2013年11月24日

交渉人は休めない:榎田尤利

4813012787交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
榎田 尤利 奈良 千春
大洋図書 2013-10-21

by G-Tools

圧倒的人気交渉人シリーズ、芽吹と兵頭が帰ってきた!!特別書き下ろし小説には、『魚住くんシリーズ』から魚住に久留米、『犬ほど素敵な商売はない』から倖生に轡田、『ラブ&トラストシリーズ』から核に沓澤、天と正文が登場!見逃せない豪華執筆陣の特別寄稿あり!!



久しぶりの交渉人シリーズ。
完結した作品だし、この先続きはでないんだなーって残念に思ってたら、100冊記念ということで特別版が登場ですよ。
また彼らに会えるだなんて嬉しすぎる〜。
別冊付録もものすごく豪華で堪能いたしました。


シリーズ完結して、その後の彼らだけど、変わってないな〜というのが最初の感想。
…芽吹のワーカホリックぶりがなんとも言えない(笑)
南の島なのに、リゾートなのに、なんで仕事で事件なの?な状況デスヨ…。
その一方で、芽吹と兵頭の関係ってどうだったかなって。
二人の間を流れる空気感ってこんなだったかな、どうだったかなって。
ラブラブで甘々なわけではないんですけど、最初よりは随分自然体なのかなあ。
つき合いが長くなるからこその慣れとか甘えとかがちょっとずつ出てきてるような感じ。
だからといって、相手に依存するわけでもなく。
いい関係築いてるんだろうなあっていうのがすごくわかった。

そして、大きいのと小さいの(笑)
彼らもあいかわらずな感じでかわいいですよ…。
気の毒なちょっとしたアクシデントはありましたけどね。

さすがにこの続編ってことはもうないのかもしれないけど、あの結末の後の彼らの姿を垣間見ることができて本当によかった。
posted by 棗 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>榎田尤利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック