2007年03月15日

コンティニュー?:いつき朔夜



<あらすじ>
妻に逃げられ赤ん坊の美里を残され、リストラにあい、再就職もままならない麻生絢人。
再就職の面接に三十分遅刻しイヤミをいわれていた絢人に、声をかけてきたのは、ゲームソフト会社の社長、藤堂克己だった。
月三十万で愛人になることになった絢人、生活にも美里の世話に慣れてきた頃、藤堂の会社である仕事をすることに・・・。


新人さん特集になってますね、なんだか(笑)
表紙の、金ひかるさんのかかれる美里が、すっごくかわいくて、それに惹かれて買ってしまいました。
子供持ちの男が出てくるBLは、ビミョーだとつくづく思ってたんですけど。
結局、なんでもいいんかい、私・・・。




乳飲み子を抱え生活苦で愛人生活・・・。
そう聞くと、なんかもっと暗〜いストーリーを想像してたんですが、案外明るい雰囲気が。
絢人による、「摩天楼はバラ色に」(マイケル・J・フォ●クス♪)だからでしょうか?(笑)
・・・まあ、ある意味、逆境からの大逆転・サクセスストーリーですよね。
素敵な恋人もゲット、仕事もゲット、みたいな。
保育所で美里と離れがたくて、仕事の面接に遅刻。
そのイヤミを、面接相手から、ねちねち言われてたところを、藤堂に見初められ(笑)愛人生活に。
その愛人生活を続けるうちに、生活に余裕が生まれて、昔大好きだった趣味を思い出し、絵を描きはじめる。
最初は美里を喜ばせるためだけだった絵を描く行為が、藤堂の目に留まり、いつしかそれが本業に・・・。
人生何があるのかわからないものだけど、あの日面接に遅刻したから、妻が子供をおいて出ていってしまったから、きっかけはなんだったのかはわからないけれど、そこから未来が拓けるということもあるんだなと・・・。
・・・しかし、雑誌デビュー作というだけあって、頁数すくないんですよね、これだけの内容で。
もうちょっとゆっくり進んでくれてもよかったな・・・。

しかし、藤堂はなー・・・。
前に、あるBLを読んだ時にも同じような場面があって、それだけはやったらいかん・・・ということをしてたので、減点(笑)
あれは、傷つきますから。
それにしても、絢人と美里と三人暮らしをはじめ、夜中にえっち邪魔されたり、絢人の元妻との親権争いに乱入してみたり、美里にパパと呼ばれ本気で喜んでたり。
・・・おもしろい社長さんだ。
ぜひとも「えっちでゴハン」やらせてください(笑)
この記事へのコメント
こんばんは!棗さん。
No.6の第2弾を読み、只今自制心という名の強敵と戦い続ける日々を送るtatsukiです(笑)。

私の大好きないつき朔夜さんの感想に嬉しくなり、思わずTBまで送ってしまいました。
私の方は1年近く前の大変古い記事なのですが、よろしくお願いします〜。
小説の完成度という意味では、後の書かれた他の作品に劣るいつきさんの本作品、でも、私は萌えたという意味ではこの作品が一番好きですね。
棗さんもおっしゃっているように、美里ちゃんが本当に可愛くて可愛くて〜。
絢人のツンデレぶりも萌えるのですが…(笑)。

いつきさんは今月発売予定の小説ディアプラスで、久々に新作が読めそうなので、こちらもとっても楽しみですね。
それでは、また!
Posted by tatsuki at 2007年03月16日 22:32
tatsukiさん、こんにちは♪

今回初読みのいつき朔夜さんだったんですが、予想以上に楽しかったです。
・・・美里がかわいい〜(笑)
実際には、子供が超がつくほどニガテなんですけどね。
三人のパパとひとりのママをもち、しかも同性カップルの元で成長、さぞかしひねくれる(笑)だろうと思ってたけれど、しっかりいい子に育てますよね。
日々、愛し愛されの二人を見てるからでしょうけど。
最後の、美里日記で、もうめろめろパーンチでした(笑)

tatsukiさんにとっては、一年以上の前の記事なんですね。
・・・あいかわらず、私、流行に乗り遅れすぎです(笑)
それなのに、TB&コメントありがとうございます♪

ディアプラの新作、調べたら紺野けい子さんのイラストみたいですね。
ますます読みたいです〜。
雑誌買わない派なので、文庫化が待ち遠しいですが、一体いつでしょうね(笑)
Posted by 棗 at 2007年03月17日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

コンティニュー?
Excerpt: 表題作はデビュー作だったようですね。 ストーリー構成や細かいエピソードがやや荒削りでしたが、 それを覆す勢いで登場人物が魅力的だったので、結論として大変楽しかったです。 受けでも攻めでもなく、ど..
Weblog: la aqua vita
Tracked: 2007-03-16 22:12