2017年06月25日

小説Dear+ 2017年ナツ

B0727S51F8小説Dear+(66) 2017年 08 月号 [雑誌]: 小説Wings 増刊
新書館 2017-06-20

by G-Tools





シネマバンディッツを読んでなんですとー!と驚愕した今号。


「夜の眼」ジョシュ・ラニヨン
日本語で是非読みたいと思ってた作品。
彼の冤罪をはらすために全力をつくしたジャーナリストのパーカーのもとに、その元恋人のリッキーが脱獄したという知らせがくる。
リッキーは、本物のサイコパスで、パーカーを殺そうとした男で、脱獄した今、彼を狙っている…。
リッキーを見つけるまで、隠れ家へ行くパーカーを警護するのが警部補のヘンリー。
パーカーとリッキーの間で起った過去の出来事と、パーカーとヘンリーの置かれた今の現状とが交互に描かれていて、読んでいてすごく緊張してしまう…。
リッキーという悪魔のような男が自分を狙っているかもしれない状況、その一方でパーカーとヘンリーの間で生じた感情。
こんな時に!と思う反面、こんな時だからこそともいえる。
読みながらわりと淡々としてるというか、パーカーの冷めた感情のようなものを感じてたんだけど、最後にパーカーの語る言葉だけは違ってた気がする。

B01JB7SUAENight Watch (English Edition)
Josh Lanyon
JustJoshin Publishing, Inc. 2016-07-28

by G-Tools

そして原書は読んでたんだけど、大いに読み違えてたところがあって、勉強不足を感じずにいられなかった…。
そこ読み違えたらいかんよなあ。
来月はヘルハイの3巻も出るし(予習済み)、その次は王子!ということでただいま予習中。
posted by 棗 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(雑誌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451188225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック