2005年11月24日

愛とバクダン:中原一也

愛とバクダン
愛とバクダン
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.28
中原 一也著
二見書房 (2004.11)
ISBN : 4576041932
価格 : \600
通常2-3日以内に発送します。


<あらすじ>
刑事をやめ、探偵事務所を開いてる竜崎は、悪友・深見に頼まれ、彼の弟・謙二朗を雇うことに。
少年院上がりで、トラウマ持ちで男も女もダメ。そして、反則な程の美貌の持ち主の謙二朗に、深見の再三の忠告にもかかわらず、竜崎は欲望を感じてしまう。
いつまでたっても警戒心むき出しの謙二朗の態度に、苛立ちを隠せない竜崎だったが、ある日、謙二朗の前に少年院時代の男が現れて・・・。
探偵×助手モノ。


今回、初読みの中原一也さんは、「美鳥の日記」の美鳥さんのレビューを読んで、ずっと気になってた作品「愛とバクダン」です。
もちろん、言葉攻めの部分が(笑)
しかも、人生の酸いも甘いも知り尽くしたオッサン(34歳をオッサンということに激しく抵抗を感じるんですけど・・・)による、言葉攻めって、どうよ?!みたいな(笑)
しかも、一回りも年下の子に、あーんなことや、こーんなことを。
竜崎さん、好きな子いじめも、ほどほどに(笑)




すみません、一番最初に言わせていただきたいことが・・・。
「國武課長、攻なんですか?!」
読み終わった後、何気にうしろの広告スペースの「KYOUHAN〜共犯〜」のあらすじのところ読んで声を上げそうになりました・・・。
メルヘンなケーキに引き気味の國武課長が、まさか(笑)
どちらかといえば受かと・・・。
私の受・攻センサーは役立たず(笑)

肝心の本編なんですが、深見兄によるあきらかな人選ミスに、グッジョブと拍手を送りたい(笑)
どう考えても、あんなサドッ気のある超・絶●男に、トラウマ持ちのかわいこちゃんを送り込んでは、飢えたライオンの檻に手負いのバンビちゃんを放り出したようなものです。
食われますから、絶対。
そもそも、謙二朗には、男も女も性的なことに関して一切ダメ、というくらいの複雑な過去があって、誰に対しても警戒心を解けないほどに、いつも張りつめてる。
そんな子供に、竜崎さん、いい仕事しましたね(笑)
一瞬、それって兄貴が、あまりに不敏な弟のために考えだした荒治療かとも、深読みしたんですけど、あの深見兄の怒りっぷりから、それはなさそうです・・・。
本当に、竜崎のこと信じてたとしたら・・・お気の毒としか言いようがないです(笑)
でも、その結果がマイナスだったかといえば、そうじゃない。
誰かと触れ合うことも、身体を重ねることも、もうないものだと信じてた謙二朗が、また誰かと向き合えるようになったのは、竜崎のおかげ。
それが例え、竜崎が、己の欲望のままに行動した結果であっても(笑)
オッサンの愛情表現、お子様には、ちょっと複雑過ぎな気がしないでもないかな。
そんな二人の7年後は、どうなってるんでしょうか。非常に気になります・・・。
posted by 棗 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>中原一也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらからもTBさせて頂きました〜☆

>飢えたライオンの檻に手負いのバンビちゃんを放り出したようなものです。
・・・まさに!
どう考えても竜崎がガマンできるはずないですよね(笑)
深見兄とバーテンの方の行方も気になります!<私だけ?!^^;

続編は購入しましたか?
私は買いましたが、1巻の興奮(笑)が尾を引いたのか、読了後は1巻よりはσ(^_^;)と感じましたが・・・その時の気分とかによってもおもしろみは変わるものですよね。これを機に もう一度読み直してみようと思います♪


ちなみに。
國武さんは攻め攻めですよ(/*^^*)/
記憶が曖昧ですが・・・
確か國武さんは自体はノンケのくせに、受け(真性だった・・・はず?!)が「課長、ダメです!」とか言ったのに、強引にコトを運んだような(笑)
Posted by 美鳥 at 2005年11月25日 03:38
美鳥さんこんばんは〜。

>深見兄とバーテンの方の行方も気になります!
そうなんですよ〜、私も秘かにあやしーと思ってたんですか、美鳥さんもそうだったんですねー。
でも、深見兄って、あの弟と似ても似つかない”岩”にたいな男なんですよね(笑)
・・・受、じゃななさそうですね。

>國武さんは攻め攻めですよ(/*^^*)/
あの顔で、攻なんて〜。
ずるい〜(笑)
すっかりだまされましたよー。

「愛とバクダン」の続編と「KYOUHAN〜共犯〜」は、読まなくちゃいけませんねー(笑)
また、オススメ本があったら、ぜひ教えてくださいね〜。
Posted by 棗 at 2005年11月25日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

中原一也さん 「愛とバクダン」
Excerpt: 今月末に続編が出るということを聞き、前作を振り返る意味でもこの時期にUPしてみました。今回のご紹介は中原一也さんの「愛とバクダン」です。 ↓チラ見せのおへそがまた・・・d(-_??
Weblog: 美鳥の日記
Tracked: 2005-11-25 03:15