2008年05月21日

B級グルメ倶楽部:今市子


B級グルメ倶楽部 (DARIA COMICS)

B級グルメ倶楽部 (DARIA COMICS)

  • 作者: 今 市子
  • 出版社/メーカー: ムービック
  • 発売日: 2003/07/22
  • メディア: コミック





<あらすじ>
新入社員の吉野は、高校の時に、かっこいいけど恐くて変でカレーパンが好きな先輩・鬼塚に憧れていた。 しかし恋に臆病になっていた吉野は、鬼塚に思いを告げぬまま転校してしまう。 そんなある日、吉野は偶然会社で鬼塚と再会し…。
表題作とその続編描き下ろしに加え、単行本未収録作品「木村&為永シリーズ」などをコミックス化!


三巻も出るし、ドラマCDも出るし、ということで、手に取った今市子さん。
今市子さんといえば、「百鬼夜行抄」。
今市子作品で一番最初に読んだのがこれなんですが、はっきりいって、怖かった。
怖くて怖くて、夜中にトイレに行けなくなりそうだった(笑)
・・・それ以来、避けて通ってました。
そんなホラーな人が、BLなんて!と驚きましたよ・・・。


B級グルメ倶楽部というタイトルだからか、コンビニで売ってるパンがいっぱいでてきますよね。
その中でも、カレーパンとクリームパン。
この二つのパンが、吉野と鬼塚の仲を取り持つ・・・のかな?
高校時代の先輩・後輩の関係であったふたりではあるけど、ひっそりと鬼塚に恋心を抱いていた吉野は、恋に臆病なあまり気持ちを伝えることなく転校することに。
そして、社会人となったある日、会社で偶然再会を果たす・・・。
そこでも、パンが出張ってます(笑)
私、あんまりクリームパン好きじゃないけど、読んでたらすごく食べたくなった!だってすごくおいしそうなんだもん!
そんなパンがとりもつ二人の縁、二人には高校時代、カレーパンにまつわる忌まわしい思い出が(笑)
・・・しかし、悲しいかな二人の中でその過去は、大きく違っている。
どっちも美しい思い出ではないことは確かですけど。
そんな、間違いや誤解もありつつ、長年の片思いを成就させた二人。
しかし、吉野、アホ(笑)
考えすぎちゃって、うまくいくこともうまくいかない。
・・・焦れったかったです。
そんな二人の初えっちが、鬼塚の実家の二段ベッドっていうのが、らしすぎてよかったです。
・・・それにしても、ふたりともいい家族もったねえ。
理解ありすぎて、怖いよ。
怖いといえば、「木村&為永シリーズ」。
・・・怖かった(泣)
BLだけど、ホラーだった。
目に入った瞬間ぎゃーってくる恐ろしさじゃなくて、読んだ後に背筋がぞわってくる怖さ。
夏にはいいかもしれません。

パンといえば、メロンパンと久住くんという組み合わせが、すぐに浮かびます・・・。

posted by 棗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(マンガ)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック