2005年05月21日

スラムフィッシュシリーズ:真堂樹


真堂 樹 / 集英社(1999/04)
Amazonランキング:253,057位
Amazonおすすめ度:


【一巻】スラムフィッシュ
【二巻】サディスティックアクア
【四巻】チェリージャムジャンク
【五巻】パラダイスフィッシュ

<あらすじ>
貧しく頽廃した空気漂う旧市街、その街で男娼あがりの那智は、相棒の甲斐と賞金稼ぎをしながら、川の向こうのきらびやかな世界、新市街へ二人一緒に行く日を夢見ていた。
那智たちの対立組織である九麗公司の実力者である、リー・リンの事件に巻き込まれた事で、那智は死ぬほど大事な甲斐を失い、神様こと、紅蓮公主を拾ってしまう。
新しい相棒を手に入れた那智の、甲斐奪還の戦いが幕を開ける。
カップリング不明・・・。


変態ではないけど、淫乱の元・男娼が出てくるので、おそらくBLかなと。
一応、那智ってばヤッちまってますし、これで、いいえれっきとした少女小説ですっていわれても、いくらコバルトでも困りますから・・・。
でも、いわゆるBLレーベルの内容に比べたら、ソフトフォーカスどころかモザイクかかってるんではないかと(笑)








真堂さんは「四龍島」シリーズでもかなりBLをほんわかとにほわせてましたが、こっちはもっと濃いです。
中華テイストなスラム街を生きてる男の子がわんさか出てきて、女の人はひとりしかでてきませんでした・・・。
しかし、この話、何がすごいって、カップリングがさだまらない。
しかも受と攻、どっちがどっちだか・・・。
おそらく、当初は甲斐×那智、リー・リン×紅蓮公主だったような気がするんですが、途中から那智×紅蓮公主、リー・リン×甲斐に。
そして最終的には、リー・リン×那智!めちゃめちゃおどろかされたんですが・・・。
さすが那智、元・男娼、受・攻変幻自在(笑)
しかも、パートナーチェンジとは・・・。なかなかハイグレードな技を。
元・雇い主の時計屋も、喜んでくれる事でしょう、仕込んだかいがあった、と。

・・・しかしながら、個人的には、那智の同業者で同じく男娼上がりのjadeがお気に入りキャラなので、四人のカップリングの妙はどうでもよいのです。
なぜ、あんなにかわいらしいjadeに相手がいないんでしょう。
早いところ、那智か紅蓮公主とヤッちまえ〜と思ってたのですが、本懐を遂げる事なく・・・。がっかり。
当時のコバルトのあれが限界だったとか?

ところで、イラストがまたまたまた二宮悦巳さん。
三巻の表紙が一番好きなので、それを載せてみました。
やっぱりjadeってば、表紙に出れてない(泣)





posted by 棗 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック