2016年12月17日

フェア・プレイ:ジョシュ・ラニヨン

440356030Xフェア・プレイ (モノクローム・ロマンス文庫)
ジョシュ・ラニョン 草間 さかえ
新書館 2016-12-14

by G-Tools

FBIの元同僚で恋人のタッカーと過ごしていたエリオットは、深夜実家焼失の知らせで叩き起こされた。火事は放火だった。父・ローランドには回顧録の出版をやめろという脅迫が来ていたという。エリオットはローランドを家に避難させるが、散歩中をクロスボウで狙われる―。タッカーは珍しく携帯の電源を切り、家に帰ってこなかった。彼は何かを隠している…。待望の「フェア・ゲーム」続編!!



雑誌のモノクロームロマンスもラニヨンさん!
嬉しすぎるよ。
でも原書がわからんので困ってる…。

続きを読む

2015年12月26日

雪の天使 Icecapade:ジョシュ・ラニヨン

B0194L37T6雪の天使 Icecapade (モノクローム・ロマンス文庫)
ジョシュ・ラニヨン 金ひかる
新書館 2015-12-17

by G-Tools

宝石泥棒のノエルを追い続けるFBI捜査官、カフェ。ふたりは10年前、ベッドを共にした夜があった。その後毎年大晦日にノエルはカフェに電話をかける。けして相手が出る事はない事を知りながら――。



これ読んでなかったら、ここまでM/Mにはハマってなかったはずと言い切れる、記念すべき作品。
電子化されたので改めて。

続きを読む

2015年12月15日

瞑き流れ アドリアン・イングリッシュ5:ジョシュ・ラニヨン

4403560237瞑き流れ~アドリアン・イングリッシュ5~ (モノクローム・ロマンス文庫)
ジョシュ・ラニヨン 草間 さかえ
新書館 2015-12-09

by G-Tools

撃たれた左肩と心臓の手術を終えて「クローク&ダガー」に戻ってきたアドリアンはジェイクとの関係をどうしたらいいか迷っていた。次第に体調も回復してきたある日、改築していた店の同じ建物から古い死体が発見される。それは50年前に失踪したジャズミュージシャンの変わり果てた姿だった。アドリアンはジェイクと調査を開始。カミングアウトし、市警を辞職したジェイクは、探偵の仕事を始めていたのだ。電話一本でジェイクが駆けつけてくれる事に、予期せぬ感情が揺さぶられるアドリアン。かけがえのないお互いの存在を確信しながら、ふたりは半世紀前の謎に挑む―。M/Mミステリの金字塔、ついに完結。




共犯同盟!


続きを読む

2015年02月10日

海賊王の死 アドリアン・イングリッシュ 4:ジョシュ・ラニヨン

4403560199海賊王の死 ~アドリアン・イングリッシュ 4~ (モノクローム・ロマンス文庫)
ジョシュ・ラニヨン 草間 さかえ
新書館 2015-02-07

by G-Tools

アドリアンの小説に映画化の話が持ち上がり、出席していたパーティ会場で映画のスポンサーが突然死する。調査にやってきた刑事を見てアドリアンは凍りついた。そこには2年前に終わり、まだ傷が癒えてはいない恋の相手・ジェイクの姿があった。ジェイクの部下はアドリアンに疑いの目を向ける。被害者の体から検出された毒の中に彼の心臓の薬と同成分のものが含まれていたのだ。アドリアンはジェイクの協力を仰ぎながら独自に事件の調査を始めた。俳優のポール・ケインからジェイクとの過去を聞かされ、ざわついた気持ちを抱えたまま。そしてジェイクは2年前に言えなかった言葉を語り出す―。胸に突き刺さる怒りと痛み。相克と再生の第4弾。




アドリアンイングリッシュシリーズも、「天使の影」「死者の囁き」「悪魔の聖餐」ときてとうとう四作目「海賊王の死」。
1作目読んだ時は、全5冊かあ、長いなあと思ってたけど、今はあともう1冊かあ…という気持ちに。
原書も買ってはいるけど、すぐに読むのがもったいない気分がしてる。


※前作までの内容に触れてるので、今からこのシリーズ読むよという方はお気をつけください。
続きを読む

2014年08月10日

悪魔の聖餐 アドリアン・イングリッシュ 3:ジョシュ・ラニヨン

4403560180悪魔の聖餐 ~アドリアン・イングリッシュ 3~ (モノクローム・ロマンス文庫)
ジョシュ・ラニヨン 三浦 しをん 草間 さかえ
新書館 2014-08-09

by G-Tools

悪魔教カルトの嫌がらせに巻き込まれたアドリアンはまたしても殺人事件に遭遇。自分の性癖を嫌っている恋人ジェイクとの関係も緊張状態で!?



裏表紙にもドラマがあったんですね。
気がつかなかったー。



続きを読む

2013年12月15日

死者の囁き アドリアン・イングリッシュ 2:ジョシュ・ラニヨン

4403560164死者の囁き ~アドリアン・イングリッシュ 2~ (モノクローム・ロマンス文庫)
ジョシュ・ラニヨン 草間 さかえ
新書館 2013-12-07

by G-Tools

行き詰まった小説執筆と微妙な関係となったジェイク・リオーダンから逃れるように、祖母が遺した牧場へとやってきたアドリアンは道ばたで死体を発見する。だがその死体は保安官が来た時には跡形もなくなっていた。敷地内のスパニアード・ホロウ峡谷では学者たちによる発掘作業が行われていたが、謎の呪文や飼い犬の変死にスタッフは不安を覚えている。そして牧場の郵便受けにはガラガラヘビが。これは谷の安らぎを守る「ガーディアン」の呪いなのか?アドリアンを追ってやってきたジェイクとの関係も事件を通してゆっくりと動き出す、シリーズ第二弾。



1巻の表紙だとまだ背中合わせで表情の硬い二人ですけど、2巻の二人はすごくいい感じ。封入ペーパーのイラストもとっても素敵だし。
1巻と2巻、同時発売していただいて本当にありがたい!
ただ続きが出るのがまだまだ先になりそうなのがつらい〜。
これは原書読んで予習しましょうということだと信じて「The Hell You Say」をぽちっとな。

続きを読む

2013年12月09日

天使の影 アドリアン・イングリッシュ 1:ジョシュ・ラニヨン

4403560156天使の影 ~アドリアン・イングリッシュ1~ (モノクローム・ロマンス文庫)
ジョシュ・ラニヨン 草間 さかえ
新書館 2013-12-07

by G-Tools


LAでミステリ専門の書店を営みながら小説を書くアドリアン・イングリッシュの元をふたりの刑事が訪れる。
従業員であり友人のロバートが惨殺されたのだ。
前日レストランで口論して別れたアドリアンに、殺人課の刑事・リオーダンは疑いの眼差しを向ける。
調査に乗り出したアドリアンだったが、犯人の深い憎悪と狂気はやがてアドリアンに向かう。
彼の危機に飛び込んで来たのは!?
それぞれの運命と向き合う男たちを描き上げたM/Mロマンスの金字塔、ついに刊行。




一応、原書読んでたので話の筋は大体わかってたんですけど、正確にはわかってなかったところがたくさんありまして、今回きっちり補完されました。
共犯同盟って何?!(笑)
…日本語に翻訳されてるってすばらしい!
翻訳者様には感謝してもしきれないですよ。

続きを読む

2013年10月13日

ドント・ルックバック:ジョシュ・ラニヨン

440356013Xドント・ルックバック (モノクローム・ロマンス文庫)
ジョシュ・ラニヨン 藤 たまき
新書館 2013-10-09

by G-Tools

甘い夢からさめると病院のベッドの中だった。
美術館に勤務するピーターは頭を殴られ意識を失い、そのショックで記憶障害を起こしていた。警察の取り調べが始まり、ピーターは自分に容疑がかかっていることに気付く。自分は犯罪者なのか―そして夢に出てくるあの魅力的な男の正体は―。記憶とともに甦る、甘く切ない思い出…M/Mロマンスの旗手がおくる、極上のミステリ・ロマンス。



モノクロームロマンス、もう1作は、ジョシュ・ラニヨンさん〜。
この方の作品好きすぎる…。
「Don't Look Back」は原書で買おうかなあと考えてたところに、翻訳版が出るよという情報がきて大喜び!
発売まで待ち遠しかった…!
ところで今回手に取ったとき、「う、薄い…!」と衝撃を受けました(笑)
前回の「フェア・ゲーム」とか大ボリュームだったし、一緒に出た「狼を狩る法則」もかなり厚かったので、並べるとそう感じてしまうんです。
…多分、普通のディアプラス文庫くらいの厚さなので、ちっとも薄くはないんですけど。
とはいえ、密度の濃いお話にがっちり心掴まれました。
続きを読む

2013年02月11日

フェア・ゲーム:ジョシュ・ラニヨン

4403560113フェア・ゲーム (モノクローム・ロマンス) (ディアプラス文庫)
ジョシュ・ラニヨン 草間 さかえ
新書館 2013-02-09

by G-Tools

<あらすじ>
元FBI特別捜査官で現在は大学で歴史を教えるエリオットの元に、失踪した学生の捜索依頼が持ち込まれた。
捜査協力にあたる担当捜査官を前にしたエリオットは動揺を隠せなかった。
そこには一番会いたくない、けれど決して忘れられない男、タッカーの姿があった。
タッカーはかつてのエリオットの同僚で恋人。
17ヵ月前、膝を砕かれ失意の底に沈んでいたエリオットに、冷たく背を向けた男??。

シアトルの大学を舞台に繰り広げられる、甘く激しい男たちのミステリー・ロマンス。
男たちの熱く狂おしい恋愛を描くモノクローム・ロマンス、第一弾!!


Dear+フユ号で読んで面白かったので、楽しみにしてました、「フェア・ゲーム」。
開いたら登場人物の紹介があったりして、翻訳小説読んでるみたい…。
装幀も、そんな感じ意識して作られてるなあ、ディアプラスに比べたらものすごくシンプルだし。
東京創元社とかの翻訳ミステリと並んでててもよさげ。
海外のミステリ小説好きな人には、すごく楽しめるお話だと思う〜。
続きを読む