2008年06月03日

海成学院寮 清風館:真崎ひかる


真崎 ひかる
Amazonランキング:31184位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
陸の孤島に建つ中高一貫の全寮制名門男子校・海成学院。清風館と呼ばれるその学生寮では、まもなく開催される創立祭の準備で皆、浮き足立っている。この創立祭の夜、時計塔の鐘が鳴っている間にキスできたカップルは一生別れないという言い伝えがあり…そんな噂を巡って繰り広げられる三つの恋の物語。“親密すぎる交友関係”は、ただの性欲のはけ口?…それとも?…学園スーパーカラフル・ラブ書き下ろし。

うわ〜、私の脳内妄想が本になってる〜(笑)
というくらい、ツボもツボのカップルたち♪
同級生CPに年下攻めCP、そして大人×子供のCP。
・・・一粒で三度オイシイ本でした。
しかし、全体的に話が短い・・・。
読み足りない〜。


あとがきで作者ご本人が「ベタだ」と散々言われてましたが、いやこういうのはベタなのがいいんですよ♪
なんてったって、中高一貫の全寮制名門男子校ですもの〜。
しかも、陸の孤島って(笑)
どんなミステリですか。
通常だったらありえんて、安全面とかから考えたら。
学校の立地としてはいかがなものかと・・・。
まあそんなヤボなことを言ってはいけません、だってBLですもの♪
しかし、“親密すぎる交友関係が問題になれば自主退学”って、どんな校則よー!

長瀬紘一郎×広森友孝。
高校の同級生で、寮の同室。
・・・どんだけムフフなシチュなんですか(笑)
生徒会長でまわりからの信頼も厚い紘一郎も、友孝にだけはいじわるしちゃうんですよね〜。
幼稚園児の好きな子いじめと同じレベル・・・。
ホントに、紘一郎は、友孝が好きで好きで好きで、いじめたくていじりたくて怒らせたい、素直じゃない困ったちゃん。
友孝は、これがまた、わかりやすいほどに単純にできてて、気が短くて怒りっぽい。
紘一郎にいじめられればいじめられるほど、ムキになるもんだから、ますます紘一郎を楽しませているという事実に、全く気付いてなかったりする(笑)
そんな二人は、同室ということで身体からはじまった関係、・・・実は本番してなかったりして。
性欲の解消だけで、気持ちはない。
だから今更好きだなんて言えない。
でも、気付けば相思相愛♪
らぶらぶっすね、こいつら。

皆川正嗣×諏訪信哉。
きゃーきゃー年下ワンコ攻め〜♪
しかも大型犬〜♪しかもツンデレ眼鏡受け♪
しかも、ワンコは夜になると、人目を忍んで夜這いかけてます(笑)
通い婚か!
ワンコ・正嗣は、中学の入学式で、信哉に一目ぼれ。
速攻告白で即ふられる(笑)
ワンコ、仕事はえぇよ。
制服に着られてるようなちびっ子だったため、丁重にお断りされたんですが、愛の力で背を伸ばし、あれよあれよというまに180センチ越えの大男に。
あらためて交際を申し込んだらOKでるんですが、年上受けはやっぱり自分から逃げますね(笑)
あれだけ、えっち盛り上がってたくせにー。
相手に逃げられるのが怖いから、それならこっちから早いところ手を切ってしまおう・・・って。
でも、ワンコはめそめそしたりするくせに(カワイイ♪)、あきらめ悪いから追い掛け回してます。
それでこそワンコだ。
あきらめのいいワンコなんて、私は認めないぞー。
別れ話を持ち出されて、思わず信哉の足にすがりついた正嗣が、超萌え♪
やっぱり、私の一番は年下ワンコ攻めだなー。
一番好きだったなーこのCPが♪

喜多村将成×長瀬夕貴。
29歳×15歳〜♪犯罪カップル(笑)
しかも校医、学校職員と中学校の生徒ですよ。
そんな二人は、夕貴の猛アタックの末にできあがったんですが、忍チン(テロリスト)といい、夕貴といい、年上の彼氏をおとすのに、必死ですよねえ・・・。
君ら、あまりに身体すんなり差し出し過ぎですよ。
オッサンうはうはじゃん(笑)
しかし、意外だったというか、予想以上に夕貴が小悪魔だった・・・。
たちわりーです、この子。
そんな小悪魔ちゃんに、仕方ないなーという顔して、案外のりのりでつきあってる喜多村先生大好きです(笑)
この人、鬼畜っぽくみえたけど、いい人です。
きちんと考えてます。
自分のクビのこととかね(笑)
大人の事情にしばられて困ってるのに、小悪魔ちゃんに翻弄されてます。
・・・だからね、本番ナシなんですよ。
紘一郎もそうでしたけど、したいのにしないって、ええっすねー。
萌えますね〜。
だからと言って、理性の神がそこに宿っているのかと言われると、まったくもってそうには見えません、不思議と。
ところで、喜多村先生、保健室の使い方間違ってませんか?(笑)

ドラマCDの感想は、また後ほど♪
平川さん〜♪


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック