2015年12月21日

小説Dear+ フユ 2016年 02月号

B0193OGSHW小説Dear+ Vol.60 2016フユ 2016年 02 月号 [雑誌]: 小説Wings 増刊
新書館 2015-12-19

by G-Tools





いつものように、モノクローム・ロマンスの感想。

そういえば、モノクローム・ロマンス、以前雑誌に掲載されたクリスマス短編が電書化されましたよね〜。
嬉しい♪


「クリスマス・スレイブ」シャノン・ウエスト
一緒に暮らしていた恋人が浮気相手と生活費を持ち逃げ、電気も止められ、家賃も滞納状態、明日はどうなるかわからない身の上のマイケル。
そんな彼の前に昔の恋人のローガンが、借金を清算してやるかわりに一週間ほど自分の奴隷になれと提案してくる。
表紙とタイトルで一瞬ぎょっとするんですけど、奴隷というよりは、身体の関係こみのハウスキーパーさんみたいな感じではありますが。
このマイケルがもうあまりに境遇がかわいそすぎて、ローガンが憎らしくて(笑)
いや、ローガンがこんな態度にでる理由もごもっともなんですよ…。
そりゃあ怒るとは思います、でもどうしてもマイケルが不敏だ…。
マイケルが現状でいっぱいいっぱいでぼろぼろなのに、過去のこと持ち出し過ぎであーもーってなる。
ただまあ、未練たらたらだからこそ、裏返しで奴隷にしてやるみたいな態度になっちゃうんだろうとは思いますけどね。
おこちゃまめ。
しかし、向うの人たちのクリスマスへの思いは自分とは違うことが、クリスマスモノを読むとすごく感じる。
いいじゃんどんなクリスマス過ごしたって!
とはいえ、クリスマスだからこその予想外な出来事ってあってもおかしくはないよねという思いにはさせられる。

posted by 棗 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(雑誌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431466928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック