2018年07月01日

2018年6月の読書記録

6月分
購入5冊
kobo17冊
図書館2冊

読了
BL小説18冊
一般小説6冊
合計24冊
積本204冊

koboの新しい端末出たんだけど、買おうかどうしようかすごい悩む。
今のところ、gloはちゃんとうごいてるので、必要はないんだけどさ…。



6/1
「Special K [Pantarious Brothers 2]」Stormy Glenn
6/2
「Shake, Rattle, and Roll」Stormy Glenn
6/4
「His For Keeps」Jessie Pinkham
6/5
「Love's Redemption [Silver Bullet 14]」Olivia Black
6/6
「The Vet's Big Cat [Furnas and Gosper Shifters 1]」Lilybeth Zefram
「最後の晩ごはん 海の花火とかき氷」椹野道流
6/7
「Between the Mayor and a Cowboy [Furnas and Gosper Shifters 2]」Lilybeth Zefram
6/9
「氷の天使」キャロル・オコンネル
6/10
「Cowboy Trust [Bear County 7]」Lynn Hagen
6/11
「Devil's Desires [Dark Knights 1]」Lynn Hagen
6/13
「Awake My Soul [Mayhews 2] 」Lilybeth Zefram
6/18
「Cowboy Rowdy [Bear County 8]」Lynn Hagen
6/20
「Taking Care of Us [Taking Care 4]」Dani Gray
6/22
「Intertwined [Federal Paranormal Agency 11]」Olivia Black
6/23
「寺嫁さんのおもてなし」華藤えれな
「A Devil's Bargain」Stormy Glenn
6/24
「Give Me Love [Silver Bullet 15]」Olivia Black
6/25
「Cowboy Stripper [Bear County 9]」Lynn Hagen
「Lipstick and Handguns [Lawful Disorder 1]」Gabrielle Evans
6/28
「The Brac Pack Collection, Volume 1」Lynn Hagen
「宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト」辻村七子
6/28
「Fin [The Angel Pack 15]」Maggie Walsh
6/30
「宝石商リチャード氏の謎鑑定 紅宝石の女王と裏切りの海」辻村七子





メモ
「Special K [Pantarious Brothers 2]」
自分たちがシフターであり、しかも生き別れの兄弟たちがいることを知らずに大人になった彼らの家族を、そしてメイトを探す旅。

「Shake, Rattle, and Roll」
大地震が町を襲い、その大混乱のなかで出会った2人の話。
他のメンバーの話読みたい。

「His For Keeps」
普通のBDSMモノだと思い読み進めたら、予想外の超能力モノに驚く。

「Love's Redemption [Silver Bullet 14]」「Give Me Love [Silver Bullet 15]」
Silver Bulletシリーズもあと1冊残すところ。
このシリーズはもう完結したってことだけど、こんな土壇場で気になるカップル出てくるとか、おにちくすぎる…。
彼らの話は読めないのだろうか…。

「The Vet's Big Cat [Furnas and Gosper Shifters 1]」「Between the Mayor and a Cowboy [Furnas and Gosper Shifters 2]」
この作家さんの作品は、私が常々読みながらストレスを感じる展開というのをことごとく回避しているので、すごく読みやすかった。

「Cowboy Trust [Bear County 7]」「Cowboy Rowdy [Bear County 8]」「Cowboy Stripper [Bear County 9]」
熊シフターメイトモノMpreg。

「Devil's Desires [Dark Knights 1]」
もし恋した相手が殺し屋だったら…。
というシチュエーションは萌えるね。

「Awake My Soul [Mayhews 2] 」
ヒストリカル…と思ってちょっと躊躇したけど、この作家さんとの相性はよいので大丈夫だろうと。
やはり安心安全なストレスフリーなさんぴーもので、美味しくいただけました。

「Taking Care of Us [Taking Care 4]」
私が思ってたのとは違うキャラたちでさんぴー。
それにしても、イベントが目白押しなストーリーで、みんな命狙われ過ぎだよ…。

「Intertwined [Federal Paranormal Agency 11]」
FPAシリーズ、最愛キャラAlexきたーの巻。
前作でちょっと不穏な終わりかたしたので不安だったけど、とてもしあわせなさんぴーで安心したよ…。
でもまたしても、不穏な終わりかたしたのが、気になる…。

「A Devil's Bargain」
多分M/M史上というか、私が今まで読んできたBL含めても、最強に汚い主人公だった。

「Lipstick and Handguns [Lawful Disorder 1]」
人身売買組織に攫われたものの、ある日突然解放され、なんとか生き延びた主人公と。その事件を追う刑事。
そんな酷い目にあったらその後の生活普通に送れる気がしない…。

「The Brac Pack Collection, Volume 1」
Lynn Hagenさんは、とにかく発行ペースが速いわ、多作だわ、しかもちょいちょいシリーズ同士がリンクしてるわで、読んでて、あーあのシリーズ気になる〜となるわけでお、あちこち手を広げるハメに。
しかしこのシリーズ、日本人らしきキャラでてきたんだけど、どうしてもぬぐえない違和感にずっと落ち着かない感じだった。
ただ、キャラが他のアメリカンなキャラよりはちょっとだけシャイなところは、納得だった。

「Fin [The Angel Pack 15]」
ええと、富士山が爆発したの?!
posted by 棗 at 09:12| Comment(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: