2017年04月01日

2017年3月の読書記録


購入4冊
kobo11冊
図書館4冊
借り物1冊

読了
BL小説17冊
一般小説4冊、一般マンガ1冊
合計22冊
積本152冊



え?4月?4月なの?!
それこそエイプリルフールだと言ってほしい…。



3/1
「Shy Spirits [Spirit Walkers 3]」Ellen Quinn
「大奥 14」よしながふみ
3/6
「Bailey [Battle Bunnies 1]」Stormy Glenn・Bellann Summer
3/8
「ペナンプラ氏の24時間書店」ロビン・スローン
3/12
「Sweshan: Claimed [Alien Lovers 4]」Olivia Black
3/13
「帰ってきた海馬が耳から駆けてゆく5」菅野彰
3/14
「Grey's Awakening」Cameron Dane
3/16
「The Tracker's Destiny Finds Him Again [Rescue for Hire West 6]」Bellann Summer
3/17
「Contemplating Life's Surprises [Granite County 6]」Bellann Summer
3/18
「Ricky's Dilemma [The Wilton Park Grand Hotel 2]」Skye Michaels
3/20
「The Wolf and the Vampire [Silver Bullet 5]」「Runaway Wolf [Silver Bullet 6]」「Montana's Man [Silver Bullet 7]」Olivia Black
3/21
「Kevin's Savior [Silver Bullet 8]」「Liam's Mate [Silver Bullet]」Olivia Black
3/22
「Sloan's Protector [Silver Bullet 9]Olivia Black
3/23
「Shy Guys Finish First [Cade Creek 13]」Stormy Glenn
3/24
「悪い夢さえ見なければ (ロングビーチ市警殺人課) 」タイラー・ディルツ
「Lawson's Human [Silver Bullet 10]」Olivia Black
3/25
「Baxter [Battle Bunnies 2]」Bellann Summer・Stormy Glenn
「時をかける眼鏡 王の覚悟と女神の狗」椹野道流
3/31
「Brock's Punishment [Silver Bullet 11]」Olivia Black



メモ
「Shy Spirits [Spirit Walkers 3]」
メイトとうまく行くことはないという呪いを母親にかけられたシフターと、ゲイであることで仲間から酷い扱いをされていたハーフのシフターが、そんなシフターや魔法使いの集まる町で出会う。
その町とは違う、外の世界。
でも彼らはそんな外の世界への恐れず出て行くんだよね。

「Bailey [Battle Bunnies 1]」「Baxter [Battle Bunnies 2]」
ウサギシフターとくればそうだと思ったけど、案の定Mpregモノ。
シフターたちの実験をする謎の研究所と、そんな非道な研究者たちから仲間を救おうと戦い続けるウサギさんたちの戦い。

「Sweshan: Claimed [Alien Lovers 4]」
宇宙をまたにかけた、お見合い&妊活メイトもの。
さすがにメイト候補と順番に出会い、一週間一緒に過ごした揚げ句、メイトじゃなかったからさようなら×13回、はきついなあ。
次はまた別の惑星、たしかBDSMな社会の惑星じゃなかったかな…?

「Grey's Awakening」
熱量の非常に高いお話だった。
怒濤のエロシーンの連続で、ちょっとお腹いっぱい気味だったんだけど、家族関係だったり、昔の恋の痛手だったり、そんな繊細な部分もあって非常に読みごたえが。
ということで、今作でかわいそうな当て馬になってしまったNoahのお話も出てたので、そっちはぽちっと。
しかし、シリーズ1作目は主人公の妹がメインのM/F。
まあ読まなくても全然行けるので問題なかったけど。
この作家さん、シリーズものにM/MとM/Fが混ざってるので、微妙に困る。

「The Tracker's Destiny Finds Him Again [Rescue for Hire West 6]」
Rescue for Hire Westシリーズ。
10年前のよくない別れからの再会モノ。
まあRhysが怒るのも無理ないよ…とは思うけどね。
だけど嫌いあって別れたわけでもないので仲直りはすごくはやかったけど…。
しかし、愛犬との別れのシーンが泣けて泣けて…。
次の主人公は、Parkerで、お相手がRhysのいとこたちふたりで、さんぴーでOK?

「Contemplating Life's Surprises [Granite County 6]」
家族関係が濃いー(いい意味で)なMDと、真逆のZekeのカップルは、その辺りで意見の相違はあるものの、障害にはならない。
このシリーズ、なにかあるとみんなアラスカへ行くんだね…。
次回作が、今回母親をなくしたばかりのHoltが主役の話みたい。
彼はいい子なので幸せになってほしいなあ。
しかも相手はRescue for Hireに出てきたPenのお兄ちゃん(多分)のようだぞ!
そのうえもうひとりいるよ!
さんぴーだよ!超楽しみだ。

「Ricky's Dilemma [The Wilton Park Grand Hotel 2]」
えすえむのシリーズなんだけど、話は事件中心な気がするシリーズ、2作目。
彼とらぶらぶクルーズに出かけつつ、命を狙われる兄をメキシコから出国させるべく奔走する話だった。
ところで、Ninja-Nnotという謎の髪形が出てきて、思わずぐぐったんだけど、どこらへんがどう忍者なんだろうかと…。

「The Wolf and the Vampire [Silver Bullet 5]」「Runaway Wolf [Silver Bullet 6]」「Montana's Man [Silver Bullet 7]」「Kevin's Savior [Silver Bullet 8]」「Liam's Mate [Silver Bullet]」「Sloan's Protector [Silver Bullet 9]「Lawson's Human [Silver Bullet 10]」「Brock's Punishment [Silver Bullet 11]」
Silver Bulletシリーズは、2万語ちょいなのでがんばれば割とすぐ読めるメイトものなのでさくっと読みたい時にわりと一気に読んでしまうなあ。
やっと別シリーズとのリンクのくわしいところがわかってきた。

「Shy Guys Finish First [Cade Creek 13]」
久々のCade Creek。
作者さんのサイトで、予定とは順番が前後したという記述があったような気が。
とはいえ、前作のキャラたちが引き続き出てきてて、すんなり内容は入ってきたかな。
Cade Creekの外で出会った二人が、Cade Creekに戻ってきて、新しい生活を始める。
しかし、M/Mにおけるshyって、私が思うshyとはなんか微妙にニュアンスが違う気がするんだよ。
今度の14作目は弟が主役!楽しみ!

posted by 棗 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448615951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック