2008年02月29日

恋せよまりも:早瀬亮



<あらすじ>
隔世遺伝の緑色の瞳がコンプレックスの真は、憧れの会社へ入社が叶ったのを機に、勇気を出して黒いカラーコンタクトを外した。ところが出社早々他の社員たちに「この色はまずい」とコンタクト装着を義務づけられてしまう。なぜなら、副社長である吉村は極度の緑色好き――ミドリイロマニアだったからだ。見た目はいいのに変わっている変態…いや、上司から身を守れと言われ戸惑う真。果たして噂の吉村は、緑色をこよなく愛し、仕事ができるイケメン、でも実は恋愛恐怖症なのにセクハラをしかけてくるという忙しい男で…。
会社員×会社員モノ。

シャレードパール文庫の名誉読者(笑)tatsukiさん絶賛の、「恋せよまりも」。
・・・たぶん、tatsukiさんがオススメされなかったら、読んでないと思います。
だって、「まりも」って(笑)
そのタイトルから、内容想像できます?
私はできんかった・・・。



ミドリイロマニアの変態さんと、グリーンアイズの持ち主のトラウマさんの恋愛話。
ミドリイロマニアって、なんすか・・・(笑)
もう、攻めの吉村の、この変人ぶりが最初っからパワー全開。
「変態さんですか〜?」って、ご挨拶したくなります。
職場のデスクが緑色グッズで埋め尽くされ、顔を合わせた瞬間、同性の新入社員を口説きにかかる男を、誰が仕事ができると思うだろう・・・誰も思わんって(笑)
しかも、ヒマさえあれば、口説いてるし、触ってるし、完全にセクハラだよ。
そんな被害(笑)を一身に受ける、受けの真。
隔世遺伝の緑の瞳が原因で実の父親との確執もあったりと、その瞳がたまらなくコンプレックスという人。
そのわりに話があんまり悲壮感が漂ってないのは、すべて吉村のおかげ。
・・・ホントに、どーしようもない変なひとです、最初っから最後まで。
そんな彼のおかげで、真は苦手だった緑色も克服し、惹かれて行くんですよね。
しかし、あの吉村の勝因って、やっぱりあの押しの強さなんでしょうか?
だって、すごいめげないですよね。
・・・機会があれば、常になんらかのアプローチしてますもんね。
しかも、真にはずーっとずーっと、断られてるというか嫌がられてるし。
普通の感覚だと、あの男には惚れない気がする(笑)
だって、変ですもん!
なのに、あいつ、仕事はめっちゃできるんですよね、むむむ・・・。
しかも、この仕事ができるというのが、ちょっとしたオチだったりします。
けど、そんな大事なところが、え?それだけ?みたいな・・・。
噂に聞いてましたけど、シャレードパール文庫、薄い!!
史上最速で読み終わりました・・・。
だからその分、話の展開が唐突なところもあったんですが、気にしない(笑)

まりもといえば、今や全国に広がった「まりもっこり」。
うちの職場でも、大人気です(女性陣に)
秋田にも新しいキャラクターが生まれたそうですよ。
「きり○んぽ」・・・日本のおみやげの下ネタ化が止まりませんね(笑)
【関連する記事】
posted by 棗 at 20:29| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>早瀬亮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!棗さん。
私ね、シャレードパールだけじゃなくてシャレードレーベルに対する累計投資額が半端じゃない気がします…(笑)。
今、雑誌のシャレードを整理してるので、余計にそう思うのかもしれません。
鳩村さんの天女のお話の雑誌掲載分が出てきたので、これから読み返そうと思います。

さて、マリモちゃん。
私はタイトルとあらすじには心惹かれたんですけど、早瀬さんの文章に苦手意識があって、迷った末に新刊発売時には買わなかったのデス。
でも、はーこさんが買われていて感想書かれていたのを読んだら、いてもたってもいられなくなり、買って読んでみたらものすごく私好みの話だったんですよ(笑)。
攻めがアサッテな電波なのも良いんですけど、家族の心温まるエピソードというのがあると弱いんですよね。
誰が何と言おうと、私的には癒しBLです!

でも、シャレードパールは本当に薄いんですよねー。
いつも、お昼の休憩時間だけで読み終えちゃうんだよな。
アンケ出せば、変えてくれるのかな?

ではでは!
TBも頂きましたので、よろしくお願いします。
Posted by tatsuki at 2008年03月02日 21:53
名誉読者のtatsukiさん、こんばんは♪
確かに、tatsukiさんはシャレード全般に熱いですよね。
お話聞いてると、どんだけ贔屓なんだ!っていうくらい入れ込んでいるような・・・。
私もシャレードレーベル好きですけど、tatsukiさんの足元にも及びませんわ(笑)

私は今回、早瀬亮さんの作品を初めて読みました♪
そんなに文章にクセがあるーという方ではなかったです、読みやすかったです〜。(寧ろ先日読んだあの方は・・・)
なんといっても、あの薄さですし。
私も休み時間で読めそうですけど、職場には連れていけない・・・(笑)

家族のエピソードといえば、あの出来た弟たち・・・。
彼らはいいキャラだなーと思いましたよ。
もうちょいページがあれば、そこらへんもっとつっこんでかいてあっただろうなあと思いつつも、あの緑色マニアのパンチが弱くなるのはイヤ!みたいな矛盾を抱えております(笑)
↑の感想ではまったく伝わりませんけど、私はあの吉村のへんてこりんなところは、案外気に入ってますよ、キャラとしては。(異性としては全くタイプじゃないですけど/笑)

それでは、また後ほどお伺いしますね〜♪

Posted by 棗 at 2008年03月03日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

恋せよまりも
Excerpt: 面白かった!今まで読んできたシャレードパール文庫の中で、ダントツで一番面白かったデス! 私はエロいBLもイタいBLもアサッテなBLも大好きだ...
Weblog: la aqua vita
Tracked: 2008-03-02 21:40