起きて朝刊を配達し、古いアパートに帰って少し眠り、鉢植えの世話をする。友人も作らずもう六年、百合原(ゆりはら)はこんな毎日を続けていた。あるとき集金先のマンションで、越してきたばかりの滝本(たきもと)という男と出会う。滝本は百合原の顔を見た途端、言葉をなくすほど驚いていた。実は百合原はかつて事件を起こし、その間の意識がない。そして滝本には十年前に姿を消した忘れらない恋人がいたようなのだが……?




表紙が美しい…!

続きを読む
posted by 棗 at 17:21| Comment(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

恋みたいな、愛みたいな 〜好きで、好きで2〜:安西リカ

4403524257恋みたいな、愛みたいな ~好きで、好きで (2)~ (ディアプラス文庫)
安西 リカ 木下 けい子
新書館 2017-04-10

by G-Tools

志方と同居を始めて九ヵ月。
共通の友人が家に遊びにくることも増え、多忙ながらも穏やかな日々を送っていた穂木。
ようやく迎えた年末年始の休暇中、ある事情で姉の息子の三歳児、柊を預かることになる。
初対面ではその強面に大泣きしたもののすぐに志方になついた柊を見て、志方が子ども好きだったことを思い出す。
するとまた心の奥にしまったはずの不安が頭をもたげてきて……?



好きな作品に出会うと、続編あったらいいのに!と思う方なので、今回はすごく嬉しかったです。

続きを読む
posted by 棗 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

恋の傷あと:安西リカ

4403524087恋の傷あと (ディアプラス文庫)
安西 リカ 高久 尚子
新書館 2016-08-10

by G-Tools

同棲していた恋人・恭平に逃げられた未知也のもとに、恭平が原因で妻と離婚したという強面の男・橋口が乗り込んできて……?書き下ろし作品!



文庫書き下ろしだったので、すごく楽しみにしてました。

続きを読む
posted by 棗 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

何度でもリフレイン:安西リカ

4403523714何度でもリフレイン (ディアプラス文庫)
安西 リカ 小椋 ムク
新書館 2015-02-07

by G-Tools

ずっと忘れられずにいた大学時代の恋人・佳史と、仕事先で再会した真下。十年経ち、彼は大企業の役員となっていた。別れの前後の記憶が辛すぎて、必要以上の関わりを避けたい真下に対し、佳史は昔と変わらぬ情熱を向けてくる。世間知らずで甘えたがりだった佳史も、今やすっかり仕事のできる大人の男。それを眩しく思うと同時に気後れを感じる真下は「友達でよければ」と佳史との付き合いを受け入れるけど…?



あれ?ディアプラス文庫って、背表紙にイラストが入ってましたっけ?


続きを読む
posted by 棗 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

強面の純情と腹黒の初恋:海野幸

4576140507強面の純情と腹黒の初恋 (二見書房 シャレード文庫)
海野 幸 木下 けい子
二見書房 2014-04-24

by G-Tools

高校で数学教師をしている双葉は素の状態が剣呑で誤解されやすいタイプ。そんな双葉の下に副担任として梓馬がやってくる。双葉と真逆の、爽やかで人好きするタイプの梓馬はたちまち生徒たちの人気者になるも、他愛ない日常のやり取りで双葉との距離も縮めていく。酔った勢いでキスされたことも影響し、梓馬のことばかり考え挙動不審になってしまう双葉だったが、ある日梓馬の正体―自覚のない素人を開眼させるのが趣味の生粋のゲイ―を知ってしまい…。


ちょっと前にコミコミさんに買い出しに行って、ここぞとばかりにペーパーとかSS付きの本をたくさん買ったわけなんですが、意気揚々と出した図書カードが全然足りなくてちょっとぎょっとした…。
普段ネットで買うからあんまり本の値段わかってない。
しかし、ホントに特典付きの本しか買わなくて、店員さんには大変な思いをさせてしまいました…。
ペーパーにポストカードに特製小冊子に…いろいろ。
おかげで、この本もSSまで楽しめた!
ちょーにやにやできるお話でよかった。
続きを読む
posted by 棗 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

好きで、好きで:安西リカ

4403523617好きで、好きで (ディアプラス文庫)
安西 リカ 木下 けい子
新書館 2014-08-09

by G-Tools

付き合って十年になる恋人の志方のことが、今でも好きでたまらない穂木。高校卒業間際、親友だった志方に玉砕覚悟で告白した。思いがけず受け入れられ、それからずっとそばにいる。けれど志方は将来有望なエリート銀行員、自分は一介の編集者。実は外国研修の話を志方が断っていたことを知った穂木は、自分が彼の出世を妨げているのではないかと悩み始め…?胸を打つ、センチメンタル・ラブストーリー。



特典ペーパー付き購入できたので、そっちもじっくり楽しみました〜。

続きを読む
posted by 棗 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

この味覚えてる?:海野幸

457612093Xこの味覚えてる? (二見書房 シャレード文庫)
海野 幸 高久 尚子
二見書房 2012-07-24

by G-Tools


パティシエの陽太と和菓子職人の喜代治は幼馴染み。ところが高校三年の冬、些細な喧嘩が元で犬猿の仲になり早五年。地元商店街活性化のため目玉スイーツの制作を依頼された陽太は、なんとあの喜代治と共同制作をすることに…。前途多難かと多いきや、共に過ごせば今まで疎遠になっていたのが不思議なほどしっくりくる喜代治の隣。しかし、わだかまりも解け以前のような親友関係に戻った矢先、陽太は一番認めたくない己の想いに気づいてしまい―。



和菓子と洋菓子、甲乙つけがたいです。
甘いものは幸せな気分になれますよね〜。
だからスイーツのでてくるお話ってやっぱりかわいくってすごくいい。
続きを読む
posted by 棗 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

イエスタデイをかぞえて:綾ちはる

4778115074イエスタデイをかぞえて (ショコラ文庫)
綾 ちはる 黒沢 要
心交社 2013-08-10

by G-Tools

『三島冬至様、お迎えに上がりました』突然目の前に現れた二人組の死神にそう告げられ、大学生の冬至は自分が死んだことを知る。最後に一つだけ願いを叶えてくれるという死神の言葉に冬至が選んだのは、死ぬまでの人生のやり直しだった。自分が居なくなった後の、恋人・椿武彦の苦しみを想像すると辛い。恋人にならないよう、出会った頃の記憶を頼りに再び人生を送る冬至だったが、己の取る行動が尽く裏目に出てしまい―。




あらすじといいタイトルといい表紙といい、なんかこう気になるものがあったんですが、先日お会いしたおともだちにお薦めされたので、早速買って読んでみました。

続きを読む
posted by 棗 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

不誠実でわがままで:明日香登美

4829625570不誠実でわがままで (プラチナ文庫)
明日香 登美 乃一 ミクロ
プランタン出版 2013-07-12

by G-Tools

天才肌ながら、奔放で無遠慮な物言いをする久坂。そんな彼の下、研修医の目賀田は「こぶたちゃん」と呼ばれ、意地悪にからかわれては振り回されていた。だが目賀田は、久坂の才能を尊敬している。密かに恋してもいたが、地味で不細工な自分が彼に相手にされる訳がないと諦めていた。なのに、その気持ちを弄ぶように「気まぐれだけど抱いてあげる」と、ちょっかいを出され…。



言わなくてもいい事実を言ってしまう正直さと、黙ってて腹の中で何考えてるんだかわかんないのと、どっちがいいんだろう…。


続きを読む
posted by 棗 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

リアルリーマンライフ:今城けい

4576120522リアルリーマンライフ (二見シャレード文庫)
今城 けい 金 ひかる
二見書房 2012-04-24

by G-Tools

万代精機株式会社で開発を担当する瀬戸は営業部の同期・益原と得意先のクレーム処理に当たることに。社交的でそつのない営業手腕を持つ益原に、根っから理系人間の瀬戸は苦手意識を感じる。ところが瀬戸が唯一の恋人といえる存在だった充輝と再会し、再び交際を迫られていると知った益原は、なぜか瀬戸を自宅へ強制的に保護し、恋人宣言してしまう。暫定処置と知りつつも、より真実味を出すためにと妻のように世話を焼き、惜しげもなくフェロモン満ち溢れる身体を差し出してくる益原に、瀬戸は挑発されて―。



工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工


続きを読む
posted by 棗 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

挑発の熱い夜:今城けい

4041003598挑発の熱い夜 (角川ルビー文庫)
今城 けい 麻々原 絵里依
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-30

by G-Tools

親友の駆け落ちを手助けするため、行方を尋ねにきた親友の兄・是永を、時間稼ぎの長距離ドライブに連れ出した海里。良家の育ちで厳格な是永と自由恋愛主義な海里は、相性最悪。苛立った海里は、嫌がらせで是永に誘惑を仕掛け、強引に足止めを図る。けれど海里の挑発に乗った是永に、逆に喘がされてしまった。「もっときみのことを知りたい」。Hの後、予想外の告白をされて、遊びと割り切って関係を承諾した海里。けれど是永は、想像以上に海里に本気で…。大人な恋の駆け引き。



攻はむっつりスケベでお願いします!(`・ω・´)


続きを読む
posted by 棗 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

草食むイキモノ 肉喰うケモノ:今城けい

4576121405草食むイキモノ 肉喰うケモノ (二見書房 シャレード文庫)
今城 けい 梨 とりこ
二見書房 2012-10-24

by G-Tools

家族を失い叔父に引き取られるも、身の危険を感じ中卒で独り立ちした幸弥。同じ工場に勤める組立一課班長の関目は、頼れる兄貴分のように幸弥のことを気にかけてくれている。そんな幸弥の目下の悩みは工務部長・大谷のセクハラ。エスカレートするそれに気づいた関目は同僚の千林の協力のもと、幸弥の部屋に泊まり込むことに。幸弥の質素でつつましい暮らしぶりや小動物のようなたたずまいに、十代はヤンチャで鳴らした関目の庇護欲は次第に捕食欲とないまぜに―。


この度はじめて読みました、今城けいさん。
以前から気にはなっていたんですが、もう表紙のこの黒ヒョウとウサちゃんのかわいらしさと言ったら、たまらんです、だから手に取りましたよ!
でもその可愛さだけじゃなくて、作業着系のお仕事BLの楽しさもあって、非常によかったです。
今城さんは今後要チェックの作家さんになりそうです〜。

続きを読む
posted by 棗 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

月神の愛でる花:朝霞月子

434482640X月神の愛でる花 (リンクスロマンス)
朝霞 月子 千川 夏味
幻冬舎 2012-10-31

by G-Tools

<あらすじ>
見知らぬ異世界へトリップしてしまった純情な高校生の佐保は、若き皇帝レグレシティスの治めるサークィン皇国の裁縫店でつつましくも懸命に働いていた。あるとき、城におつかいに行った佐保は、暴漢に襲われ意識を失ってしまう。目覚めた佐保は、暴漢であったサラエ国の護衛官たちに、行方不明になった皇帝の嫁候補である「姫」の代わりをしてほしいと懇願される。押し切られた佐保は、皇帝の後宮で「姫」として暮らすことになるが…。


あらすじからものすごくファンタジーテイストの強いお話かなと思ってたんですが、なんとも可愛いお話でした(*´д`*)


続きを読む
posted by 棗 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

花宵坂に恋が舞う:絢谷りつこ


<あらすじ>
時に激しく時に切なく、義太夫節(ぎだゆうぶし)を語る篤也(あつや)。
その声を聞くと、直規(なおき)は胸を締めつけられる心地がする──。
若手人形遣いの直規は、篤也の師匠・勘大夫(かんたゆう)のもとに、 ある事情から一時的に身を寄せることになった。
篤也とも一緒に暮らせば、彼の声に緊張しなくなるかも、と思う直規だったが、 桜舞う相合坂(あいあいざか)を二人で降りた夜、 胸のドキドキの正体に気付いてしまい……?

文楽の世界ではんなり花開く、浪花の恋のものがたり


BLで伝統芸能の世界が舞台になったものはいくつか読んだことありますが、文楽の世界ははじめてかも。

続きを読む
posted by 棗 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

初恋ドレッサージュ:いつき朔夜


<あらすじ>
大学の馬術部に所属する耕太(こうた)が出会ったのは、学外の乗馬クラブに通う若宮(わかみや)。
大病院の息子である彼は金持ちで意地悪で傲慢だったが、耕太には親切だった。
部の馬を一頭処分しなければならなくなった時、彼が買い上げて馬の命を救ってもくれた。
そんな若宮に憧れ始めた時、彼の幼馴染みの登場に住む世界の違いを思い知らされる。
なのに、その若宮から耕太はキスをされてしまい……?



個人的に、いつき朔夜さんのお馬さんの出てくる作品はツボる(`・ω・´)


続きを読む
posted by 棗 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

春、君を想う:小川いら


<あらすじ>
父親のDVが原因で大学進学を諦め、カフェでバイトしている沙智。ある日、深酒した父親に怪我をさせられた沙智は、バイト先の先輩・尚が恋人と同棲しているマンションに匿ってもらうことに。そこで出会ったのは尚の恋人で賢吾というエリートサラリーマン。一見無愛想な賢吾に沙智はつい構えてしまうが、尚が仕事でいない夜に突然賢吾にキスされてしまい―。


相手をどんなに好きでも、同じように相手が想いを返してくれる、とはかぎらない…。


続きを読む
posted by 棗 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

スパイシー・ショコラ 〜プリティ・ベイビィズ〜:岩本薫



<あらすじ>
母親に捨てられた彼方は、教会内の養護施設でひとつ年上の亨や秋守らと兄弟のように育った。ずっと亨に片思いをしていたが、彼は秋守と結ばれてしまう。深く傷ついた彼方は少しでも気分を変えようとパリへ旅立つ。誰も自分を知らない街で、ある秘密の憂さ晴らしをしていた彼方は、ひょんなことから有名ショコラティエであるパトリックに貸しを作ってしまい―?パリを舞台におくる、セミスウィート・ロマンス。


彼方は、漠然と女王様系だと思ってた。


続きを読む
posted by 棗 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

臆病なサボテン:安曇ひかる


<あらすじ>
審査部に異動したばかりの銀行員・貴逵遼平は、無愛想な上司・柏邑紘人が苦手だった。部署全体が殺伐となるほど柏邑は人に冷たくあたるのだ。だが休日に犬を散歩させる柏邑の笑顔を見てしまった遼平は、やがて彼が癒えない傷を抱えたまま息を殺すように生きてきたことを知る。そんなとき、融資先との取引に不審な点があることに遼平は気づき…。


新年最初に読んだ本は、初読み作家さんでした。
金さんのイラストだし(←コレ大事)、あらすじもなんだかおもしろそうだし、タイトルも気になるし…。
という状態で悩んでたんですが、他所様のブログで取り上げられていて、なかなかよさそうな感触だったので読んでみたんですが、これがなかなかツボに来ました。
そんなわけで只今、絶賛安曇ひかるさん祭り中(笑)

続きを読む
posted by 棗 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

理系の恋文教室:海野幸


<あらすじ>
容姿端麗・成績優秀。学内のあらゆる研究室から引く手あまたの伊瀬君が、なんの間違いか我が春井研究室、別名・落ちこぼれの避難所にやってきた。おかげで雑用にもたつく私は伊瀬君に叱り飛ばされ、怯える日々を過ごしている。
しかしある日、彼が恋文を書いているのを偶然知ってしまった私は、その奇抜な文章につい突っ込みを入れてしまったのだ。
怖いはずの伊瀬君の初めて見た真剣な顔…。
「教えてください、春井先生」そう言われた私は、うっかり頷いてしまい――。

「NOW HERE」に引き続き、こちらの作品。
…おっさんスキーと思われてるに違いない(笑)


続きを読む
posted by 棗 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

溺れる人魚:いつき朔夜


溺れる人魚 (ディアプラス文庫)

溺れる人魚 (ディアプラス文庫)

  • 作者: いつき 朔夜
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2010/08/10
  • メディア: 文庫



<あらすじ>
足を痛めた水泳選手の眞生は、長期的に練習を休みスイミングクラブでバイトをしている。
眞生のバイト先のプールに現れたのは、派手な見かけで、優雅な古式泳法をつかう桂だった。
プロの鍼灸師でもある遊び人・桂の手管に知らずに落ちた眞生は、彼に惹かれていくが……?

タラシ鍼灸師×純情スイマー、恋のドラスティック・トリートメント!


ホンモノの人魚が出てくる話しなんだろうなあと思ってました(笑)



ちょっと、本の感想とはずれちゃうかも…。

続きを読む
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする