2005年07月16日

誰かが誰かを愛してる:柏枝真郷

柏枝 真郷 / 角川書店(1997/07)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
曽我部電気の子会社に勤める岡崎祐司は遅刻の常習犯、おかげで「第三課」から窓際部署の「整理課」に飛ばされてしまう。
第三課には、同期入社で、片思いの相手の吉家邦夫の存在があった。
なんとかこんな変人の集まりのような整理課から脱出して第三課に戻ろうと、仕事に打ち込もうとするものの、元・エリートの板倉に振り回されてばかり。
そして、他人の夢を見るようになった祐司は、ますます遅刻が増えるばかり。
そんな折り、整理課のメンバーが全員解雇されるという噂が流れる・・・。
会社員×会社員モノ。


柏枝真郷さんの作品なのに、事件が起きてない・・・。
いや、そんなことはどうでもいいんですけど、なんだかちょっと意外でびっくりでした。
確かに事件というのは、人が死んだり傷つけられたりというのだけではないですから、恋愛というのも、結構な事件であるわけですし。








ことの発端は、主人公の祐司が、他人のエロい夢を見るということ。
元々遅刻の原因が、片思いの相手の吉家との甘い甘い夢を見てたため、現実にはありえないシチュエーションに、ついつい目覚めたくなくて、夢の世界の住人と化してる。
それがある日、誰か知らない人の見るエロい夢に変わってしまう。しかも吉家は全く出てこない。
出てきたのは、第三課の藤沢課長。あまりの衝撃に、遅刻もしない祐司。
・・・さしずめ、ティーンズハートが黒ラキにかわったようなもの(笑)
っていうか、遅刻すんなよ、祐司!
板倉もなんですが、この二人の仕事に対するスタンスっていうのがもう・・・。(怒)
うちの上司が、そうなんですよ。毎日遅刻、好きな時に早退、仕事中にインターネット、新聞、徘徊。
給料ドロボー(笑)
祐司には祐司の、板倉には板倉の、言い分があるんでしょうが、少なくともまじめに仕事してる人に失礼すぎ。
そんなやつ、やめてしまえー。
って、どうでもいいか。(笑)

仕事にイマイチ身の入ってない二人だけど、少なくとも恋愛には命懸けてます(笑)
祐司は、採用試験の時から六年!も吉家に片思い。
同僚のポジションを守りながら、毎日夢に見るくらいめろめろ。
だから、吉家の出てこない夢は、他人の夢とあっさり決めつけちゃうほど、恋の病が深くて重い。
彼の笑顔が、さりげない言葉が、全部好きなくせに、寂しさに負けて、ついつい板倉と寝てしまう。
最初、なに〜っ、吉家がいながら据膳喰う(喰われる?)のか祐司〜って、怒り炸裂。
でもこの世界では、会社の同僚が都合よくみんなホモってわけじゃない。(笑)
少なくとも六年も片思いしてたってことは、祐司は、自分の性的嗜好が普通じゃないって、ものすごく思い悩んでたはず。
だから、気持ちを伝えることもできない、かといって別の誰かに恋することもできない。
思いが募るばかりで、夢ばっかりみてる
決して叶うことがない夢、だから夢見るくらいいいじゃないかと思ってしまうほど。
進展もなければ後退もない、ただただ現状維持の恋愛。
今の同僚という関係が崩れてしまうくらいなら、気持ちを隠していたほうがずっといい。
そんな時に出会ってしまったのが、据膳男(勝手に命名)板倉課長。
元エリートでいろいろな過去を持ってるみたいで、そして仕事をしない(笑)
この男の策士っぷりにはも〜、です。
仕事しないかと思えば、めちゃくちゃできる。
淡々としてるかと思えば、信じられないほど情熱的。
他人に興味なんてないのかと思えば、しっかり見てる。
やっぱり、人なんてわかんないもの。
祐司も板倉も吉家も、話が進むにつれ、意外な面を次々に見せられて、こんな人だったんだと新鮮な発見が。
特に、恋愛フィルターのかかった目で見てしまうと、10倍増しくらいの勢いでいいやつになってしまうのが、世の常ですから。
だからつきあってみて、いいなと思える面に触れることもあれば、逆なこともある。
恋愛の醍醐味ってやつでしょうか。
しかし、これラブコメだったんですかー?
やばいくらい、真剣に読んじゃったんですけどー。






posted by 棗 at 21:12| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>柏枝真郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
suzuyaですv
棗さんの感想、面白すぎてどこから突っ込んでいいやら・・・。大好きです!

>柏枝真郷さんの作品なのに、事件が起きてない・・・。
そこから来るか!と思いましたが、そのとおりですね。その後の物語の「社内恋愛コンプレックス」のシリーズは事件満載なのですが(笑)

>据膳男
だから〜、そこで笑わせないで〜。「据膳を喰った」のか「喰われた」のか微妙なんですが、この課長はクワセものでしたね。まんまと騙されてました最初。くそぅ、大人の男って悔しいけどカッコよかったです。

人様のとこで長々と失礼しました。
ホントに楽しんで感想拝見しました。ありがとう!
Posted by suzuya at 2005年07月16日 21:52
いらっしゃいませ、こんばんは、suzuyaさん♪

面白いと言っていただけて、嬉しいです。
我ながら、阿呆なこと書いてるなあ、といつもがっかりしてるんですよ・・・。

>「社内恋愛コンプレックス」
そうですか、続編ですか。

(・・・アマゾンで検索中)

なんと、吉家の話じゃないですか!
これは期待できそうですね〜。しかも事件満載(笑)
しかし、捜索がまたしても難航しそうな予感です。
suzuyaさんのおかげで、いろいろ新しい本に出会えてこちらこそ、感謝しております。
また面白い本があったら、紹介してくださいね。
Posted by 棗 at 2005年07月16日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

誰かが誰かを愛してる
Excerpt: 誰かが誰かを愛してる 【誰かが誰かを愛してる】 柏枝真郷 ★ 赤坂RAM 角川ルビー文庫  ・・・ぼくの好きな誰かが、そこにいる。  彼はぼくが呼びかけると、ふりかえって、ぼ..
Weblog: plastic-paradise
Tracked: 2005-07-16 21:39