2006年11月09日

可愛いひと(1)〜(2):紺野けい子

可愛いひと
可愛いひと
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.28
紺野 けい子
ビブロス (2000.10)
ISBN : 4835211081
価格 : \590
この本は現在お取り扱いできません。

可愛いひと 2
紺野 けい子
ビブロス (2003.8)
ISBN : 4835214838
価格 : \590
この本は現在お取り扱いできません。


<あらすじ>
慣れた振りしてえっちのお誘いしてきたのは、バスケ部の先輩、篠田。
そんな可愛い篠田の様子に、すっかり骨抜きになってしまった池内。
つきあうことになったはいいけど、可愛い篠田はモテていて、池内も気が気じゃない。
そんなことにも気付いてない篠田の天然ぶりは、ますます可愛いくて・・・。
後輩×先輩モノ。

成宮ゆりさんの「野蛮な恋人」のイラストがすごく好きで、読んでみました、紺野けい子さんのマンガ。
・・・可愛い〜。
それ以外に何と言えと(笑)
おかげで、あらすじおかしなこと書いちゃったし・・・。



近年BL界にトンデモ高校が多い中、実に地に足のついた高校生活を送ってる彼ら。
多分、これほど普通に恋愛して、(がっつり)えっちしてるカップルって、あんまり見かけない気がする。
その一番のポイントの高さは、やっぱり池内の元カノの存在ではないかと。
BL界の女性は、本当にいやな女か、実にイイ女か、好き嫌いがきっぱり別れてしまうような両極端なタイプが多い中、美保という女の子が、実にそこらへんにいそうなタイプ・・・。
つきあってる時も、別れてからも。
うざくもないし、かすみもしない、絶妙のポジションにいるから、そうだよなーって気にさせられる。
特に、池内と別れた後、彼に他の女の影がないもんだから、逆にこそこそされると腹が立つって怒るシーンがあって。
そこで、池内の相手が篠田だなんて、みじんにも思ってない美保が、なんかすごく新鮮。

で、なんでこうも主役カップルについておざなりかというと、またしても脇カップル萌えをしたから(笑)
篠田にずっと片思いしてた幼なじみのハルと、その慰め役のシン。
ばかやって傷つくと、いつだってシンのところに戻ってくるハル。
そんなハルに、どうしようもなく惚れてるシン。
・・・シンのバカ(笑)
ハルに振り回されて、振り回されて、いつだって待ってるだけで、いいように使われてるだけなんじゃないのかって思いたくもなるほど、報われてなくて。
そんな関係がずっと続いてて。
ハルの好きのベクトルは、いつかシンに向くことがあるのかな・・・。
ハルの望むままだと自覚しちゃってるシンを、私は池内みたいに彼のことをイタイとは思わなくて、心底可愛い人だと思いました(笑)




posted by 棗 at 21:23| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(マンガ)>カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん、おひさしぶりです。
TBさせていただきました♪

>> それ以外に何と言えと
えぇ、本当に! 可愛いとしか言えなくなっちゃうぐらい可愛いですよね〜v
『可愛いひと』っていうのは篠田のことを指してるんだと思うのですが、登場人物み〜んなが可愛いんですよね!(^∇^)

そして、私も脇カップル萌えをした1人です。 2人の微妙なバランスに激しく萌えました・・・v
シンの一途な気持ちがいつか叶うといいなぁ(>_<)
Posted by 亜季 at 2006年11月11日 16:38
お久しぶりです、亜季さんこんばんは。

>登場人物み〜んなが可愛いんですよね!(^∇^)
そうなんですよ!!
高校生4人に、すっかりやられました・・・。
でも、やっぱりシンが、一番可愛いです(笑)

紺野さんのマンガ初読みだったんですけど、すっかりメロメロ・・・。
ほかのマンガも探して読もうと、目論んでます。

コメントありがとうございました♪
Posted by 棗 at 2006年11月11日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

可愛いひと 2
Excerpt: 表紙のジェマに惹かれて、今月号の『VOGUE』(コレ)を本屋で見てたのですが、別冊のバッグ特集がステキすぎます根本的に、私はバッグや靴などの小物が好きなので、この特集には物欲を刺激されまくったのですが..
Weblog: ハニードロップ
Tracked: 2006-11-11 16:20