2007年02月17日

ラヴァーズ・ポジション:水名瀬雅良

ラヴァーズ・ポジション
水名瀬 雅良
徳間書店 (2006.6)
ISBN : 4199603174
価格 : \560
通常24時間以内に発送します。



<あらすじ>
高校時代からあこがれていた先輩の隼人に、偶然再会した潤。
ある日、当時からつきあっていた恋人と別れて酷く酔っぱらってしまった隼人と、寝てしまう。
「つきあってやってもいい」という隼人の言葉で、それからつき合い始めた二人。
でも、隼人から思われているという自信のない潤は、自分が別れた恋人の身代わりではないかと思いはじめる。
そこへ、隼人の昔の恋人と隼人が会っていることを知ってしまう。
会社員×フリーターモノ。


実は、ひとり切ない祭り、絶賛開催中です(笑)
というわけで、鳩村さんの、「松風の虜」のイラストにめろめろになってしまった水名瀬雅良さんのコミックスです。
あちこちのレビューで「切ない」という単語を目にしましたので、これは読まねばと(笑)
やっと気がついたんですが、私、かわいい受ちゃんが、かわいそうなくらいうちのめされてるのをみるのが、好きです、大好きです(笑)
・・・あー、また人格疑われる発言してしまった。


日ごろから受至上主義の私は、攻に対して厳しすぎる傾向が。
受ちゃんが、けなげで尽くすタイプのコであれば、それはもう特に。
・・・例に漏れず、今回も、攻の隼人にモノ申す!って感じで。
恋人に対して、手を抜くな、言葉を尽くせ、誠意を見せろ。
・・・どうしてこう、自分を好きでいてくれるという相手の気持ちに甘え過ぎるかな、この男は。
恋人だからって、相手のことが好きだからって、考えてること、思ってること、感じてることすべてが、わかるなんて、それはあくまでも理想。
しかも、隼人のように、あれで結構な照れ屋さんは、普段から優しい言葉かけたり、優しくしたりなんて、全くないから、潤が本当に自分は隼人の恋人なのかと疑問を持つのも当たり前で。
惚れた弱みというか、好きになったのが潤の方だから、どうしてもわがままも言えなくて、聞き分けのいい恋人を演じてしまってる。
誕生日をすっぽかされても、自分より前の恋人と会うこと優先されても、何も言わずに我慢。
そういうことを、我慢させてることに全く気付いてない隼人の無神経ぶりに、どうしてくれようかと(笑)
しかも、その後、姿を消した潤が、携帯電話の番号変えただけで、あっさり連絡がつかなくなってしまう始末。
・・・これを怠慢といわずして、なんという。
しかも、潤の誤解を解くための一切の説明を結局、昔の恋人にされてしまって、いいとこなし・・・。
あんた、得意なのはえっちだけかい!!
それでも、潤が、ほんとーに隼人のことが好きで好きでたまんない様子が、かわいらしい。
とにかく、これに懲りて隼人ももっとマメな男になったことでしょう・・・。
・・・隼人のことけちょんけちょんに言ってますけど、私この話すごく好きなんですよ、ホントに!(必死)

それにしても、私は、どーしても隼人がフツーの会社員に見えなくて(笑)
裏表紙のイラストがかわいくてすごくお気に入り♪なんですが、どーしてもあやしいお兄さんにしかみえません。

posted by 棗 at 20:07| Comment(6) | TrackBack(0) | BL(マンガ)>マ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは,棗さん♪
おひさしぶりです〜。
一週間の疲れがたまって,逆にナチュラルハイ状態のユキです^^;

わたしもようやく読みましたよっ。
棗さんがおっしゃってるように本当にせつなくて良いお話ですね〜(>_<)
潤が誤解して自分から身を引いた後,隼人は潤の住所や勤務先すら知らなくて。
恋人のはずの隼人がこんな状態じゃ,潤がかわいそすぎる!
そんなにあっけなく縁が切れるような関係だったのかと。
これじゃ潤が誤解してもしかたないなと
潤に同情しました(泣)

>かわいい受ちゃんが、かわいそうなくらいうちのめされてるのをみるのが、好きです、大好きです(笑)

はい,私も好きです。
むしろ大好物です(笑)

というわけで私の中でも大ヒットの作品でした。

近頃いそがしくてなかなか遊びに来れない日々が続いてますがまた遊びに来ますね♪

では失礼します☆



Posted by ユキ at 2007年02月24日 03:24
お久しぶりです、ユキさんこんばんは♪

ふふふ、同志ですね〜。
”かわいそうな受けちゃん愛好会”発足できそうです(笑)

しかし、高校のころから、あれだけオープンに基とつきあってたくせに、照れ屋さんって・・・隼人意外過ぎ(笑)
まあ、あんな始まり方しただけに、素直な言葉は言いにくいんだとは思いますが・・・。
でも、もう少し、相手に興味を持ちましょうよ、隼人〜。
何度読んでも、隼人にダメだししてしまうのです(笑)
だからこそ、潤のけなげさがたまらなくもありますが・・・。
ああ、矛盾。
これで隼人が、言葉数の足りる男で、もっとマメな男だったら・・・イヤかも知れない(笑)
・・・やっぱり、受けちゃんがかわいそうだと、激しく萌えます、私。

お仕事忙しそうですが、また遊びにいらしてください♪

Posted by 棗 at 2007年02月24日 20:37
こんばんは,棗さん♪

そうですねっ
ぜひ”かわいそうな受けちゃん愛好会”を発足せねばです(笑)

潤がかわいそう…と思いつつも隼人が不器用できちんと愛情表現をしないからこそ潤の想いがせつなくてこの作品に私たちの”萌え”があるんですよね。

これがこの作品の醍醐味ですね♪

私も受けちゃんが切ない想いを抱え込んでいるかわいそうでけなげなお話大好きです。

あ,とはいえ,ハッピーエンドが約束されていないと読んでいて辛いですが(苦笑)

ではまた遊びに来ます〜♪

Posted by ユキ at 2007年02月28日 22:55
ユキさんこんばんは♪
賛同していただけたみたいですね、うれしいです〜。

”かわいそうな受けちゃん愛好会”会員の私としては(いきなり活動/笑)やはり六青みつみさんが外せないんですよ。
ホントは、ひとり切ない祭りがあと二回開催される予定だったのに、ちょっとヨレてるのと、ジ●ックのせいで(笑)すっかり、予定は未定状態に・・・。
祭りでぜひとも「騎士と誓いの花」を語りたかったです。
かわいそうなうえに、けなげだからもー、萌え萌えでしたよ(笑)←酷いですね、私。

あ、もちろん私もきちんとハッピーエンドでなければ、いやですよー。
かわいそうな受けちゃんだからこそ、最後にもっそい愛されて欲しいですから。

こんなところで、なんですが「DEADHEAT」出ましたね♪
Posted by 棗 at 2007年03月01日 22:08
こんばんは,棗さん♪

”かわいそうな受けちゃん愛好会”会員ナンバー2(笑)の私も六青みつみさんは外せないと思ってます!

…と言いつつ,「リスペクトキス」を読んで受けちゃんの想いがとてもせつなくてツボだったのですが,「騎士と誓いの花」はずっと積読中で今思いだしました。なんということ(汗)

そうですか,かわいそうなうえに,けなげですか。
もう私のツボなこと確定ですっ。

積読の山の中から発掘して読まねばいけませんね。

「DEADHEAT」もちろん買いましたよ〜♪
ムショからシャバにでて今度は二人はどんな活躍をしてくれるのかとても楽しみですっ。

…うーん,読みたい本だらけで一体どれから先に読もうかと悩んでしまいますね。

そのくせ何を血迷ったか全く違うのを読んでそれが外れだったりして近頃そういうパターンが続いていて脱力してます(泣)

週末は上記2冊を必ず読んでみせますとも。

では引き続き”かわいそうな受けちゃん愛好会”会員ナンバー2でいさせてくださいね(笑)

それでは今日はこのへんでお休みなさい♪

PS 先日からジ●ックさん?にハマってらっしゃるようですね。
棗さんは結構海外ドラマを観られるようですね。
す,すごいです。
私は仕事してBL読むだけで気力が残っていないので尊敬します!

Posted by ユキ at 2007年03月03日 00:13
ユキさんこんばんは。

どうぞどうぞ、ナンバー2でお願いします♪
引き続き、かわいそうな受けちゃんを探しましょうね。

私も、最近まとめて購入したので、読みたい本が山積みで、どれから読もうか思案中なのです(>_<)
ユキさん、「騎士と誓いの花」積んでるんですか!
それはもうぜひとも、読んでください。
新書サイズで二段組なので、読みごたえありますよ♪
受けちゃんの切なさに萌えつつ、攻めに厳しくダメだしをしたくなりますから(笑)

海外ドラマは、わりと昔から好きで、実はBL歴より長いです。
今は週に三作見てるんですけど、結構大変です(笑)
撮りだめしたのも多くって、積読本と同じく、消化に苦しんでます・・・。

それでは、良い休日を♪


Posted by 棗 at 2007年03月03日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック