2018年12月01日

2018年11月の読書記録

11月分
購入2冊
Kobo11冊

読了
BL小説12冊

積本224冊


M/Mはなかにイラストがあるわけでもなく、表紙がどうであれ、まあそこまで気にすることはないんだろうけど、時々表紙がリニューアルされてめっちゃかっこよくなることがあって、テンション上がる。
そして、12月のモノロマのラニヨンさんはどうしてくれようっていうすばらしさ。
早く現物が見たい!(予約はした)
そして1月には王子!なにこのご褒美感。






11/1
「The Medic Finds His Home [Rescue for Hire West 8]」Bellann Summer
11/6
「Lust & Fae [Anything Goes 1]」Joyee Flynn
11/11
「Brac Pack Halloween Murder Mystery [Brac Pack 32]」Lynn Hagen
11/14
「Blue Moon」Lynn Hagen
11/17
「Mark's Not Gay [Brac Pack 11]」Lynn Hagen
11/22
「His Sugar Pups 」Casper Graham
11/23
「Stryking Out [Assassins Inc. 4]」Stormy Glenn
「Strange Sensations (Omega Island Book 2」Maggie Walsh
11/24
「Strange Sensations Revealed (Omega Island Book 2.5)」Maggie Walsh
11/25
「A Rescue for Hire Independence Day Reunion [A Holiday Story 3] 」「Joey's Gorgeous Italian [Intrepid Luminaries 1]」Bellann Summer
11/30
「Fire and Agate (Carlisle Deputies Book 3)」Andrew Grey



※メモ
「The Medic Finds His Home [Rescue for Hire West 8]」
記憶喪失もの。
とはいえ、一時的なものではなく、永久的なもの。
記憶をなくし新しい人生を生き直す主人公もつらいんだけど、全く思いだされることのない過去の仲間たちの気持ちの行き場のなさもすごくつらかった。

「A Rescue for Hire Independence Day Reunion [A Holiday Story 3] 」
ホリデーものだからと油断してたら、次の新シリーズのキャラ登場の巻だった。
ここのチームも古参メンバーが負傷したり病気したりでどんどん現役を退き、若い子と入れ替わってるの見るとなんか胸熱。
しかしみんなで結婚式とか、M/M過ぎるにもほどがある(笑)

「Joey's Gorgeous Italian [Intrepid Luminaries 1]」
最初から最後までママに納得がいかないままだったんだけど、え?あれありなの?
毒親とかじゃないのどうなの?
しかもそれでいいの?え?
って始終なりっぱなし。

「Lust & Fae [Anything Goes 1]」
悪魔と妖精のMpregもの。
なんか悪魔がすごくいいやつで、時々不敏になった。

「Brac Pack Halloween Murder Mystery [Brac Pack 32]」
シリーズものにある季節のイベントにからめた作者さんのお楽しみストーリー的な位置づけ。
ハロウィンの大騒ぎの一夜。

「Blue Moon」
パラノーマルの世界で生きる人間と、その世界のシフターとのメイトもの。

「Mark's Not Gay [Brac Pack 11]」
そのストレートすぎるタイトルはいったい(笑)
主人公のMarkは前からことあるごとにゲイじゃないとよくいってたけど、一目メイトに出会ったら、手のひら返しがすごすぎて、笑ってしまう。

「His Sugar Pups 」
Sugar DaddyとSugar Pupってまあようするにお金でつながる関係。
大金持ちだけど孤独を感じてた男が、突然ダディになるんだけど、なぜいきなり3人も見つけようとするかな(笑)
かわいこちゃんたちはお金に困ってるとはいえまあよくできた子たち。
いろいろ突っ込みどころもあったけど、ゆるっと複数を楽しむにはよかった。

「Stryking Out [Assassins Inc. 4]」
パンサーシフターの暗殺者集団のメイトもの。
メイトたち、そして飼い猫のメインクーン、このお約束具合がよい。

「Strange Sensations (Omega Island Book 2」「「Strange Sensations Revealed (Omega Island Book 2.5)」」
作者さんのおわびで、2が終わったこのシリーズ。
M/M界屈指の長ぜりふの作家さんということもあってだろうけど、1冊目読んでるとき、これ全然メイトが出会ってないし!と思ってたら、案の定。
一応2冊で完結したけど、友人のピンチはどうなるのだろう。
またこのシリーズでるんだろうか。

「Fire and Agate (Carlisle Deputies Book 3)」
Carlisle Deputiesシリーズ三作目は、人身売買の被害者と、彼の警護する保安官(だと思う…)のお話。
いつも思うけど、Andrew Greyさんはさんはすごくドラマチックでロマンス満載なのよね、だから好き。



ところでkoboのデスクトップアプリが更新してから一向にログインできないんだけど、どういういやがらせだろう…。
posted by 棗 at 01:00| Comment(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: