2018年09月09日

愛を与える獣達 『番』と獣は未来を紡ぐ:茶柱一号

4799739611愛を与える獣達 『番』と獣は未来を紡ぐ
茶柱一号 黒田 屑
リブレ 2018-09-07

by G-Tools

獣人が支配する世界(しかも♂しかいない!)でチカは、熊族の騎士・ゲイルと獅子族の王弟ダグラスに愛し愛され、五人の子宝にも恵まれて幸せな日々を送っていた。ある日、レオニダス現国王の伴侶であるキリルから、チカが最初に捕まった地・キャタルトンでヒト族が大変な目に遭っていると聞かされ、彼らを救いたいと強く願う。猛反対だったダグラスとゲイルだが、チカのまっすぐな想いには勝てず、自ら指揮を執ることになり…!?150P近くの大量書き下ろし表題作+ここでしか読めない巻末書き下ろしに加え、web発表の番外編も含む大人気シリーズ3冊目。



”超”特別執事と言いたくなるほどのセバスチャン。
めっちゃ気になるんだよ…。




今作はメインの3人ふうふ以外にも彼らの子供たちや、かれらが出会った人…獣人?たちの短編多めの番外編仕様。
まあ主役が代わったところで、あまあまのらぶらぶのえろえろは変わりません!
いつもの通りお腹いっぱい、ゴチソウサマ(笑)
とにかく作者さんの愛する世界とキャラクターが詰め込まれた物語を、堪能させてもらった、そんな感じです。

しかし私も前はグレンの駄犬ぶりがかわいいとか思ってましたが、今回読んでたら、パリスに萌えた。
ヘタレ?紳士?
個人的には後者だと信じてるよ。
posted by 棗 at 09:20| Comment(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: