2015年01月15日

萌えの死角4:今市子

4537132493萌えの死角 (4) (ニチブンコミックス)
今 市子
日本文芸社 2014-12-27

by G-Tools

代表作「百鬼夜行抄」「岸辺の唄シリーズ」。老若男女から高い人気を誇るあの今市子が、「萌え」を語るーー。大人気爆笑エッセイコミック第4弾! 万事BL目線で見れば、日々の生活がより楽しい!? 演劇も映画もコ●ケも航空祭も、鋭い腐女子アイでズバッと語ります! 日々の生活に潤いのほしいそこのあなた、必見です!


変換したら、萌えの資格と出た。
…私、何級がとれるかな?(笑)


※内容の感想ではありません、ただの萌え語りです。



BLマンガ家、今市子さんの腐ネタもある日常エッセーマンガ。
いやもうなんていうか今回は海外ドラマネタ多くて、テンションあがるわ〜。
日記ブログの方で、散々語ってますが、いやもう海外ドラマハマりすぎてて、一時期週に12本見てるときあった…(大変すぎてすぐに減らしたけど)
という程度の海外ドラマオタクではあるんですが、今さんとドラマの見方が同じでちょっと笑ってしまった。
…そう出演者をチェックして、「あああああ、あの人がこんなところに〜」みたいな出会いに興奮したりね。
それにしても今回はまさかの「トーチウッド」ネタが出てこようとは…。
どちらかといえば英国ドラマ(最近はめっきりもりあがってますけども)はマイナー。
本家、ドクター・フーは超有名ご長寿番組だけど、そのスピンオフというだけあって、知名度は低いかと思われ…。
ドクター・フーはファミリー向けだけど、トーチウッドは完全に私たち寄り(笑)
いやもういろいろすごいので、機会があればぜひ一度。
いや、キャプテンジャックの華麗なる下半身事情は置いといて、ストーリー自体はすごく面白いんだよー!
しかし、読んでてあれと思ったんだけど、トーチウッド、アメリカに渡ってから、キャプテンジャック受けるの?え?ちょっとまって、私の中では攻めてるイメージだったんだけど?
イアントの時どうだったけなー、かなり前に見たからもうすっかりわすれてるし…。

ところで、同人誌事情にはすっかり疎くなりまして、浦島太郎もいいところなんですが、萌えの死角は以前の巻で海外ドラマの同人があるよと描いてあって、ものすごい衝撃を受けましたよ、存在があったとは知りませんでしたよ。(っていうか、え?そのドラマの誰と誰がっ?ってなったし)
だからと言って、手を出したということもなくそのままでいたんですが、日記ブログのほうで検索ワードに某海外ドラマのあるキャラとあるキャラで検索されてた方いらしてました、申し訳ないです、うちにはご所望の品はございませんってなったんですが、ただカップリング的にはかなり納得した(笑)
ただ、アメリカのドラマだとかだったら版権問題どうなのかなあと、それこそグッドワイフのなかで、ダイアンの雇ってるメイドさんがそういうの書いてて…みたいなはなしがあったような記憶があるんだけど。
個人的にはあったらすごく読んでみたい!という海外ドラマあるんだけど、ためしに検索したけど出てこなかった…。(探し方が悪いのかもしれないけど)
ただそのドラマには腐萌えなしではまってるので、オールキャラのほのぼのコメディ的なのを求めてるんだけど、そういうのもあるのかな?
だからといって、夏・冬の厳しい季節にあんな人混みに飛び込んで行く体力はないよ…。
コミケのニュースとか見るたびにつくづく思うよ、オタクに必要なのは、体力と財力だと。

しかし、トーチウッド見てるカタギの友人にこの萌えの死角を読ませたいとは思うんだけど、線を引かれたたくさんのプラナリアが(笑)
うーん、一般人に見せるにはなかなかハードル高いかなあ〜。
どうでもいいけど、わたしはエロいシーンで別にがっつり描いてなくていい方です。
posted by 棗 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(マンガ)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック