2005年05月11日

FAKE 1〜5:真東砂波


Fake(02)
Fake(03)
Fake(04)
Fake(05)


<あらすじ>
N.Y市警27分署の捜査一課に配属されたリョウは、ディーとコンビを組むことに。
強引なディーに振り回されてばかりのリョウ。
そんな中、数々の事件が解決していくたび、彼の新たな面を発見していく。
そしてリョウは、自分の過去と深く関わる事件と出会ってしまう。
刑事×刑事モノ。


貴重なBLマンガのひとつ。
「ペンギンの王様」のイメージがあったので、まさか真東さんがBLマンガ描くとは・・・。
少女漫画家さんだとばかり思ってました。
だから内容も、二人の話というよりは事件の話が多くて、すごく楽しめました。
私は、BLでもそれ以外の部分が充実してる作品が好みなので、まさにこの作品はストライク。
しかも、寸止めが多くて、なかなか焦らされました、ディーくんみたいに(笑)
もっと続いて欲しいシリーズだったなーと思ってます。残念。

キャラクターでは、ディー&リョウコンビより、ディーを追っかけてるJJがケナゲで(笑)小悪魔系だけど。
なんか、JJ×ディーってありだわ、と内心ほくそえんでみたり・・・。
ところで、どうでもいいかもしれないけど、リョウって日系っていう設定だったけど、私的にはディーの方が日系人に思える・・・。髪黒いから。




posted by 棗 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(マンガ)>マ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック