2007年05月02日

君の名はスター☆:紺野けい子

君の名はスター☆
紺野 けい子
フロンティアワークス (2004.8)
ISBN : 4861340284
価格 : \590
通常2-3日以内に発送します。


<あらすじ>
女子社員を片っ端から食いまくりだと噂の須藤が路上で歌う姿を見かけた広川。それをきっかけに広川は須藤の意外に不器用な素顔を知る。次第に、須藤を好きになっていく広川。そして須藤も広川に惹かれるようになる。だが、須藤はその関係を失うことが怖くなり……。
会社員×会社員モノ。


実は、紺野けい子さんが描かれる、モミアゲがすげーツボです(笑)
攻くんにステキモミアゲがあると、それだけでやった〜って、気になります。
小説のイラストでも、結構そんな感じです。
・・・時々自分のツボがわからなくなります(笑)

やっぱり、紺野さんのBLマンガ読んでると、女の子がいい感じにからんでくるなーって。
すごく自然な感じですよね。
BLにおける女の子の役割って、すごく好かれるか、すごく嫌われるか(笑)
すごい極端。
そういうのがないんですよね。
まあ、今回は、須藤にへんなちょっかいかけてた女の子が、どーよとは思ったんですが。

普段感じ悪いくせに、それは結局コンプレックスの裏返しで、実は案外繊細で不器用な須藤。
なんでもそつなくこなして、がんばってても、がんばってるところが見えない、スマートな男、広川。
須藤にまつわるいいかげんな噂が発端で、なんとなくくっついてしまった二人。
人なんて、向き合ってみないと案外わからないもので、噂なんていいかげんに独り歩きしてるだけで、恋愛どころか、人付き合いにすら慣れてない須藤に思いがけずはまってしまう広川。
で、やっぱり自分に自身が持てない子の須藤は、広川にきちんと好かれてるって、なかなか認識できない。
そんな二人の距離が、少しづつ縮まっていく様子は、なんかかわいいんですよね。
しかし、くっついてからの広川のオヤジっぷりには、笑いました・・・。
いや、あんたもけっこうがんばってたんだね(笑)

ところで、紺野けい子さんって、新刊でないんですかねえ・・・。

posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(マンガ)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック