2005年10月06日

バッテリー:あさのあつこ


あさの あつこ / 角川書店(2003/12)
Amazonランキング:2,894位
Amazonおすすめ度:



春休みのおろち峠を進む一台の車。
乗っているのは、中学入学を目前に控えた原田巧、とその家族の父・母・弟の青波の四人。
父の転勤で、両親の生まれ故郷でもある岡山県の地方都市へと引っ越すことになったのだった。
巧は、類い稀なる野球の才能を持つ、天才ピッチャーとして活躍していた。
それゆえに、絶対の自信を持ち、どこまでも己だけを信じてしまう。
そんな巧の前に、永倉豪という、キャッチャーがあらわれる。
ふたりは、バッテリーを組むことを熱望するが・・・。









神(またのを、作者)よ、お許しください。
この小説で萌えを感じてしまった、罪深い私を・・・(笑)

「これは本当に児童書なのか!?」
角川書店のおそるべしマーケティング戦略を感じずにいられません。
あえて、角川文庫で出しちゃってるところで、誰をターゲットにしてるのかは、見え見え(笑)
いや、買いやすくて、すごくいいんですけど。

ずいぶん昔からこの作品、気にはなっていたんです。
カツクラとかでも、相当取り上げられてましたし。
でも、どうしても手に取れなかった理由はただ一つ。
スポ根がキライ。
ていうか、私が個人的に運動キライなんで、必然的にスポーツモノの話って苦手なんです・・・。
だから、「どうせ、彼らが、がんばって甲子園いこうぜ〜的なノリの話だろ」と決めつけてたんですよ、この「バッテリー」。
でも、どうも方々で噂をかき集めると、そうでもなさそう。
そして読み終わって、第一声、
「なんで、もっと早く読まなかったんだ〜、バカ自分っ」
まだ一巻しか読んでませんが、がんばってそろえるぞ〜。
そして「No.6」も読むぞ〜(って、「No.6」もオススメなんですよね、suzuyaさんっ!!)

それにしても、中学一年生(1巻では、まだなってませんが)の男の子たちって、こんなものだったでしょうか?
なんか、もっと子供みたいだったような気がするのは、気のせいでしょうか。
かわいそうなほどに大人びてる巧もそうだけど、直球勝負な豪もなかなかしっかりしてるなあ・・・。
でも、「バッテリー」が高校野球が舞台の話だと、なんか違う気がするんですよね・・・。
あの微妙な年ごろの少年たちでなきゃ、いかんのですよね。

個人的には、豪に好感持っちゃいました。
「おれ、おまえ好きじゃ」のストレートな告白にノックアウトです・・・。
本当に、素直でいい子です。
思ったことをきちんと口に出せる子なんですよね。
一方の、巧は、好きというか、とても気になる子。
13歳くらいの年で、自分の才能というものを知っていて、それが自信につながっている。
でも天才と呼ばれることで、おごることなく、努力も重ねてる。
どこまでもストイックな子。
でも、彼に天才ゆえの孤独みたいなの感じちゃうんですよね・・・。
しかも、彼、親にさえ甘えないですよね、あの年で。
お母さんが、なんでも自分でできる子だからと思ってるみたいだけど、ただ、そうせざるをえない状況だったんだろうなと・・・。
あーあ、やっぱり私、青波のことキライだ・・・。

そんなことは置いといて、巧と豪。
・・・ほんとにもう、どうなんですか(笑)
というか、豪くん、バッテリー組んでないのに、すでに女房の座をしっかり奪い取ってますね。
巧の体調悪いのにもいち早く気付いたのも、彼。
あの巧があんなに信頼して身体を預けた(って書くとヤラしいなあ)相手も、彼。
今まで、巧はそんな相手に出会ってこなかったこなかったんじゃないのかな。
以前バッテリー組んでた相手にだって、一目置かれてる風だったし。
巧と対等に渡り合っていける子で、しかも巧自身が、バッテリー組みたいと思った子ですから、豪は。
なんだか、親の妨害(笑)にあい、引き裂かれそうになってる二人が、どうなっていくのか、非常に気になる作品です。

そう言えば、文庫版の「バッテリー1」の解説を三浦しをんさんが書いていて、しをんさんの「月魚」の解説をあさのさんが書いてるんですよね。
ということは、ひょっとして、萌えを感じた私は、間違ってないとか?(笑)





posted by 棗 at 21:04| Comment(14) | TrackBack(3) | 萌え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もバッテリーにハマりました。今までこの作品を読まなかった自分を馬鹿だなああとおもいました・・・
本当におもしろいです。(このことばでまとめていいんでしょうか?)
Posted by さくら at 2006年02月26日 11:32
さくらさんはじめまして、こんにちは。
このようなところへようこそです(笑)

>(このことばでまとめていいんでしょうか?)
いいです!だって、ホントに面白いんですもの〜。
私の場合は、大分腐った読み方してるので、イカンんのですが・・・。

バッテリーは今度、映画化されると聞いたんですが・・・どんな仕上がりになるんでしょうね、期待と不安が半々です。

コメントありがとうございました、また遊びにいらしてください♪
Posted by 棗 at 2006年02月27日 18:22
こんにちは。お久しぶりです。
実写で映画化されるようですよ。(どこからきたか分からない情報ですが・・・。)
どんな人がでてくるか楽しみです。
 では、また。
Posted by さくら at 2006年03月27日 15:04
お久しぶりです、さくらさん♪
 
>実写で映画化されるようですよ
・・・実写、ですか。
誰が巧と豪を演じるんでしょう・・・。
気になりますねー。

情報ありがとうございました、またいらしてください♪
Posted by 棗 at 2006年03月27日 17:03
はじめまして!!良由(らゆ)と申します♪
最近カキコされてないようなのですがぁ・・・
映画というのは本当ですか!?ちなみに私はマンガで読んでます☆彡はぃ・・・
Posted by 良由 at 2006年04月15日 11:29
こちらこそ、はじめまして良由さん。
きまぐれで神出鬼没なもので、最近はめっきり放りっぱなしでした、スミマセン・・・。

バッテリーの映画のことですが、角川のホームページに、「映画化!」とは書いてあるんですけど、それ以上詳しいことがのってなくて・・・。
誰が巧を演じるのか、すっごく気になってるんですけどね。
そう言えば、バッテリーは漫画化もされてますね、そちらはまだ読んでないので、ちょっと見てみたいです。
でも、巧が私のイメージと、ちょっと違うかも(笑)

コメントありがとうございました。
また遊びに入らしてください♪
Posted by 棗 at 2006年04月15日 19:37
はじめまして。月奈です★ 

よろしくお願い致します!バッテリー大好きですあと、マンガも読んでます。豪君派です!映画も気になります。いつ、やるんですか??
Posted by at 2006年04月15日 19:54
月奈はじめまして、こんにちは。
こちらこそよろしお願いします♪

豪くん、彼もすごくいい子ですよね〜。
でも私は、巧派(笑)

映画は、本当にどうなってるんでしょうねー。
一体いつ公開されるんでしょうか・・・。
私も知りたいですー。(切実)
Posted by 棗 at 2006年04月17日 18:21
原田巧役は、林遣都くん
永倉豪役は、山田健太くん
だったと思います
Posted by ジャスティス at 2006年06月25日 17:42
ついでに、
原田真紀子役は天海祐希さんだそうです
映画公開は2007年の夏
余談ですが、私は瑞垣俊二のおっかけです
Posted by ジャスティス at 2006年06月25日 17:50
すみません
映画公開は夏ではなく春だそうです
文庫本X本日発売です
Posted by ジャスティス at 2006年06月26日 17:18
ジャスティスさん、貴重な情報ありがとうございます♪
来年なんですね、映画。
一体どんな風になるんでしょうねえ・・・。
しかもたった二時間という制限で、どこまでが映像化されるんでしょう・・・。

今日本屋で、バッテリーの五巻見かけました♪
返事がすっかり遅くなってしまって、スミマセンでした。
また、いい情報があったら、よろしくおねがいします。
Posted by 棗 at 2006年06月27日 21:50
ウチもバッテリーの映画がすんごく楽しみやねん。今、6巻まで読んだで!
Posted by l at 2006年08月29日 23:23
lさん、こんばんは。

映画は来年の春みたいですね。
巧役の子も、豪役の子も、すっごいかわいらしい子で、非常に楽しみになってきました♪
またいらしてください〜。
Posted by 棗 at 2006年08月30日 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「バッテリー」 あさのあつこ
Excerpt: やっと4巻が到着しました(あまり興味のない方……すいません)。   赤坂図書館で、20人待ちでした   遠かった………   ……3巻を読んだのが8月……。どんな内..
Weblog: おおしたで〜す
Tracked: 2005-10-12 07:15

『バッテリー』が映画化です!!
Excerpt: 演技力よりも、野球の上手さ(?)でオーディションするそうですね。 バッテリー あさの あつこ, 佐藤 真紀子 教育画劇【児童図書】1〜6巻 ISBN=4-87692581-X(1巻) ..
Weblog: 輝夜のオススメ漫画blog
Tracked: 2006-02-25 20:49

バッテリー/あさのあつこ [Book]
Excerpt:  あさのあつこ:著 『バッテリー』  バッテリー角川書店このアイテムの詳細を見る  いやー、おもしろかった。  噂には聞いてましたが、おもしろい!  貸してくれた友人に大感謝です☆  バッテリーと..
Weblog: miyukichin’mu*me*mo*
Tracked: 2007-07-14 02:30