2014年09月14日

建設現場に恋の花:うえだ真由

4403522769建設現場に恋の花 (ディアプラス文庫)
うえだ 真由 橋本 あおい
新書館 2014-09-09

by G-Tools


監督として初めて派遣された建設現場で、尚人は職人たちとうまくいかず悩んでいた。名字の澤井から“サッちゃん”なんてあだ名までつけられ、完全に役立たずのお嬢さん扱い。そんな尚人に手を差し伸べてくれたのが、作業員の征司だった。征司は年下ながら実務経験は長く、彼のおかげで尚人は次第に皆に受け入れられていく。いつからか征司を目で追っている自分に気づき…?現場に咲く年下攻ロマンス。



何度となく、”工事”現場に恋の花と間違えた…。



それにしても、イラストがエロかったですね(`・ω・´)
さすが橋本さん、可愛い絵柄を裏切る、えろー(笑)

個人的に、うえだ真由さんって切ない系ってイメージが強いんですけど、今回はガテンなオトコのお話ってことでわりとガチンコな気持ちのぶつけ合いだったような。
とはいえ、尚人は基本的には現場のひとというよりは現場監督の立場なので、肉体派では全然なくて。
でもわりと思ったら行動派のはっきりした人ではありますよね。
寧ろ征司の方が、悶々とすると厄介な方かも…。
二人は、いい感じに惹かれあうけれど、そのためにはいろいろな試練があるわけで…。
その辺が、お仕事モノのうえださんだなーと思わせる業界話がいろいろとあって、そこも楽しかった。
しかし、恋愛も仕事も、人との関係の築き方っていろいろで、自分で正しいって思ってる方法が決して正しいわけではなく。
それをこうしてみたら?という人の声に耳を傾けられる心も大事だし、そう言ってもらえるだけの信頼関係っていうのも必要なんだよなあ…。
とはいえ、好きな人との関係は、えっちも重要だよねー(笑)

それにしても、尚人の某設定は橋本さんと同じく、私もぐっときましたよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック