2013年02月12日

思い込んだら命がけ! :久我有加

4403523196思い込んだら命がけ! (ディアプラス文庫)
久我 有加 北別府 ニカ
新書館 2013-02-09

by G-Tools

<あらすじ>
芸人養成所に通う穣太郎(じょうたろう)は、大きな体をして極度の上がり症。
それを克服するためレストランで接客のバイトを始める。
オーナーの郡司は人当たりのやわらかいきれいな人で、穣太郎の失敗も一生懸命なところも優しく見守ってくれる。
彼のおかげで少しずつ接客に慣れていく穣太郎だが、ある日、郡司が男とキスしているところを見てしまい……?

芸人の卵×年上の美人レストランオーナー、芸人シリーズ最新作登場!!


年下ワンコはかくあるべき(`・ω・´)





お久しぶりの、久我さんの芸人シリーズ。
…そういえばこのシリーズで感想書くのはじめて?…と思って過去記事さかのぼったら、「それは言わない約束だろう」で書いてた!
(元)芸人さんが、定食屋さんでバイトしてる設定だったけど、私は食べることからんでるお話は好きなのかな?(笑)
そういえば、久我さん、雑誌でも芸人シリーズ(食べ物絡み)読んだ記憶があるんだけど、あれはまだ文庫化されてない?

というわけで、年下ワンコです、超真面目です、超純情です、超躾けができてます、ただ猫背(笑)
おっきな身体してるのに、お笑い好きで芸人目指してるのに、上がり症。
そういうところも可愛いですよね、穣太郎。
だからだろうけど、彼のまわりに居る人たちは、みんないい人ですよね。
相方もバイト先の人も養成所の人々も、それもこれも彼の人徳のおかげなんでしょうね、いい人の所にはいい人が自然と集まる…。
そんな穣太郎のバイト先のオーナー・郡司も、いい人です。
人前で上がるという穣太郎を接客業のレストランのバイトに雇ってくれて、しかも面倒がらずにきちんと指導してくれます。
厳しいことも言うし、甘いばかりじゃないですけど、それでも穣太郎がきちんと仕事ができるようにしてくれるんです。
そんな郡司、仕事は完璧ですが、プライベート、ことに恋愛に関しては壊滅的…。
典型的なダメんズばかり選んでしまう。
前彼といい、今彼といい…。
相手も悪いけれど、それに引きずられるみたいに、自分もダメなほうに行ってしまってますよね。
そんなときに出会ったのが穣太郎、自分の夢を追って真面目に努力して、でもそのことで甘えたりしない…。
そこで甘やかしたいって思う所が、郡司がダメ男をますますダメにしている所以ではあるんだろうけど…。
とはいえ、穣太郎は甘えることをよしとしない人なので、どこまでも自分でがんばっちゃいますよね。
でもふとした瞬間に、自分の膝でうたたねなんかされたら、甘やかしたくてしょうがない年上の恋人はいちころだよ(笑)
穣太郎と郡司、年の差もあって、今まで歩んできた道もまるで違って、性格も違う、だからこそこの距離感でこの関係をうまく築いていけてるんだと思う。
郡司にはちょっと物足りないかもしれないけど、それぐらいがちょうどいいんだろうなあ。

ところで、年下ワンコのがつがつえっちはかわいくて萌ゆる…。
あんな純情そうで真面目なワンコが、理性ぶち切れたりすると、とても美味しくいただけました。
実は、久我さんの芸人シリーズ合わないのかなと思ってたんですが、そんなことはなかった!次も楽しみ〜。

そういえば、久我さんのブログにSSが載ってて、それがすごくよかった。
たしかに、穣太郎と郡司の話なんだけど、彼もものすごく大事な人だからね。
読めてよかった。
posted by 棗 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>久我有加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック