2018年02月18日

バースデー:安西リカ

440352446Xバースデー (ディアプラス文庫)
安西 リカ みずかね りょう
新書館 2018-02-10

by G-Tools

深夜三時に起きて朝刊を配達し、古いアパートに帰って少し眠り、鉢植えの世話をする。友人も作らずもう六年、百合原(ゆりはら)はこんな毎日を続けていた。あるとき集金先のマンションで、越してきたばかりの滝本(たきもと)という男と出会う。滝本は百合原の顔を見た途端、言葉をなくすほど驚いていた。実は百合原はかつて事件を起こし、その間の意識がない。そして滝本には十年前に姿を消した忘れらない恋人がいたようなのだが……?




表紙が美しい…!

続きを読む
posted by 棗 at 17:21| Comment(0) | BL(小説)>安西リカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

恋みたいな、愛みたいな 〜好きで、好きで2〜:安西リカ

4403524257恋みたいな、愛みたいな ~好きで、好きで (2)~ (ディアプラス文庫)
安西 リカ 木下 けい子
新書館 2017-04-10

by G-Tools

志方と同居を始めて九ヵ月。
共通の友人が家に遊びにくることも増え、多忙ながらも穏やかな日々を送っていた穂木。
ようやく迎えた年末年始の休暇中、ある事情で姉の息子の三歳児、柊を預かることになる。
初対面ではその強面に大泣きしたもののすぐに志方になついた柊を見て、志方が子ども好きだったことを思い出す。
するとまた心の奥にしまったはずの不安が頭をもたげてきて……?



好きな作品に出会うと、続編あったらいいのに!と思う方なので、今回はすごく嬉しかったです。

続きを読む
posted by 棗 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>安西リカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

恋の傷あと:安西リカ

4403524087恋の傷あと (ディアプラス文庫)
安西 リカ 高久 尚子
新書館 2016-08-10

by G-Tools

同棲していた恋人・恭平に逃げられた未知也のもとに、恭平が原因で妻と離婚したという強面の男・橋口が乗り込んできて……?書き下ろし作品!



文庫書き下ろしだったので、すごく楽しみにしてました。

続きを読む
posted by 棗 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>安西リカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

何度でもリフレイン:安西リカ

4403523714何度でもリフレイン (ディアプラス文庫)
安西 リカ 小椋 ムク
新書館 2015-02-07

by G-Tools

ずっと忘れられずにいた大学時代の恋人・佳史と、仕事先で再会した真下。十年経ち、彼は大企業の役員となっていた。別れの前後の記憶が辛すぎて、必要以上の関わりを避けたい真下に対し、佳史は昔と変わらぬ情熱を向けてくる。世間知らずで甘えたがりだった佳史も、今やすっかり仕事のできる大人の男。それを眩しく思うと同時に気後れを感じる真下は「友達でよければ」と佳史との付き合いを受け入れるけど…?



あれ?ディアプラス文庫って、背表紙にイラストが入ってましたっけ?


続きを読む
posted by 棗 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>安西リカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

好きで、好きで:安西リカ

4403523617好きで、好きで (ディアプラス文庫)
安西 リカ 木下 けい子
新書館 2014-08-09

by G-Tools

付き合って十年になる恋人の志方のことが、今でも好きでたまらない穂木。高校卒業間際、親友だった志方に玉砕覚悟で告白した。思いがけず受け入れられ、それからずっとそばにいる。けれど志方は将来有望なエリート銀行員、自分は一介の編集者。実は外国研修の話を志方が断っていたことを知った穂木は、自分が彼の出世を妨げているのではないかと悩み始め…?胸を打つ、センチメンタル・ラブストーリー。



特典ペーパー付き購入できたので、そっちもじっくり楽しみました〜。

続きを読む
posted by 棗 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>安西リカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする