2018年06月27日

小説Dear+ 2018ナツ

B07DKWRLWB小説Dear+(70) 2018年 08 月号 [雑誌]: 小説Wings 増刊
新書館 2018-06-20

by G-Tools



なんということでしょう、デッドプールが観たくなったではないですか。




「海に魚はたくさんいても」ジョシュ・ラニヨン
久しぶり?のラニヨン作品は、夏らしく海の出てくる作品。
幼なじみのブレアーとフィン、ロマンスを求めるブレアーと、現実的なフィン。
お互い思い合ってるんだけど、予想外のキスで、ちょっとボタンの掛け違い状態が続いてる。
お互い、相手に気持ちは向いてるけど、相手は自分を見ていないと思い込んでる。
そんな二人が、ブレアーのデートの予行練習で、ダイビングへ行くことへ…。

ラニヨンさんのキャラの絶妙具合は今作も健在、ブレアーもはすごくロマンチストで、ある意味現実が見えてないところなんていい味出してる。
感情が先走りすぎてるところとかちょっと笑える。
…デートの前に、自分にできることとできないことは今一度把握しようよ!大人でしょ!
そういうところがなんとも憎めないけど、困った人。
そんなキャラがでてくれば、幼なじみ同士の恋愛も、ちょっと変わった味付けで、美味しくいただけるというものです。

それにしてもアメリカにも水素水あるんだ?驚いた。




雑誌が出てることに気がついてなくて慌ててぽちったのもあって、予習できず…。(いやだから、あらかじめモノロマ作品予告してもらえるとありがたいんですけどね)

posted by 棗 at 17:30| Comment(0) | BL(雑誌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: