2007年02月27日

恋愛映画の作り方:いおかいつき



<あらすじ>
映画配給会社に勤める望月恭平の次の仕事は、ずっとあこがれていた映画監督・明神律の新作のプロモーション。
はりきる恭平に対し、律は綺麗なカオに似合わず高飛車な態度で、しかも恭平の宣伝活動にけして協力的とは言えない。
恭平がゲイの集まるバーで飲んでいると、律が取材だといってやってくる。
その後、取材と称してあやしげな質問を投げ掛けられ、煽られた恭平は、酔った勢いで律を抱いてしまう・・・。
映画配給会社宣伝マン×映画監督モノ。

本当は、別作品の感想を書く予定だったんですが、やはり時期が時期ですから、こちらに(笑)
しかし、一体何度目の正直なんでしょう、とにかくスコセッシ監督、本当によかった・・・。
だが、「インファナル・アフェア」ファンで、あの捨てられたワンコみたいなトニーにめろめろだった私としては、なんかびみょーかな・・・。
そんなオスカーに近いのか遠いのか、全くわかりませんが、とにかくすばらしい才能を持った映画監督の出てくるお話です。




映画業界モノといえば、やはり鳩村衣杏さんの「映画館で逢いましょう」が印象深いんですが、あれはいわゆる”社内恋愛”ですよね。
その点、こちらは宣伝マンと監督なので、・・・お客様と恋愛?
この場合、力関係としては、どっちが上なんだろう・・・。
やはり監督かなあ。

・・・で、どーでもいいんですが、私の中で、”ツンデレ”は、そこまで萌えツボではないはずなんです。
もちろん嫌いではないんですが。
なのに、再読率が高いんです、この作品。
・・・好きなのかな、ツンデレ(笑)
そんなツンデレメガネの監督こと、明神律。
ツンデレって、難しいですよね。
その”ツン”は、デレの裏返しなのか、ホントのホントに”ツン”なのか、その見極めが・・・。
律の”ツン”って・・・どっちだ?(笑)
でも、その”ツン”かわいいんですよね、非常に。
自分の大ファンだという噂を聞いてて、どんな奴かと楽しみにしてれば、思いっきり仕事モードで接してくる恭平にがっかりして、必要以上にツンツン。
・・・でも、恭平が気の毒で。
いくら大ファンだろうと、仕事で律と接するわけだから、自分の感情で動くわけにはいきませんよね、普通。
そういう意味では、恭平の態度って、ふつーの大人の、ふつーの社会人。
律が、子供っぽすぎるよ!と思ったんですが、彼の撮る映画の脚本って、なんとなく雰囲気からいくと大人っぽいイメージ。
・・・監督、セルフプロデュースも必要なんじゃあ(笑)

それにしてもです、ここ最近いおかさんの作品たくさん読みました。
なかでも、ワンコ刑事とクールビューティ検事シリーズ、大好きなんですが、この作品それに匹敵するするくらいのお気に入りとなりました。
やっぱり、映画業界モノっていい・・・。
それともやはり、ツンデレ開眼でしょうか(笑)

・・・大好きなんです、でもどーしても気になることが。
個人的に、えっちシーンに、その言葉がでてくるとぎゃーってなるんです。
確かに、そうなんだけどー、わかってるんだけどー!
でも、なんか、その表現苦手なんです・・・。

この記事へのコメント
棗さん こんにちは♪

明神監督のツンデレぶり、可愛かったですよね!(≧∀≦)

棗さんの苦手なエッチの時の表現てなんだろう…と思って今探してエロだけ読み返したんですが、やっぱりものすごくかわいいー♪…そして棗のおっしゃる言葉がどれなのか私にはわかりませんでした(T∇T)
ハードル低すぎ?

余談ですが私はインファナル・アフェアは観てないのですが、アンディ・ラウけっこう好きなのです。そしてレ〇がキライ(微妙に伏せ字じゃないですね)なので、昨今のハリウッドのリメイク流行りはどうなのよ〜!とちと複雑ですよ…。

また後日TBさせてくださいね〜♪
Posted by ゆちゅらぶ♪ at 2007年03月01日 10:46
ゆちゅ♪さんこんばんは〜。

すっかりツンデレにでれでれでございます・・・。

エロだけ読み直されたんですね、お手数をおかけしました。
・・・でも、結構楽しいですよね(笑)
肝心の苦手表現は、214ページの12行目にあります。
・・・わりと皆さん平気なんでしょうか?イヤって意見目にしたことないんですよ。
うーん、私だけ?

「インファナル・アフェア」ぜひ、機会があれば観てみてください〜。
三部作なんですけど、一作目は特に!オススメなのですー。
アンディすごくステキですよ♪

Posted by 棗 at 2007年03月01日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画みたいな恋じゃなく
Excerpt: 恋愛映画の作り方 いおか いつき みなさま 映画はお好きでしょうか。 私はあまりテレビは好みませんが映画は大好きです♪ なのに去年はホントに映画に行けなくて悲しい思いをいたしました..
Weblog: 水中雑草園
Tracked: 2007-03-02 13:42