2012年05月15日

素直じゃないにもほどがある:成宮ゆり



<あらすじ>
交通事故で偶然にも幼なじみの樋野と再会した花屋の雅。樋野は高校時代突然キスをしてきたが、それからずっと音信不通になっていた謎な男だった。後日、謝罪のために雅の店に現れた樋野は、結婚式のブーケ製作を依頼してくる。複雑な思いを感じつつ何でもないフリを装った雅だが、あることがきっかけで再び樋野からキスされ、目を背けていた恋心を自覚してしまう。思わせぶりな樋野の態度に切なさといらだちを募らせる雅は…?恋に素直じゃない2人の再会ラブ。


お久しぶりの成宮さん。
すごく楽しめました(*´д`*)
同級生の再会ものはツボるのだ。



続きを読む
posted by 棗 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>成宮ゆり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

純情な恋人:成宮ゆり

純情な恋人
純情な恋人
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.28
成宮 ゆり〔著〕
角川書店 (2006.11)
ISBN : 404452002X
価格 : \520
通常24時間以内に発送します。



※ネタバレしてます、未読の方お気をつけください。

<あらすじ>
本気の恋愛なんてしないと断言する春樹は、別れ話のこじれから、恋人から監禁されそうに。どうにか逃げ出すことには成功したものの、降りだした雨に公園で雨宿りをすることに。
そこへ二匹のワンコがやってきて、その飼い主とおぼしき男までも現れる。
上総と名乗るその男は、どうやら春樹を知っているようで、誘われるままにその男の家へ転がり込む。
どうしても思い出せない上総のことが、気にはなるものの・・・。
証券マン×大学生モノ。


ここ最近の、一番の再読本(すでに帯がヨレた/笑)
前作、「野蛮な恋人」を読んだ時、絶対に春樹タイプの受は好きじゃないと思ってたのに(笑)
やられたー。


続きを読む
posted by 棗 at 21:50| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>成宮ゆり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

野蛮な恋人:成宮ゆり

野蛮な恋人
野蛮な恋人
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.28
成宮 ゆり〔著〕
角川書店 (2006.6)
ISBN : 4044520011
価格 : \580
通常24時間以内に発送します。


<あらすじ>
大学一年の田島秋人は兄の春樹の住むマンションに居候することが決まり、引っ越してみると、見知らぬ男がいるだけで、肝心の春樹の姿がない。
別れ話がこじれたらしく、春樹が戻るまでの人質として、元・恋人だという木崎智也と同居するはめに。
キレイな顔をして恐ろしく凶暴で乱暴な智也と、どこまでもフツーな秋人。
ある日ふたりは酔った勢いで、身体の関係を持ってしまうのだった。
弟×兄の前カレ(攻)モノ。

私の中では、手に取りにくいレーベル、ルビー文庫。
・・・あの背表紙の色が、ハードルを高くしている気がします(笑)
そんなルビーの文庫の新人さんの作品なんですが、さすがにいつも巡回してる多くのブロガーさんたちの間で高評価だっただけあって、おもしろかったです〜。
そう思ってたら、来月続編出るんですね、「純情な恋人」。
・・・諸悪の根源というべきか、恩人というべきか(笑)あの、スーパーナチュラルな兄貴・春樹のお話ということで、楽しみです♪
雑誌Rubyの方に載ってるのも気になりますね、とりあえず祝(?)シリーズ化。

続きを読む
posted by 棗 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BL(小説)>成宮ゆり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする