2014年01月12日

漫画家が恋する理由:金坂理衣子

4403523447漫画家が恋する理由 (ディアプラス文庫)
金坂 理衣子 街子 マドカ
新書館 2014-01-09

by G-Tools

光希はアシスタント先の漫画家、大沢孝史に密かに恋心を寄せていた。けれど孝史は超のつく女好き。だから生活力0の彼の世話をできるだけで幸せだと思っていたのに、ある日うっかり告白してふられてしまう。すぐには諦められず、気持ちを整理しつつ仕事を続けていた光希だが、人気漫画家の茜真琴が実はゲイで、光希に興味を持っているので会ってほしいと頼まれ…?女好き漫画家×ダメ好きアシスタントの恋。



雑誌で読んですごく好きだった作品がようやく文庫化!
書き下ろしが、主役の二人の話なのか、妙に気になってた例のあの二人なのかわくわくしてました。





生活能力ゼロ、おっぱい星人、人としてなんか欠如してるよね…?だけど、漫画家としては優秀な大沢に恋してしまった、ゲイでアシスタントの光希の切ない片思いのお話。
なんだけど、大沢という人物がどこまでもおかしなひとなので、切ないお話なんだけど、どこかコミカルでもあるんですよね。
そのバランスがすごく好き。
大沢も、言動がイチイチどうなの?って思う事あるし、愛とか恋とか、そういう大事な感情を大昔にどこかに置き忘れてしまったまま大人になった困った人。
だから光希は、彼の言葉や行動に振り回され、喜んだり悲しんだり、忙しい目に遭ってしまう。
大沢自身は、誰にも本気になれなくて、でもそれなりに発散したいものはあるから、プロのお姉ちゃんと適当に遊んだりということをくり返してて、傍から見ればどうなんだろうと。
でも誰にも本気にならない冷たい人かと思えば、自分の妹に見せるいきすぎた(笑)肉親の情は溢れんばかりのものだし、光希を”弟”みたいだと思えばとても気にかける。
いったん懐に入れてしまえば、大事にするし大切に思ってくれる。
それがときどき見当違いな方向に行ったりするのは、ご愛嬌。
そんな二人の紆余曲折が雑誌掲載分で、その後の二人が書き下ろしで描かれてましたが、やっぱり大沢、なんかちょっとピントがズレてる(笑)
でもそのズレてるふくめて一生懸命で全部が本気なんですよね、一応…。
いやいやとてもかわいらしい二人だわ。

ところで、気になってた、あの二人。
めでたくくっついたみたいですけど、彼ら単独の話はないのかー!
読みたいじゃん。
カプ的には私どっちがどっちでも気にしないから(笑)
いっそリバでも…。
posted by 棗 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384963294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック