2007年11月03日

美しき厄災―ビューティフル・ディザスター:鳩村衣杏


美しき厄災―ビューティフル・ディザスター (リンクスロマンス)

美しき厄災―ビューティフル・ディザスター (リンクスロマンス)

  • 作者: 鳩村 衣杏
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本






<あらすじ>
映画配給会社のやり手宣伝マンの采女舜太郎は、可愛い男が大好きな遊び人。映画のプロモーションで来日した美貌の俳優・エリーの「お守り役」となるが、我が侭に振り回される事に。友人であるエリーに恋心を抱いた事もあったが、女王様っぷり全開で、純真さの欠片もない今の彼は好みの範疇外…のはずなのに、時折みせる無邪気な表情に愛しさを覚え始める。そんな中、些細な事でエリーと口論になった舜太郎は、挑発的な言葉に激昂し、彼を抱いてしまい…。
映画会社社員×ハリウッドスターモノ。

あらすじを読んでいて、どこかで見た覚えのある名前が〜と思ったら。
采女、エリー・・・そうだ、『映画館で逢いましょう2』(感想コチラ)に出てきた人たちだ!
でも、あれはシャレードからでてたし、イラストもユギさんだったし、どうだろうなーと思いつつ、購入。
雰囲気が変わって、これもまたぐーな感じでした。
それにしても、幻冬舎の担当さん、GJ♪



最近、鳩村さんたくさん読んだんですが、なんていうか、いつも雰囲気の違うモノを出されますよね。
キャラクターにしても、お話にしても。
・・・また、こーゆーのかあ、ということがなく、いつも新鮮です♪
シリーズモノ読んでも、安心。
ということで、「映画館で逢いましょう」のスピンオフ作品です。
前作では主役だった神尾の、元同僚にして商売敵のやり手宣伝マン采女と、その神尾の元恋人にして、ハリウッドスターのイライアス・ウォンことエリーが主役。
そんな映画業界が舞台なだけあって、華やか・・・。
そして、さすがとしかいいようがないです、鳩村さん、あいかわらずお仕事のうんちくがすばらしいです。
ハリウッドスターの車のこととかホテルの部屋とか、ああいったわがままやら要望なんか、いろいろ聞いたことはありますけど、用意する側はホント、大変なんでしょうね・・・。

実は前作読んだとき、采女もエリーも、そこまで好きじゃなかった(笑)
采女は、仕事できますーという雰囲気がして、わりと強引だし、エリーは、やっぱスターゆえの女王様気質みたいなのがみえたし。
でも、視点が変われば、その人物も違って見えるわけで。
たしかに、采女は強引だけど結構気は使ってるし、案外ヘタレ気質のような・・・。
エリーはエリーで、女王様というのは、繊細さんが被った仮面なわけで。
カワイイカップル、と思いきや、えっちはやるきまんまん(笑)
どんだけ襲い受だっちゅーくらい、積極的で。
自分史上、最高に恥じらいのない受ちゃんでしたよ、エリーは(笑)
だからなのか、今まで読んだ鳩村さんのなかで、一番エロかった気がするんですけど・・・。
なんてたって、薔薇ですから♪
かつては、恋心を抱いたこともあるけれど、現在は完全に友人としてつきあう采女と、エリー。
はじまりかたは身体からだったけれど、それがきっかけで、采女はエリーの本当の姿を知ることとなり、もう一度恋をする。
そんな采女が、日本観光に行きたいというエリーのために連れて行った場所が、自分が育った街。
男性が、自分のルーツを好きな人に見せるのって、本気って感じするんですよね〜。
だから、このシーン読んだとき、すっごい采女が好きになりました。(・・・簡単だな私)
そういえば、神尾が、采女にエリーのことを話すシーンがあるんですが、あそこはうわーってなっちゃいましたよ。
かつての恋人に、自分の想い人のことを語られるなんて。
周がいたら、絶対いい気はしないだろうなーというくらい、自分的にはリアルでした・・・。
だから、逆にくやしくないのかなーと、采女に対して思ったりしたんですけどね。
そういえば、神尾社長のところも、仲良くやってるようで(笑)
さらっとのろけてましたよね、このお方。

ところで恩田君!!
私は、「映画館で逢いましょう2」のあとがき読んだときから、ずっと気になってたんですよ!
彼は・・・受ですよね、きっと。
というか、受であってほしい(希望)
そんな彼の相手が誰なのか?非常に気になるんですよ。
はじめ守沢さんかなーとも思ってたんですが、最近は島広矢かなーと、勝手に想像してますが。
・・・それとも、新キャラ?


『映画館で逢いましょう』の感想はコチラ

posted by 棗 at 20:08| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>鳩村衣杏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん こんにちは〜!

こちらも連続TBを・・・お願いしようとしたんですが、なぜかこちらは上手く入りませんでした(泣)
また後日改めますね。

鳩村さんは私も大好きで感想書く率も高い作家さんなのですがブログ始める前に読んだ本は書いてないんですよね〜。
年のせいかそうするとけっこう前の本は忘れちゃってて・・・面白かったよな、って記憶だけはあるんですけど(笑)

鳩村さんの書く男たちは見かけチャラくてもヘタレでも仕事に対するプライドはバッチリなのがたまりません♪
恩田の話も楽しみですよ〜。

ではでは改めてまたよろしくお願いします!
Posted by ゆちゅらぶ♪ at 2007年11月08日 14:21
ゆちゅ♪さん、こんばんは。

TB成功してましすよ、大丈夫です♪
再構築しないと反映されないときが時々あるんですよ・・・。

>年のせいかそうするとけっこう前の本は忘れちゃってて・・・面白かったよな、って記憶だけはあるんですけど(笑)

私は、読んだ本、片っ端から忘れていってるような気がします・・・。
BLじゃないんですけど、某ハウルの原作本、積んで積んで、こりゃいかんと思い読んだんですけど、もうすっかり内容が思い出せないんです・・・。
自分でビックリです。
脳トレしないと・・・。
でも、お気に入りのBLの内容はなかなか忘れないんですよね(笑)

鳩村さんの、働く男はホントにかっこいいですよね、うちの職場の某男子は、どーも仕事がぬるくてカッコ悪いっていうか、許せない(笑)
こういう男子に、読ませたいなーと、今日も仕事中にちょっと思いました・・・。

TB&コメントありがとうございました♪

Posted by 棗 at 2007年11月08日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

小悪魔はみたらし団子がお好き♪
Excerpt: 美しき厄災―ビューティフル・ディザスター (リンクスロマンス) 鳩村 衣杏 ここ最近捻りすぎてわかりづらいタイトルが多かった気がするので今日はストレートにいってみました。 読んだ方にはま..
Weblog: 水中雑草園
Tracked: 2007-11-08 14:10