2017年05月18日

恋にいちばん近い島:川琴ゆい華

4403524273恋にいちばん近い島 (ディアプラス文庫)
川琴 ゆい華 小椋 ムク
新書館 2017-05-10

by G-Tools

全財産を騙し取られた翠が、人生をリセットするために選んだのは南の島の寮監兼料理人という仕事だった。なのに赴任した先で、大好きだった初めての彼・ムギと再会。過去に失敗した相手だけど相変わらずかっこよくて優しいムギに、まだ翠の心に残る恋の導火線に火がついてしまう。そんななか、島の固有種の密売事件が起き…?動物たちがかわいくて、空と海が綺麗な癒しの場所で育まれる、アイランド・ロマンス。



はじめて読む作家さんでしたが、なんとなく気になって手に取った本です。
そしたら自分好みのかわいいお話で満足でした。





やばいですよ、久々に自分好みの受様に出会ってしまいましたよ。
M/M読み初めてから、恥じらう受様より欲望に忠実な受様が好みになってしまって、自分からぐいぐい求めて行くような受様を求めていたところ、ここにいるじゃない!翠が!
と、自分史上、ありえないくらいの盛り上がりを見せながらよみすすめてしまいました。
最近そんなに沢山日本のBL読んでないからトレンドがわからないですけど、翠みたいな受キャラはレア?メジャー?
個人的にはそこはもうドストライクとしか言えませんでしたよ。
ストーリーは、その昔別れてしまった恋人たちが、立派な大人になって島で出会うというものなんですが、その島の生活が不便ながらもどこか楽しそうなところがよかったです。
美しいも厳しい自然に囲まれた日々の中で二人は、昔の失敗を埋め直そうとしていく。
元々嫌い合って別れた訳じゃないので、二人の関係の修復は大きな波もなく自然な感じで。
そんな最中に島で事件が起るのだけど、そこら辺がもうちょっと詳しかったらよかったのになと。
雑誌掲載作は、どうしても短いからソコがもったいない…。

posted by 棗 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック