2008年05月19日

傍若無人なラブリー :鳩村衣杏


傍若無人なラブリー (リンクスロマンス)

傍若無人なラブリー (リンクスロマンス)

  • 作者: 鳩村 衣杏
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本





<あらすじ>
王子様のような美貌を持ちながら、中身は自他ともに認めるオタクの恩田真庭。そんな真庭の住むマンションに、人気俳優の島広矢が引っ越してくる。何を考えているのかわからない広矢を苦手に思っていた真庭だったが、なぜか懐かれてしまう。誘われるまま、互いの部屋を行き来するうち、広矢の子供のように素直で不器用な一面を知る。淋しがりな広矢にウサギのような可愛さを感じ、胸をときめかせる真庭だが、恋心を自覚した途端、喧嘩してしまい…。映画配給会社を舞台にした人気シリーズのスピンオフが登場。
俳優×映画配給会社社員モノ。

先日、友人宅のウサギと遊ばせてもらったんですが、彼らはなんとも不思議な生き物でした。
表情かわらないし、行動はいきなりだし、でもそのくせ人懐っこいんですよねー♪
すげーラブリーでした。
そんなウサギ攻め(笑)の広矢と、ヲタク王子様受けの恩田マニアじゃなくて真庭のらぶらぶーなお話♪


前回、「美しき厄災」の感想書いたときに、恩田の相手は広矢だったりして〜と予想してたんですが、書いた張本人がそんなことをすっかり忘れる始末(笑)
広矢だとわかった瞬間、アホみたいに驚きましたよ。
それでも、守沢さんだと思い込んでました。(いかにいいかげんに書いてるかがバレるなあ・・・)
いや、「ラブ、エトセトラ。」読んだときに、広矢がかわいそうだな〜と思ってた私は、ようやく当て馬さんが日の目を見ることができて、非常に嬉しかったです。
やっぱり、当て馬さんにも、愛を!!

読み終わって、恩田くんって、こんな子だったんだーというのが、最初の感想(笑)
今までは、まわりからみた恩田ということで、ムードメイカー的な存在で、いつもにこにこした穏やかな気質の人、というイメージだったんですけど、案外苦労してますよね?
しかも、その苦労が表にでないところが、ミソですが。
そして、あのヲタなところというか、ミーハーなところが、好きです。
だってなんか、自分が「真二〜、ワンコ〜、たんまんね〜」と叫んでるのと、似てる気がするんですよー。
ほら、私も心底ヲタクですから、「萌え」を感じるその心はわかりますよ♪
その恩田が、広矢に萌えを感じてるところに、爆笑。
・・・ナマモノで萌えてやがる、この男(笑)
まあ、萌えだけじゃ、恋愛はできませんけどね。
そこはきちんと、みてますよね、この人。
広矢も、「ラブ、エトセトラ。」の時の、熱い部分知ってるだけに、こんな不思議ちゃんだとは思わず・・・。
なんか、芸能人のわりにぼんやりした子だなー、大丈夫かな?と。
生活能力も低そうなんですよね、兄ちゃんはわりとというか、かなりしっかりしてるから、特にそう見えちゃうのかもしれないんですけど。
そんな広矢は、とにかく、言動がいちいち恩田の萌えをついてるみたいで、やたらめったら恩田を喜ばせてます。
その一方で、広矢も恩田のこときちんと意識してますよね。
もう一回読み直したら、「あー、このときすでに嫉妬してる〜」という部分がちらほら。
恩田の部屋のコレクションフィギュアのくだりは、もーひっそりすねてる感じでてますよね。
しかし、悲しいかなウサギ攻めは、わかりにくい(笑)
しかも、寂しがり屋な面ばかりが強調されちゃってて、恩田がなつかれてるのはそこからきてるんだと持っても仕方ないかなと。
んー、広矢って、すごく言葉が子供っぽい感じですよね。
それがまた私的にはツボなんですけど(笑)
一番大事な告白も、なんかすごくカワイイ。
だからこそ、気持ちこもってるなーって感じしました。
そんな広矢のセリフに、泣いちゃった恩田。
小さいときの教訓から、泣くんじゃなくて笑うことを選んで、意地を張ってるつもりも、無理をしてるわけでもなく、いつだって笑顔でいた人が、ぽろっとみせた弱さって、いいですね。
それを引き出せたのは広矢ですけど、甘えることの出来る相手を見つけられた恩田によかったねーと言ってあげたくなりましたよ。
モンブラン級に甘い、お話で大満足でした♪

それにしても、エルシノアの男性社員はどーなんだ(笑)
女性陣の立場ナシ・・・。



「映画館で逢いましょう」の感想はコチラ
「映画館で逢いましょう2」の感想はコチラ
posted by 棗 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>鳩村衣杏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック