2008年05月05日

獣の妻乞い:沙野風結子


沙野 風結子
Amazonランキング:7799位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
通り魔に襲われた高校生の由原尚季は、狩野飛月という男に助けられる。強引な手口により、飛月と一緒に暮らすことになった尚季は、凶暴そうな見た目に反し、無邪気で優しい男に急速に惹かれていく。だが、仕事に行くたび尋常さを失う飛月に、尚季は昼夜を問わず、荒々しく抱かれるようになる。次第に獣じみていく飛月の異変に不安を覚える尚季は、彼が凶悪犯罪者を抹殺するため、秘密裏に造られた「猟獣」だと知り―。
猟獣×高校生モノ。


獣萌えするか、確認すべく購入した「獣の妻乞い」。
わくわくしながら読みましたよ〜。
結論として、やっぱり私はもふもふちゃんが好き・・・。
耳もしっぽも、サイコーだ!
そんなわけで「やっぱり獣が好き」第三弾にして最終回、この作品。
しかし、この本のオビは、はっちゃけすぎです(笑)
・・・さすがにリアル書店では買えませんでしたよ。





○姦、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!
・・・いやもう、この作品語るには、これしかないでしょ。
あいかわらず、エロには定評のある沙野さんだ・・・。
いや、まじでやっちゃいましたね。
自分的には、ギリOKかなーくらいで読みはじめたんですが、ノープロブレム♪
全然OK、あーもーもっとやっちゃってくださいー、くらいの勢いでしたよ。
やっぱり、愛がありますからね、ソコに。
無理やりとかだったら、多分受け付けなかったかと・・・。

「オオカミ版人魚姫」・・・かなあ?
肝心のストーリーは、近未来ファンタジーといいうべきでしょうか。
犯罪者が増えてるのに、刑務所が足りてなくて、だから檻の外に出してしまって秘密裏に抹殺・・・。
そのために作られたのが、飛月のような「猟獣」の存在。
人間とオオカミのハーフのようなものなんですね。
人間としての思考も持っているけど、獣としての本能も抱えていて、なんとも不安定な生き物。
しかも、人に比べて動物って、年を重ねるスピードが早いですよね。
飛月は、カラダは立派な大人なんですけど、中身は完全におこちゃま。
年下ワンコだ(笑)
飛月は、まだ子犬にしかみえないようなときに、命をたすけてくれた尚季にすっかりラブ♪
でも、組織に引き離され、仕方なく仕事を完璧なまでにこなす事によって、かりそめの自由を手に入れるのです。
尚季に会いたいがために、いやな仕事をこなし、身体に負担をかける変身までして。
猟獣の中でトップになれば、尚季に会いに行く事ができるから。
でも、精神年齢の低さから、尚季にうまく近づくことができなくて、えんこーしたいとか言って、どんびきされてしまう始末(笑)
飛月が尚季を自分のものにしたいという気持ちは、よくわかるんですよね。
そういう意味では、飛月は本能的に自分の命の長さをよくわかってたんじゃないかなと。
だからこそ、尚季とのつながりをものすごく求めてましたから。
しかし、若い二人はなんともエロいよ!エロすぎるよおまえら(笑)
若さだね。
飛月の「はじめて」という台詞に説得力ありませんって・・・。
そのうちに、刻々と飛月の命は削られていき、人に戻ることができなくなりただの獣と化してしまう「堕ちた」状態に。
そうなった猟獣にあるのは、死のみ。
そこからどういった結末をむかえるかは、読んでてはらはらしました。
泡になって消えてしまうなんて、イヤ!
ハッピーエンドを愛する女としては、やはりその先を考えると、ちょっと切なかったなー・・・。

メタモルフォーゼは萌え♪だなーと今回あらためて思ったんですが、そういえば、人生最初のメタモルフォーゼ萌えは、「闇のパープルアイ」ですね。
あれは、にゃんこ系でしたっけ?
うおー、読みたくなってきたー。




この記事へのコメント
続きまして三発目イカせていただきます♪

もふもふ萌え、トドメはやはり○姦ですよね〜www
いやーん、愛ある○姦、OKですよっ!!
そして発情期!(笑)

まあそっち方面もさることながら二組のカップルの切ない定めに胸が痛くなりますよね・・・。
でも一度起きた奇跡ならば愛がすべてを越える力になるかもしれないし!
愛とロマンを夢見る腐女子なのでハッピーな未来を信じます!

ではでは三周年、おめでとうございます♪
これからもよろしくしてくださいね〜☆
Posted by ゆちゅらぶ♪ at 2008年05月07日 13:37
三発目、キました(笑)

とどめにコレを持ってくるあたりが、私のおクサレ具合があらわれてるというものです・・・。

>愛ある○姦、OKですよっ!!
これで愛がなかったら、絶対に読み終える事ができなかったんじゃあないかと思ってます。
だから、アレとかソレとかきっと読めないはずです・・・。
自分の中で○姦はハードル高いかなあとずっと思ってたんですが、この作品の○姦は概ね好評価でしたので、読んでしまえーと。
そしたら、ミラクルヒット(笑)
どこかほかに、愛のある、ラブい○姦ってないですかねー。

しかし、最後のあのカップルのお話は、切なかった。
好きでそういった存在に生まれてきたわけでもないのに、その生き方を強要されてるわけですよね。
恋愛ぐらい、自由にさせてやればいいのに・・・と真剣に思いました。

>愛とロマンを夢見る腐女子なのでハッピーな未来を信じます!
そうですね〜。
信じたいです♪
でも、読むときは大概最悪の結末を想定して読みはじめるという、変な性格してます(笑)
・・・ショックを和らげたくて。

三周年のお祝いコメントありがとうございます♪
これからも地味〜に更新していきますので、どんどんつっこんでやってください♪
第三弾コメント&TBありがとうございました!!!
Posted by 棗 at 2008年05月07日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

愛は奇跡を生むチカラ
Excerpt: 獣の妻乞い (リンクスロマンス) 沙野 風結子 JUGEMテーマ:モブログ 毎度こだわりプレイでお馴染みの沙野さんの新刊でーす! プレイというなら今回は差し詰めファブリックプレイか..
Weblog: 水中雑草園
Tracked: 2008-05-07 13:37