2008年04月17日

BLCD「好きこそ恋の絶対」



<内容> 
諏訪内真二は、白バイ隊から捜査課に人事異動され刑事となった25歳。
配属されて最初の事件の担当検事は、先輩刑事たちから敵視されている高城幹弥だった。
しかし事件を二人で調べるうち、真二は高城と親しくなりたいと思い休日を一緒に過ごすことに。
やがて真二は、正義感溢れる高城に惹かれ始め……。
新米刑事とエリート検事の恋の行方は!?

高城幹弥:羽多野渉、諏訪内真二:平川大輔
村川:堀内賢雄、田坂:神奈延年

原作の感想はコチラ

私の枕元には、諏訪内真二と相葉晴友と刈谷志朗。
大奥(by番線)には、ワンコがいっぱい(笑)
そのなかでも、真二の出番が一番多いですね〜。
そんなマイ・ベスト・ワンコ♪の諏訪内真二のドラマCDです〜。



どうでもいいんですけど、このジャケットが好きだ〜。
だって、ラブいんだもん、この二人〜。
しかも、真二のヘルメットがこっそり可愛いですよね、さすが奈良さん〜。

この「好きこそ恋の絶対」は、真二と高城の出会い編なんですよね。
いまでこそ、ソコでもココでもがっついてるふたりですが、最初は清かったですよね〜、横浜デートからはじまってますもん。
そんな新鮮な二人が堪能できる・・・と思いつつも、「エロシーンって最後にちょっとしかないんじゃあ」とちょっとがっかりしてました、実は(笑)
しかし、そんな心配は、聞きはじめてすぐにどこかへゆきました。
だって、真二@平川さんが、たまらん可愛いんですよ〜。
晴友の声を聴いたとき、「平川さんが、真二の声?」とちょっと意外ではあったんですが、聴いたら納得。
ハマり過ぎです!!もう、平川さんしか考えられないです〜。
っていうくらい、実にワンコがワンコらしくて、萌え萌えしました。
高城@羽多野さんが、またクールでストイックな大人なキャラで、そんな高城さんを必死で追いかけてる、真二がなんとも言えないかわいらしさです。
エロシーンも、よかったですけど、それ以外の初デートシーンとかも、すごくよかったです〜。
っていうか、基本二人が絡んでるシーンは、全部好きなんですけどね(笑)
そして、この話といえば、高城のちゃりんこシーンは外せませんよね♪
すっごくよかったです、驚いてボーゼンとしてる真二は実にらしくて笑っちゃいましたし、高城のあのまくし立てるような関西弁がまた、よい感じで。
あー、このシーンってこんなかんじだったんだなーと、小説ではわからなかった部分補完してもらった感じですよね。
関西弁使ってないので、イメージしにくいんですよ、私・・・。
で、初!えっちのシーンは、真二の声が・・・きゃー(〃ー〃) です。
どっちが、受けかわかんなくなっちゃいそうです(笑)
まだ、愛してると絶対シリーズしか聴いてないのでアレなんですけど、平川さんの攻めは、声がスゴイですよね?
攻めだけど、めっちゃエロいですよね?
いや、かなり嬉しいんですけど(←正直過ぎ)
・・・受けだったら、どんなにすごいんだろうと、妄想が膨らみましたよ。
確かに、先輩(笑)も、平川さんの受けは好きだと言われてましたからね〜。

村川役の堀内賢雄さん、この方も映画の吹き替えでよくお世話になってます。
そういえば、ト○ビアに出演されてたような記憶が・・・。
で、さっきウ○キさんのお世話になったら、エスコートシリーズの志岐役されてたらしく、ちょー気になってます。
カッコよ過ぎだ〜、志岐〜。
オヤジなのにー(笑)
posted by 棗 at 03:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん、こんばんは!

そうそう!これ棗さんがBLCDハマられた初期に記事に上がってたのを覚えてます〜♪棗さんも今ガシガシBLCD聴かれてるんですね〜(^^)
私、その頃羽多野クンの声質が好みではなかったんでこの作品は有名だけどスルーしてたんです(^^;今となっては、もう、私のバカバカバカ!!!ですよ(><)

この平川さんのヘタレワンコ攻めはハマりすぎですよね!!!ほんと癒される〜!
そして私は羽多野クンといえば、ヘタレ攻めっばかりしか聴いたことなかったし、ご本人もあのヘタレな性格なので、このクール美人検事関西弁受けにびっくりでしたよ(゜∀゜;

賢雄さんのBLも素敵ですよ〜♪しかし、賢雄さん、このキャラも脇役なのに存在感凄かったですね!
このCDシリーズ全部制覇します!!!また続編聴いたら遊びに来ますね!
原作も読んでみたいと思いま〜す!

TBお願いします!
Posted by miku at 2008年09月09日 22:39
mikuさん、こんにちは〜。

初期という言葉が眩しいです(笑)
自分ではまだまだ初心者のつもりなんですけど、気がつけばBLCDの感想がすでに19件?
まだまだ熱いです!BLCD!
っていうか、こんなに底なし沼だとはおもいませんでした・・・。

このころはまだ、びびってて平川さん攻めばっかり聞いてたんですよ、だからそのお相手役の方が勝手に「受け声優さん」認定。
そして、平川さんはもう完全に、ヘタレワンコ攻め声優さん(笑)
でも、世間的には、羽多野さんがヘタレワンコ攻めだったんですね!
まだ、羽多野さんのヘタレワンコを聞いてないので、まだ当分受け声優さんのイメージが抜けませんね・・・。
そういう世間とかなりズレたイメージが多いんですよね、私。
いまだにたっつんは攻めと言っては、「受けです!」と訂正されます(笑)

賢雄さんは、まだメインでは聞いてません(もってるんですけど、びびって聞けてないんです/笑)
でも、脇役での登場回数がおおくて、妙にご縁のある声優さんですね。
早いところ、メインを聞かなくては(笑)

原作は、奈良さんのちょーセクシーなイラストが堪能できてオススメですよ♪
ぜひともドラマCDも、全作制覇してくださいね!

コメント&TBありがとうございました♪
Posted by 棗 at 2008年09月10日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

BLCD 好きこそ恋の絶対
Excerpt: アレですよ、羽多野クン祭りですよ!(あとたっつんと立花クンも!←増えてるし!) 羽多野クン受けならこれを聴きなさいと言われました(私...
Weblog: BL本の日記
Tracked: 2008-09-09 22:30