2007年08月08日

恋敵な恋人:いおかいつき


いおか いつき
Amazonランキング:179988位
Amazonおすすめ度:




※どっちがどっち、ということを知りたくない方は、ご注意下さい。

<あらすじ>
会社で同期の渡浩輔と織田高正は、ライバル同士。2人はゲイでどちらもタチ、好みのタイプも似ている。2人はリース会社の星川に目をつけ、3人で飲みに行く。気がつくとホテルで寝ていた浩輔は、隣に寝ている人物を…。
会社員×会社員モノ。

攻×攻。
この言葉が、イコール、リバでないことを学習したのは、つい最近(笑)
ただ、この作品は、リバを全く期待せずに読んだんですよ。
イラスト見れば、まあなんとなくどっちがどっちっていうのも、予想がつきましたから。(なんせ、カラー口絵&裏表紙でわかるようになってますし)
だから、悔しさにハンカチを噛みしめることもありませんでした。
寧ろ、すっごくツボだった!
でも、実は、購入を見送る予定だったんですよね・・・。


証券会社の営業一課の渡浩輔と営業二課の織田高正は、同期入社のライバル同士。
しかも、お互いゲイでタチ、好みのタイプは似ていて、二丁目のバーでも、ライバル同士。
そんな公私共にライバルな二人のお話です。
そんな二人が、次の狙いに定めたのは、出入りのリース会社の星川。
ストレートの彼を落とすために、邪魔をしあう二人。
なんか、必死?(笑)と聞きたくなるほど、お互いに星川にアピールしまくってますよね。
なんで星川、気付かないのかなー。
そんな二人のアピールが実ってか、星川から相談事をもちかけられる。
それは得意先の社長に、仕事を切られたくなければ、身体を差し出せと迫られていて、困るという内容。
友人として、その相談事を解決すると言って引き受けた二人は、一時休戦協定を結び策を練ることに。
二人の考えた計画に参加することになったのが織田の昔の恋人。
完璧な外見を持っているのに、お金が好きで好きで、という朔矢に、複雑な感情を抱かずにいられない浩輔。
それもそのはず、星川を交えて三人で飲みに行った夜、酔いつぶれた浩輔は、星川と間違えて織田に手を出してしまう。
幸か不幸か、お互い途中で気付き、最後までいくこともなく、未遂で終わるものの、織田の感触を忘れられなくなる。
以来、犬猿の仲だと思っていた織田を見る目が少しずつ変わり、ちょっとした共通点を見つけてしまったり、メールの返事がないことを気にしたり・・・。
そんな感情を、恋だと自覚するのがイヤで、目をそらし続けるものの、気がつけば、星川のことはもう考えてなんかいなかった。
けれど、星川を助けるための計画が成功したことで、織田は朔矢とヨリを戻すかもしれないと思うと、浩輔はどうにもガマンができなくなってしまう。
ライバルな二人ですけど、案外タイプが違うというか。
織田は、なんとなく穏やかな雰囲気があって、浩輔は、せっかちかちやま(笑)で気が強そう。
だから、収まるところに収まるまでの過程は、もう性格でてるなーって思いました。
浩輔も強奪したくなるでしょうよ、あんな状況なら。
しかも、全く後先考えずに、朔矢から織田を奪い取ってしまいますから。
これをオトコマエと言わずして、なんという!って感じです。
多分、私は、こういう強引な受にモロに弱いんですよ。
しかも、「受けてやるよ」発言。
私には全く持ってわかりませんが、今まで「抱く」側だった人が、「抱かれる」側になるというのは、やっぱり覚悟がいるんでしょうか。
っていうか、いっそリバでもいいじゃんと思ったんですけどね、実は(笑)
まあ、そんなことはどうでもいいんですけど、最後の最後で出てきた織田の告白に、ちと気が長過ぎではないかと思いました。

・・・ええと、同い年のヘタレ攻め×強気受けは、やっぱり私の原点でした、ということを再確認した作品。
そりゃあ、萌えないわけがないって(笑)



実は、「これで結構星川って、ブラックな性格だったりして〜」と、いらんこと考えました。
二人の気持ちを察して、手玉に取ってたりしたりして・・・とも思ったんですが、案外あっさりフェイドアウトしてしまったので、残念です(笑)
この記事へのコメント
棗さん こんにちは〜!

実は星川ブラック説は私もちょっと疑ってみたり(笑)
いや、手玉に取るまではないと思いますがけっこう演技も上手みたいだし、彼がノンケでなかったら案外魔性と呼ばれたかもしれませんね♪

しかし織田は気が長いというか…ちょっと乙女のようだと思いました。
浩輔も押し倒すくらいならそのまま乗っかっちゃえばいいのに(笑)
織田にも未知の快感を教えてやるがいい〜(`∀´)Ψ

TBよろしくお願いします♪
Posted by ゆちゅらぶ♪ at 2007年08月15日 16:00
ゆちゅ♪さん、おはようございます。

星川ブラック説に、賛同者がいて安心いたしました(笑)
我ながら考え過ぎかな〜とも思ったんですけど、最近、希代の詐欺師がでてくる本読んだもので、無駄に疑り深いんです。
二人を手玉にとり、あまつさえ社長からも大金をせしめ・・・なーんて話になったら、全然違うストーリーになっちゃいますね(笑)

>織田にも未知の快感を教えてやるがいい〜(`∀´)Ψ

ブラックゆちゅ♪さんになってますよー(笑)
きゃー、かっこいー(_≧Д≦)ノ彡☆

TB&コメントありがとうございました♪
Posted by 棗 at 2007年08月16日 08:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

It is no use crying over spilt milk.
Excerpt: いつき朔夜さんの本を読むぞっ!と意気込んでいたのに、その矢先にアマゾンから本が届いたのでつい先にこちらを読んでしまいました…何故って実家に帰るとき新書サイズはなるべく持っていきたくなかったから..
Weblog: 水中雑草園
Tracked: 2007-08-15 16:02