2005年10月13日

映画館で逢いましょう:鳩村衣杏


鳩村 衣杏, 山田 ユギ / 二見書房(2003/11/27)
Amazonランキング:81,787位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
映画のクレジットロールを見ると、反射的に涙が出てきてしまうという、変わった体質の國重周。
大手の印刷会社を依願退職したばかりの周は、映画配給会社「エルシノア・フィルムズ」に再就職する。個性派ぞろいのメンバーの中で必死にがんばる周は、なんとかその会社の中に自分の居場所を見つけはじめる。
周の変わった体質を知る社長の神尾は、ある試写会に周を連れていく。
そして周は、自分が利用されたことに気付き、激しく落ち込む・・・。
映画配給会社社長×社員モノ。


「タイ●ニック」を三度観て、三度クレジットロールで泣きました(笑)
なので、周がそこまで自分の「泣き」にこだわってる姿が、解せなかったです・・・。
悪くないと思うんですけど、全然。
寧ろ、いいじゃん!
でも、それを言っては、話を根本から否定(笑)






ブログでは書いたことないですが、実は相当な映画好きです。
あとがきで、”配給会社A”と出てたのを読んで、あそこか?と、無意味な予想したくらい・・・。
なので、この本、ず〜っと気になってたんですが、なかなか手が出せなくて、先日中身をチラ見(笑)する機会があったので読んでみたら、想像してたよりずっと面白そうだったので、速攻で購入を決めました(笑)
いいですね、映画配給会社。
映画というと、どうしてもハリウッドのあの華やかなイメージ想像しますけど、実際配給会社のお仕事なんて地味なものなんでしょうね。
着ぐるみに入って子供に襲われたり(笑)、試写会のハガキの宛名書きしたり、試写会の会場で走り回ったり・・・。
なんか、周と神尾社長の恋の行方を読むより、完全に映画業界の話に心を奪われていた気が(笑)
そういう意味では、業界モノBLにありがちな中途半端な感じが全然しなくて、よかったです。

主人公の周、結構好きです。
じつはなかなかのお家柄の息子のくせに、自分の信念を持ってる強さとか、自分の考えをきちんと主張できるところとか。
でも、エルシノアでは、きちんと下っ端らしくがんばってて、前職が一流企業だからって、威張るわけでもなく、謙虚だし。
根が素直な子なんだろうな、と。
だからこそ、クレジットロールみただけで泣けたりしちゃうんだろうな。
しかし、そんな周の涙にころっといってしまった神尾、やっぱりロマンチストみたいです、社長のくせに。
社長の顔してる時って、なかなかシビアで現実的なくせに、周には甘すぎー。
言葉が、子供に話しかけるみたいなときありますよね、妙に。
おもちかえり(笑)のときのセリフには、本気で萌えました、そして悶えました。

個人的には、小舅(笑)島くんの弱点が非常に気になるんですけど。
彼は受で、恩田くんとできてる!・・・って、そんなわけないか(笑)
二巻が楽しみです。




posted by 棗 at 21:25| Comment(2) | TrackBack(2) | BL(小説)>鳩村衣杏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜、会長。

>小舅(笑)島くん
ぶほ(ヘンな擬音ですね)あまりに適切な例えで、思わず噴いちゃったじゃないですか。
この人、2巻では大活躍ですからね。期待しててくださいね!

おもちかえりのシーンは萌えましたよぅ(身悶え)なんか、大して歳の差はないはずなのに、どうなんでしょうか?この関係。

周になって神尾に甘えてみたいです。ってか、周はそんな風には思ってないんですが(笑)

TBさせていただきましたよ(嬉々として)
Posted by suzuya at 2005年10月13日 23:05
こんにちは、名誉会長〜(笑)

島くん、恩田くんといい仲ではなかったんですね(泣)
残念・・・。
でも、二巻も、「ラブ、エトセトラ」も楽しみです、ふふふ。
・・・なんだか、最近suzuyaさんに、いろいろとオススメされてばかりですね(笑)

>おもちかえりのシーンは萌えましたよぅ(身悶え)
よかったです!!
同士が、ここに!!(笑)
個人的には、えっちシーンより、かなりキました。

TB&コメントありがとうございます〜。
Posted by 棗 at 2005年10月15日 17:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画館で逢いましょう
Excerpt: 【映画館で逢いましょう】 鳩村衣杏 ★ 山田ユギ 「映画館は、人と会える場所ですから。 そこへ来た動機も、映画に対する感想も、みんな違います。でも、知らない人と・・・・・・も..
Weblog: plastic-paradise
Tracked: 2005-10-13 22:54

いやぁ、映画もホモも本当にいいものですねぇ。
Excerpt: この本を読んだら無性に映画館に行きたくなり、「なぁ、映画見に行こー」と夫を誘ってみたところ、「いいねぇ、行こうか」と乗り気な様子。 今、公開中の映画で見るなら、やっぱり・・・ 夫 「day a..
Weblog: ほもほも日記
Tracked: 2005-10-14 22:37