2018年04月01日

2018年3月の読書記録

3月分
購入1冊
kobo19冊
図書館2冊


読了
BL小説15冊
一般小説4冊
合計19冊
積本194冊




気持ちの落ち着かない4月だからこそ、楽しい読書で心の平穏を得たいところ。
いやもう複数とかBDSMとか最高だな。




※リンクは感想です

3/2
「Protective Custody」Stormy Glenn
3/5
「Down with the Tunes [Who Needs Christmas? 5]」Joyee Flynn
3/7
「スープ屋かまくら来客簿」和泉桂
3/8
「Rookie in the Midst [Blue Platoon 1]」Jools Louise
3/9
「お弁当代行屋さんの届けもの」妃川螢
3/12
「Dewey [Resistant Omegas 5]」Joyee Flynn
3/14
「許されざる者」レイフ・GW・ペーション
3/15
「調香師レオナール・ヴェイユの香彩ノート」小瀬木麻美
3/17
高貴なる賭け 叛獄の王子2」C.S.パキャット
3/18
「Taming the Beast」Andrew Grey
「Seduced by the Tide (The Dragon Soul Series)」Sean Micheal
3/19
「Silver and Mikey [Operation True One]」Bellann Summer
3/21
「Valentine Shower」John C. Houser
「Love, Always, Promise [Wolk Creek Pack 5]」Stormy Glenn
3/22
「Operation Foxtrot [Geek Squad 2]」Stormy Glenn
3/25
「Omega's Saviors」Zia Quinn
「Three of a Kind [Lovers of Alpha Squad 4]」Stormy Glenn
3/27
「More Than a Pet [Tasty Teasers]」Stormy Glenn
3/29
「Cash's Jesse [Rescue for Hire 11]」Bellann Summer



メモ
「Protective Custody」
証人保護ということでFBIかに警護される男と、警護する男の話。
何かあってはいけないのだけど、このシチュエーションで、なにもおこらないわけはないふたり。

「Down with the Tunes [Who Needs Christmas? 5]」
クリスマス嫌いの妖精さんたちの楽しい共同生活、えすえむつきシリーズ。

「Rookie in the Midst [Blue Platoon 1]」
五人だやっほうと思いながら読みはじめたんだけど、途中がっつりF/M/Fがあって、正直言ってそこの部分全くもって不必要だとしか感じずにいられなかった残念な私。

「Dewey [Resistant Omegas 5]」
そういえばこのシリーズのこの巻だけkoboで見つけられなかったんだと思って公式から購入。
よんぴー…なんだけど、あんまりそれっぽくなかったかなあ。

「Taming the Beast」
美女と野獣をふと思い出す。
妻をなくし豪邸にひきこもる男、Dante。彼は町のひとからBeastと呼ばれていた。
そして新しく町にやってきたカウンセラーBeau。
彼らはパーティで出会い、町の噂に左右されることなく気持ちを寄り添わせて行く。
なぜかシフターものだとばかり思い込んで読み出したので、そうでなくて逆に驚いた。

「Seduced by the Tide (The Dragon Soul Series)」
ドラゴンと人間のメイトもの、そしてえすえむ。

「Silver and Mikey [Operation True One]」
ずっとシフター同士のメイトモノだと思ってたんだけど、あれ?違うの?
…もうわからなくなってきたぞ。

「Valentine Shower」
雑誌ディアプラス掲載作。
外国って、そんなに相手に空気を読むことを強いる風潮ではないと思ってたんだけど、そうでもないのかな。

「Love, Always, Promise [Wolk Creek Pack 5]」
記憶喪失モノ。
やっぱり記憶喪失って、万国共通で萌えネタなんだなあって…。

「Operation Foxtrot [Geek Squad 2]」
オタクでシフターのチームと、軍隊の特殊部隊のチームが出会って、恋が生まれる話。
今回の主役は、モデルでありオタクであり一人の人を愛する男Andrew。
彼は自分の中ではなく、外見ばかり見られていることにちょっとした不満を抱いてるっていう部分が、すごく好きだなあ。

「Omega's Saviors」
雪の中拾われるオメガ。
最近、大雪の中で出会うカップルというのをよく見かけるんだけど、あの陸の孤島感が萌えシチュなのか…。
そういうところは日本とあまり変わらないなあと。

「Three of a Kind [Lovers of Alpha Squad 4]」
男女モノもあったから、シリーズと中のさんぴーなM/M/Mだけ手に取った。
やはり3人って、それに至るまでの経緯がさまざまで、そこがなかなか興味深い。

「More Than a Pet [Tasty Teasers]」
Tasty Teasersシリーズは以前読んだこと合ったんだけど、それは現代物のフツーのBDSMだったのに、突然のパラノーマルものにびびる。
でもBDSMというよりはメイトものって雰囲気だったなあ。

「Cash's Jesse [Rescue for Hire 11]」
このシリーズも長くて、他の作品とのリンクもあるからキャラ把握するのが大変…。
今回のキャラは、もしかして新シリーズの布石?
それにしてもアメリカという国の抱える闇の深さがすごい…。

posted by 棗 at 06:00| Comment(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: